【実家女子、かしこく家を出る。】2話  実家女子、オンライン飲み会をする

【実家女子、かしこく家を出る。】2話  実家女子、オンライン飲み会をする

この連載は、実家暮らしをしている新卒2年目の20代女子が、一人暮らしへの憧れから「オトナ女子のよりよい暮らし」を求めて部屋選びをする という、1話5分のあるある満載のwebノベルです。

「そろそろ一人暮らししたいな」と考え始めたあなた…!一人暮らしする前の準備を整えやすくなるかもしれませんよ!

> この連載を最初から読む

著:蛙田アメコ / イラスト:八咲ヒサ

Illustration by:八咲ヒサ

 
 テレワーク期間が終わってからも、残った習慣がある。
 オンライン飲み会だ。


「ごきげんよう、藤吉先輩」

『あはは、懐かしいね。ごきげんようって。家村ちゃん元気してる?』


 今日は土曜日。
 部屋着の中でも可愛いやつを着て、カメラの画質的にちょうどいいくらいのメイクをして。
 好きなおつまみと甘いお酒を机の前に揃えて、乾杯。

 最近は、バニラアイスの大きいやつとメロンソーダ味のお酒を組み合わせて『大人のクリームソーダ』をつくるのにハマっている。
 ちなみにおつまみは、100円で売ってるコンビニのシュガーラスク。

 こんな組みあわせ、居酒屋さんではできないメニューだ。

 お金もかからないし、居酒屋さんでタバコ臭くなることもない。
 それに終バスを気にせずのんびり飲めるので、気に入っている。
 そう、けっこう気に入っている……のだけれど。


「かんぱーい!」


 声をひそめて乾杯をする。
 自分の部屋で、小さい声で。
 それはそれは、ものすごーく、小さい声で。

 なぜなら――。


『かんぱーい。家村ちゃん、今日は大丈夫なの?』

「はい。弟は今日は塾があるので……あ、21時くらいには弟が帰ってくるので、そこで離脱しますね」

『そっかぁ、大変だね。年の離れた弟っていうのも』

「まぁ、可愛いんですけどね。ふじ先輩は兄弟いないんですか?」

『うん、ひとりっ子だよー』


 実家には14歳ほど年の離れた弟がいるのだ。
 今年、中学受験をするらしい。

 親も弟も、私が部屋で通話をしていると「勉強の邪魔だよ!」とピリピリするのだ。
 ――そんなぁ、私だって頑張って働いているのに! 華の新卒2年目なのに!

 今日のオンライン飲み会のお相手は、藤吉夕美(ふじよし ゆうみ)先輩。
 高校のときの茶道部の先輩だ。


 先輩とはいえ、私が入部したときにはすでに藤吉先輩は学校を卒業していた。
 年に2回行われる卒業生主催のお茶会で、どういうわけか意気投合してしまったのだ。

 藤吉先輩はアニメや漫画、ゲームにすごく詳しくて……まぁ、わたしもそういうの嫌いじゃないし。
 私が好きなアイドル俳優の出演する舞台の原作ゲームを藤吉先輩がやっていたのが縁だった。


「……先輩って、ずっとひとり暮らしでしたっけ」

『大学のときに上京してからずっとそうだねー』

「いいなぁ、ひとり暮らし」

『うん、気ままだよー。お金はキツイときもあるけど、賃貸なら自分で生活のサイズも調整できるし。生活リズムも自分で作れるし』

「はわぁ……。お風呂の時間も、朝急いでるときのトイレも、自分のリズムでできるんですよね……」

『あー、実家だとそうだよね。朝、だれかトイレ入ってるとちょっとイラってするかも』

「そうなんですよ……!」

『お隣や上下の階の人にはやっぱり気を使わないといけないけど、こうしていつでも通話で飲み会できるしね』

Illustration by:八咲ヒサ


 好きなものに囲まれて過ごすのも楽しいよ、と藤吉先輩。
 いいなぁ、とため息が出る。

 ひとり暮らし……憧れのひとり暮らし……!
 テレワークだったときも、やっぱり家族の目や生活音が気になったもんなぁ。
 ひとり暮らしだったら、きっと誰に気を遣うでもなくテレワークやテレ飲み会ができるのに……!

