【アンケート】あなたの「リアル」教えてください♡|>

CATEGORY 連載|アラサー女子、うっかり会社辞めました。

蛙田アメコの連載エッセイ。フリーランス初心者の右往左往っぷりを見て、キャリアに悩んでいる方が「こいつが生きてるなら私も大丈夫!」とか「なるほど、思ったよりも大変そうだな……」とか考えていただくための、セキララ連載エッセイです。これからのキャリアに悩む女性の参考になりますように。

#17 引きこもり作家、月2回の買い物で健康な食生活を手に入れる!

今回は、私が「でっかい冷蔵庫を手に入れたことによって、月2回の買い物で健康的な食生活になれている話」をしてみようと思います。買い物のために外出する時間が惜しい…そもそも外出大嫌い…という方、買ってみませんか、冷蔵庫を…!

#15 目安は家賃25ヵ月分!? フリーランスが引越すための心構え

衣食住の中でもっともお金がかかり、かつ失うと一発で「アウト」になるもの……それが「住居」!!住居=住所がなければ、何の契約もできないし、求職活動もできません。何をするにも、住所の提示をもとめられる現代社会…!

#14 私の命を救った選択~体調が悪かったら心療内科を検討しよう~

今まさに「毎日仕事をしているけど、ずっと体調が悪くて治らない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。初診のハードルが高いように思う心療内科ですが、近所の内科などから繋いでもらうこともできます。今回の「体調が悪かったら心療内科を検討しよう」、1つの選択肢として覚えておいていただきたいなと思っています。ゆっくり読んでみてくださいね。

#13 どうする、お仕事獲得~営業かけよう、そうしよう~

今回は「フリーランスになってしまったからには、仕事がないと死んでしまいますぅ!」という話をしようと思います。どうやって仕事を獲得するかを考えたときに…「とにかく、営業をかけよう!」という考えが浮かびました。そこで…

#12 フリーランスは「あがり」じゃない

けっして「準備万端!」という状態でなったわけではない自営業。色々調べたり工夫をしたりしてどうにか1年やってきた状況です。来年も、もしかしたらやっていけるかな……というメドがやっとたってきました。今回は、「この先、どう生きていく?」という話をしたいと思います。

#11 会社員を辞める前に「医療保険」に入った話

医療保険の保険料は、決して安いものではありません。痛手すぎます。けれど、フリーランスで働くということは、マジで本当に「働けなくなったら終わり」「貯金が尽きたらそれまで」です。不安を解消するにあたって、とてもいい手段だと思います。医療保険。

#6 「兼業作家」がめちゃくちゃ忙しかった話

いよいよ「フリーランスデビュー」の話です。ちなみに、現在進行形で退職手続きを進めたり、適応障害の療養を行っていたりする状況で書いていますので、「これを書いている私はこれから生き残れるのか!?サバイバル実況中継!!」という気持ちでお読みいただけると幸いです。

#1 バツイチ・アラサー、フリーランス島の海岸に打ち上げられる。

アラサーにして、うっかり会社を辞めてフリーランスになりました。この連載は、私の右往左往っぷりを見てキャリアに悩んでいる方が「こいつが生きてるなら私も大丈夫」とか「なるほど、思ったよりも大変そうだな……」とか考えていただくための、セキララ連載エッセイです。