賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

切り立てをそのまま食べられる!まな板になるお皿に、大皿サイズ登場♪

トレンド
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

なかなか料理に時間を割けない!でも美味しくて見栄えのいいご飯を食べたいですよね。

そんなあなたにおすすめの、ズボラ料理の救世主アイテムを見つけてきました!

こんにちは、カーサミアライターのあんどうです。

今回はまな板になるお皿「CHOPLATE」に、新たに加わった大皿サイズをご紹介します。

切り立てを食べられて、まな板がお皿になって洗い物を減らせて一石二鳥♪

キッチンに欠かせないアイテムになること間違いなしです。
最後までお見逃しなく!

スポンサーリンク

切り立てを食べられる、まな板になるお皿『CHOPLATE』に大皿サイズ登場

「どんな食べ物を置いても絵になる」「毎日このお皿ばかり使ってしまう」と大好評の、まな板になるお皿CHOPLATE(チョップレート)。

これまでの小皿と中皿に加えて、大皿260mmサイズが新登場しました。

2021年に小皿サイズが発売開始されたCHOPLATEは、フルーツやパンやおつまみなどを、ちょっと切りたい。
テーブルの上の料理を、食べやすいサイズに切り分けたい。

そんなシチュエーションに最適な、まな板になるお皿です。

これまでに小皿(直径174mm)、中皿(220mm)、そしてミニナイフが発売されています。

スポンサーリンク

商品特長

CHOPLATEに使用されている、ガラス繊維を配合した樹脂(SPS材)の独特な模様は、どんな食材にも似合うと好評です。

まな板になるだけでなく、電子レンジや食洗機にも対応、落としても割れません。

そんなCHOPLATEの大皿サイズ(直径260mm)は、スイカやホールケーキを丸ごと乗せてカットできる大きさなんです!

「ちょこっと切る」だけでなく「いろいろ切る」にも対応できるので、この一皿の上でカプレーゼを作ったり。

電子レンジにも対応しているので、冷凍ピザをCHOPLATEの上で温めて、そのまま切って食べるなんてこともできます。

これまでのCHOPLATEと同じように、食洗機にも対応しています。

食材の色鮮やかさが映えるブラックと、

石のようなストーングレーの2つのカラーがあります。

食器棚に収容しやすいよう、重ねやすいデザインなのも嬉しい!

より詳しいCHOPLATEの情報はこちらをチェックしてください!https://note.com/aoki_tent/n/n0a20519a89cc

フルーツやパン、おつまみをカットして、そのまま食べられる大皿サイズのCHOPLATEは、ズボラ料理派女子の味方ですね!

独特なガラス繊維の模様はどんな料理にもマッチしますし、電子レンジや食洗機対応で、割れる心配もないという神仕様…!

洗い物も少なく済んで、おうちごはんが捗ります♪

「毎日このお皿ばかり使ってしまう」と大好評のCHOPLATEで、簡単料理で食事を楽しみましょう!