 もしかして、そうしたらタクシー代とか飲み代とかも逆に節約になるんじゃないかな。


『もしかして、ひとり暮らしに興味あるの、家村ちゃん?』

「実は、けっこう興味あります……!」

『そうなのねー。えへへ、実はね……私去年引っ越ししたんだけどさ、持ち家なんだよ』

「えええ!? 持ち家って、買ったってことですか!?」


 おっと、大声を出してしまった。
 慌てて声のボリュームを落とす。

 でも、家を買うって…… 先輩すごい!


『知り合いが家買ったの見て、いいなーって。色々悩んだけど、やっぱり自分のための家っていいよ』

「自分のための家……」


 ひとり暮らし。
 それって、自分のための家を借りるってことなんだ……。

 なんだかとっても素敵な言葉に思えた。

 いや、さすがにいきなり今すぐマンション買うぞ!
 ……なんて気持ちには全然なれないけれど(ちょっと、それはあまりに大それている気がする)

 でも、そうかぁ。
 自分の部屋を借りる……自分の部屋を持つ……。
 家賃とか、生活費とか、今まで考えたこともなかったけれど。

 ……私にも、ひとり暮らしってできるかな。

 ほわ、と私の思考は「ひとり暮らし」に飛んでいく。


『こういうご時世だし、家村ちゃんも家買ったら~なんて全然言えないけどさ。いま実家で住めてるわけだし……あ、そうそう。この間の公演なんだけどさ』

「あ、あれ観に行けなくて! 話聞かせてください!」


 その日の話はそれで終わり。
 けれど、「ひとり暮らし」という言葉は、その日から私の中でどんどん大きくふくらんでいった。

 そう。
 たしかに、いま実家に住めていて、そのおかげできっとお金も節約できていて。
 実家暮らしが、ダメかっていうとそうじゃない。
 終バスの時間が早いとか、弟からの風当たりが強いとか、会社まで往復3時間とか――ちょっと不満はあるけれど、ダメじゃない。

 だけど……だけど、ひとり暮らしってなんだかステキな気がするのだ。


 ――そして。
 次の連休の初日。

 会社の同僚から、「うちでたこ焼きしない?」と、いわゆるたこ焼きパーティ――『タコパ』のお誘いを受けた。
 そのタコパで、私は素敵で無敵な「ひとり暮らしの生活」を見てしまうことになったのだ。

*** TIPS ***

今日の家村さんのオンライン飲み会のお相手は、高校時代の先輩の藤吉さん。オンライン飲み会なら、家が遠くても手軽に会えるのでいいですよね。
 
そんな二人の会話で、こんなシーンがありました。

『そうなのねー。えへへ、実はね……私去年引っ越ししたんだけどさ、持ち家なんだよ』
「えええ!? 持ち家って、買ったってことですか!?」

どうやら藤吉先輩は、持ち家のようです。
一人暮らしに興味のある家村さん、さすがにいきなり「買う」ことはなさそうですが、 「自分のための家」 を持った藤吉先輩に興味津々な様子…!

そんな藤吉先輩が「自分の城」を買うまでのミニストーリー『腐女子、家を買う。』。まだご覧になっていない方はこちらからどうぞ!

***

一人暮らしでオタク女子(そして腐女子)な主人公が、実際に家を買うまでを全14回のミニストーリーでお届け。
【腐女子、家を買う。】を最初から読む >

次回「3話  実家女子、不動産サイトに登録する


毎週水曜日・土曜日更新(全10話)

* 更新情報はSNSでも告知しています *

  


   

※記事の内容は執筆時点のものになります

連載|実家女子、かしこく家を出るカテゴリの最新記事