賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

独身女性がマンション購入して大丈夫?気になるメリット&デメリット

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
かさみやちゃん
かさみやちゃん

マンション購入ってどうなんだろう…?

かさみやちゃん
かさみやちゃん

大きなお金の動くことですから、気になりますよね。

FPさんと一緒に、メリット・デメリットを整理してみましょう。

女性の社会進出に伴って、マンション購入を決断する独身女性が増えています。

こんにちは。カーサミアライターの芦原です。

リクルート住まいカンパニーの調査報告によると、マンション購入検討者に占める独身女性の割合は、2015年度は3.7%でしたが、2017年度に9.9%と2年間で2.6倍に増加しています。それ以降の調査データは公開されていませんが、女性向けコンパクトマンションが続々と登場していることから、需要は伸びていることが伺えます。

「マンション購入して大丈夫なのだろうか?」

「マンションを購入するべきなのかな?」

「マンション購入のメリット・デメリットは何だろう?」

そのような悩みを抱えている女性のために、マンション購入を検討しているFP保有資格者の芦原がメリット・デメリットを紐解いていきます。

スポンサーリンク

独身女性がマンション購入するメリット

夢のマイホームを手に入れたときの喜びは大きい!|イメージ画像:ピクスタ

まずは、独身女性がマンション購入するメリットについて解説します。

資産(財産)になる

資産性の高い物件を選べば、生活環境の変化に合わせて「住む」「売る」「貸す」の3つの選択ができます。

売却可能な状態とは「不動産売却額>ローン残債」の場合をいい、賃貸可能な状態とは「家賃収入>毎月のローン返済額」の場合をいいます。選択肢を広げるためには、資金計画と物件選定が必要になりますが、賢く購入すれば資産(財産)になることが不動産購入の大きなメリットです。

共用施設や仕様設備が充実している

分譲マンションは、賃貸物件と比較するとグレードが高めです。非接触キーや宅配ボックスなどの賃貸物件では見かけない仕様設備も充実しています。

また、規模の大きい物件であればワーキングスペースやトレーニングルーム、パーティールームなどの共用施設を備えている物件もあります。

自分に合った共用施設や仕様設備が充実したマンションを購入すれば、満足度も最高潮に達するでしょう。

自分好みにリフォームができる

ライフスタイルの趣味の変化に合わせて、壁紙を張り替えたり、設備を交換したりしたくなるでしょう。場合によっては、間取り変更や配管交換の大がかりなリノベーション工事をすることもあるかもしれません。

賃貸の場合は簡単にリフォームできませんが、自分で購入した所有物件は、共用部分に影響を及ぼさない等の一定のルールを守ったうえで、自分好みの空間にリフォームすることができますよ。

老後の暮らしで家賃を支払わずに済む

自分の都合に合わせて、住宅ローン返済計画が立てられることも、マンション購入の大きなメリットです。収入が多い時期に繰り上げ返済していけば、予定より早く住宅ローンの返済を終わらすこともできます。

定年退職前までに住宅ローン返済を終えておけば、老後の住居費の負担が軽くなります。

団体信用生命保険に加入できる

住宅ローンを組めば、団体信用生命保険に加入できます。この団体信用生命保険に加入しておけば、ローン返済期間中に万が一のことがあった場合、住宅ローンの残債務が弁済されます。両親や兄弟姉妹などに、ローンがない建物を資産として相続してもらうことができます。

スポンサーリンク

独身女性がマンション購入するデメリット

マンション購入時は注意点もあります|イメージ画像:ピクスタ

次に、独身女性がマンション購入するデメリットについて解説します。

住宅ローンを抱えなければいけない

多くの女性が、住宅ローンを組んでマンション購入をすることになります。住宅ローンは、簡単にいうと「借金」です。購入した物件は資産になりますが、同時に、多額の負債を抱えている状況であることを認識しておかなければいけません。

管理費や修繕積立金がかかる

マンション購入をする場合は、住宅ローン返済後も、管理費や修繕積立金を支払わなければいけません。

管理費は、管理内容が変わる・管理会社が変更なるなどの事情で、金額が増える場合もあります。

また、修繕積立金は一定の金額ではなく、徐々に上がりしていきます。将来、修繕積立金がどのように値上がりしていくのかは、物件ごとに「長期修繕計画」という計画が立てられているので、かならず確認しておきましょう。

税金を支払わなければいけない

マンション購入後は自分の所有物となるため、土地や建物に対して固定資産税や都市計画税を支払わなければいけません。地域により異なりますが、だいたい5月~6月頃に自治体から納付書が送られてきます。年間どれぐらいの税負担になるかを把握しておかなければ、家計を圧迫しかねません。

支払方法は1年分を4回に分割する方法と、一括納付する方法がありますので、自分の支払いやすい方法を選びましょう。

賃貸の場合には支払わずに済む税負担があることも、マンション購入時のデメリットです。

気軽に引っ越しができない

転勤や結婚、実家に戻るなどのライフイベントで引っ越しする機会もあるかもしれません。引っ越しをする場合は「売る」か「貸す」という選択がありますが、どちらの選択肢でも手続きが完了するまでに数か月はかかるでしょう。

