賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

#23 会社員時代と変わった「大きな買い物」への意識

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

この連載は、かけだしフリーランスの右往左往っぷりをセキララに描く連載エッセイです。
これからのキャリアに悩む女性の参考になりますように。

> この連載を最初から読む

> 連載の一覧

蛙田アメコ
蛙田アメコ

エッセイを書いた人:蛙田アメコ
・アラサー
・元教育サービス業正社員
・正社員時代は年間公休97日
・2018年から2年間、副業フリーランス(兼業作家)として活動
・2020年、体調を崩して会社を退職

はじめましての人は、はじめまして。
そうではない人は、こんにちは。蛙田アメコです。

心身の体調を崩して会社を退職し、現在は作家・シナリオライターとして生活しています。
アラサーでバツイチ、今後のキャリアについては考え中。
このエッセイでは、突然フリーランスとして生活することになった私が日々考えていることや気をつけていることを発信しています。

今回は、フリーランスになって変わった「大きな買い物」への意識についての記事です。

スポンサーリンク

会社員時代の経済状況

会社員時代、いつもお金がありませんでした。

というのも、昼は外食で夜はお酒のお付き合い。帰宅が終バス後になればタクシー移動……せっかく働きに出ているのに1日で1万円近い出費がある日も。

こんな状態なので当然なのですが…休日が少ない代わりに給与は同年代の平均よりもかなり良かったはずなのに、貯蓄はほとんどできませんでした。
(これは性格的な部分が大きいです……!)

スポンサーリンク

会社員時代はとにかくカード払い

そんな会社員時代は2年に1回ほど大きな買い物をしていました。
買い物というか、ライフイベントというか…なのですが大きな出費には間違いありません。

  • はじめての引っ越しと独り暮らし(総額40万円)
  • 歯列矯正(総額100万円!)
  • 入院手術(医療保険なし、10万円)
  • パソコン買い替え(15万円)

このあたりが「大きな出費」でした。
一応、マイルールとして『現在の定期預金の積立額を超える買い物はしない』ということを心がけていました。
前述の通り、全然貯蓄ができなかったため、支払いはいつもクレジットカードを利用していました。

クレジットカードを気軽に利用できたのは、

  • 毎月決まった収入がある
  • 年に4回ほど賞与が出る(ありがたかったです…)
  • 特に激務の月に手当金あり

という条件が揃っていたからです!

クレジットカードの分割払いやボーナス払いの機能をありがたく活用させてもらっていました。同時にポイントで交換できる景品を使って、ちょっとした出費を抑えていました。

要するに、「今は手持ちがないけれど、先の収入の予定がわかるのでクレジットカード払いが便利」だったわけです!

スポンサーリンク

フリーランスになってからは一括払い

クレジットカードによる分割払いを多く利用していた会社員時代を経て、フリーランスになってからは「一括払い」を選ぶことが多くなりました。

理由はいくつかあります。
まず「一括払いできないのなら分不相応な買い物」だと考えるようになったこと。

会社員時代は毎月の収入が約束されていたこともあり、「少し節約すれば分割で買える」と判断しての買い物が多かったです。また、買い物をするという決断そのもののハードルも今より低いものでした。(ソシャゲの課金とかもです!)

けれど、先々の収入に保証がない状態になると、「分不相応な買い物」をしていてはすぐに財政破綻してしまいます。
一括払いできないものは、今の自分にとっては分不相応な買い物と思うようになりました。

一括払いを選ぶ理由の二つ目は「現状の財政状況がわかりやすい」ことです。クレジットカードによる分割払いは、買い物をしたタイミングと支払いのタイミングが大きくズレます。それで、自分が今、どんな財政状況なのかがどうしても見えにくくなってしまうわけです。

これが、とても怖い!!

「一括払いしても、向こう数ヶ月の生活費がきちんとまかなえる」ことを条件として大きい買い物をするようになったので、なるべく預金通帳にある金額と実際の財政状況を一致させたいという意識が働くようになってきたのです。

そんなわけで、クレジットカードを利用するとしても、一括払いがほとんどになったわけです。また、同じような還元率ならば、引き落としや支払いが素早く行われるPayPayなどの決済アプリを活用するようになりました。

スポンサーリンク

フリーランスになって無駄な出費は減った

フリーランスになると会社員時代に比べて毎月の出費は減りました。
大きな買い物をする際に「一括払い」を選択するようになったことで、クレジットカードの手数料などもなくなりましたし。

また、そもそも会社に行けなくなったと同じ時期に、新型コロナウイルスによる大規模な外出自粛が……外食やお酒の席も一気に減ったことによって、月の出費は最大で半額以下になりました!

以前、記事にもした国民健康保険や住民税の支払いなどフリーランスになってから自分で支払うようになった毎年の大きな出費があります。

また、毎月収入が安定しているわけではなく、月収3万円の月とその数十倍の月とがある大変不安定な財政状況です。

それでも、「大きな買い物」への意識が変わったことで、お金についてよくよく考える機会が増えました。フリーランスになってやっと、お金に対して能動的になれたというか、明確に『自分の資産』として向き合うことができるようになりました。

そして…実は先日、ついに一括で新車のオートバイを買うことができました…自由度の高い移動の足を手に入れて、活動の幅が広がりそうで嬉しいです…!

次はマンションを買って、一生住む場所に困らない状態になりたいですね…もちろん、一括購入で…!

> 「アラサー女子、うっかり会社辞めました。~フリーランス体験日記」の記事一覧


* 更新情報はSNSでも告知しています *

  


タイトルとURLをコピーしました