賃貸の場合は気軽に引っ越すことができますが、物件購入した場合は気軽に引っ越せなくなります。

今回は、独身女性がマンション購入するメリット・デメリットについて解説しました。

資産価値の高いマンションを購入すれば、将来的に「住む」「売る」「貸す」などと選択肢が広がっていきます。そのためには、きちんと売ったり貸したりできる物件を選ぶことが大切です。

また、マンション購入は資産になる反面、住宅ローンという借金を抱えることでもあります。ローン返済以外の費用もかかります。ですので、しっかりと資金計画を立てた上で購入を検討しましょう。

マンション購入には、「賃貸よりも共用施設や仕様設備が充実している」「自分好みにリフォームができる」などの魅力もありますよ。

ぜひ、この記事を参考に、マンション購入か賃貸かを判断してみてください。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

ずっと賃貸の場合のメリット・デメリットはこちらをご覧ください♪

スポンサーリンク

マンション購入に興味がある人へ、おすすめ記事一覧

マンション購入体験談

頭金や諸費用のためにお金を貯めたい!と思ったら

東京近郊で地震・洪水に強い街は?

東京近郊で地震・洪水に強い街は?一人暮らし女性におすすめ駅ベスト5
東京都や防災科研が出している震度予測や地震リスク、自治体のハザードマップをもとに、宅建士の私が「地震や水害に強い街のうち、一人暮らし女性におすすめの街」を紹介します。近年は大規模な災害が相次いだため、現在は住まいを契約する際に、不動産業者から入居者に向けて水害リスクや土砂災害リスクなどを「重要事項説明」として説明することが義務付けられています。でもお部屋探しの段階で、ある程度は自分でも把握しておきたいものです。【地震に強い街は?】1.首都直下地震等による震度予測:まずは地震に強い街を探すため、東京都が発表している「首都直下地震等による東京の被害想定」を見てみましょう。(1)首都直下地震(東京湾北部地震 M7.3)江東区・品川区・目黒区・大田区の一部では震度7も予測されています。(2)多摩直下地震(M7.3)八王子市・日野市・昭島市の一部で震度7が予測されています。23区では全体的には震度6弱の場所が多いですが、震度6強のエリアもあります。(3)海溝型地震(元禄型関東地震 M8.2)大田区・品川区・町田市の一部で震度7が予測されています。(4)活断層で発生する地震(立川断層帯地震 M7.4)発生源が地中の浅い部分のため、立川市を中心に震度7が目立ちます。 2.総合的に見て、地震に強い街は?:それでは、「どんな地震にも強いエリア」はあるのでしょうか?国立研究開発法人 防災科学技術研究所の出している「地震ハザードステーション J-SHIS MAP」を見てみましょう。「震度6強」以上の非常に強い地震に絞っても23区内や近郊は、リスクが高いことを示す「赤色~紫色」のエリアがほとんどです。どの街に住む場合でも、高い位置に割れ物を置かない・家具は固定するなど対策を行いましょう。3.地震に関する地域危険度測定調査:地震による危険には、耐震性の低い建物の倒壊リスクや、火災の発生による延焼のリスクもあります。危険地域からの避難や消火・救助活動が困難になるリスクもあります。こうした危険性を総合的に判断し、東京都では「地震に関する地域危険度測定調査」を公開しています。「総合危険度」が高い地域は、荒川・隅田川沿いのいわゆる下町地域一帯に加え、品川区南西部や、大田区、中野区、杉並区東部に広がっています。【水害に強い街は?】複数の自治体を俯瞰して、水害(洪水・高潮)のリスクが低い街を調べることは、実は少し難しいです。国土交通省が作成している「重ねるハザードマップ」は水防法に基づき市町村が作成した水害ハザードマップではなく、すべての水害リスクが載っているわけではありません。必ず自治体のハザードマップも確認しましょう。【一人暮らし女性におすすめの、地震・洪水に強い街ランキング】1位:日吉(神奈川県横浜市港北区/東急東横線など3路線) 2位:三鷹(東京都三鷹市/JR中央線など2路線) 3位:桜新町(東京都世田谷区/東急田園都市線) 4位:成増(東京都板橋区/東武東上線)3位:阿佐ヶ谷(東京都杉並区/JR中央線など2路線) 5位:阿佐ヶ谷(東京都杉並区/JR中央線など2路線) この記事では、東京都、防災科研が出している震度予測や危険度測定、自治体のハザードマップをもとに、「地震や水害に強い街のうち、一人暮らし女性におすすめの街」を紹介しました。お部屋探しの際には、それぞれの街のリスクとともに、自分がどの程度まで許容できるのか、価値観やライフスタイルを考えてみてくださいね。

カーサミアクラブ会員募集中

タイトルとURLをコピーしました