賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

新築マンション購入諸費用、何にどれだけ必要?実例でスッキリ納得!

お金・節約
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

このチラシ、「頭金0円で買えるマンション」だって。貯金ゼロの私でも買えちゃうの?

かさみやちゃん
かさみやちゃん

待って待って!
頭金0円でも、「諸費用」や引っ越し費用がかかるんですよ!

将来のためにマンション購入を検討する女性もいるでしょう。実際に、低金利時代でマンション購入を検討する人は多いです。ところで、マンション購入の際には、何にいくらくらいのお金がかかるのでしょうか?

こんにちは。カーサミアライターの芦原です。

マンション購入時には頭金以外にも、さまざまな税金や手数料などの「諸費用」がかかります。そのため、マンション購入諸費用について正しい知識を身に付けましょう。

「私でもマンション購入ができるのかな…?」

「マンション購入するためには、いくらかかるのだろう…?」

「貯金ゼロでも新築マンションを購入できるの…?」

そのような読者の悩みや疑問を、実際に新築マンション購入を検討している筆者が紐解いていきます。

スポンサーリンク

【体験談】新築マンション購入時の費用には落とし穴がいっぱい…

マンション購入には諸費用がかかるのか…|イメージ画像:ピクスタ

新築マンション購入時には、さまざまな諸費用がかかります。筆者もマンション購入を検討していますが、諸費用を見落としてしまい、シミュレーションが大きくズレるなど失敗をしました。

マンション購入は大きな買い物になるため、慎重に資金計画を行うべきです。そのため、マンション購入時に良くある失敗談を確認しておきましょう。

頭金とは別に「諸費用」がかかる

新築コンパクトマンションのチラシには「頭金0円で買える」と書かれており「私でも購入できるのかな」と嬉しくなりますが、購入時には頭金とは別に諸費用が必要になります。この諸費用は、マンション管理関関係・登記関係・ローン関係・税金・保険関係などが挙げられます。

頭金は物件価格の一部ですが、諸費用はまったく別のものです。また、諸費用の他に新生活費用もかかります。

これらの諸費用や新生活費用を考慮しなければ大変なことになるため注意しましょう。

金融機関によって、手数料や保証料が異なる

低金利の金融機関から住宅ローンの借り入れを希望する方は多いです。金利で比較することも大切ですが、住宅ローンを借りる際の「手数料」や「保証料」も異なります。これらの手数料や保証料も考慮して、初期費用と総返済額が安い金融機関で融資を受けることが、本当に賢いローンの組み方となります。

スポンサーリンク

独身女性が新築マンションを購入する場合の諸費用

マンション購入時の諸費用をよく計算しよう|イメージ画像:ピクスタ

例として、2,000万円の新築コンパクトマンション(専有面積50㎡以下)を購入する場合の諸費用を見てみましょう。

スポンサーリンク

マンション購入時の諸費用一覧

一般的に、新築マンション購入時の諸費用は、5~7%程度用意しておくことが推奨されています。(専有面積50㎡以下のコンパクトマンションの場合)

つまり、2000万円の物件を購入する場合は、100万円~140万円程度の諸費用が必要です。

新築マンションは売主直販であることが多いため、中古マンションと異なり、仲介手数料を支払う必要はありません。それでも、100万円以上の諸費用が必要になるのです。

また、新生活費用も必要です。家具・家電購入費用と引っ越し費用を合わせて、最低でも20~30万円を用意しておきましょう。新築マンション購入時は、自分でエアコンを設置するため、工事費用もかかります。ほかにも新しい家具や家電を購入したくなることが多いため、多めに用意しておくと安心です。

新築マンション購入時に必要な主な費用

マンション管理関係 修繕積立基金
管理準備金
登記関係 登記費用など
ローン関係 融資手数料・保証料など
ローン事務代行手数料
印紙税
税金 都市計画税・固定資産税
不動産取得税
保険関係 火災保険
地震保険(任意)

諸費用の目安:合計 100万円~140万円程度

新生活費用 引っ越し費用
家具・家電購入費用

新生活費用の目安:合計 20万円~30万円程度

諸費用と新生活費用を合わせると、新築マンション購入時には、120万~170万円程度が必要になります。意外と大きな金額で驚かれた方も多いのではないでしょうか。

内訳の詳細を見ていきましょう。

マンション管理関係

修繕積立基金、管理準備金が必要になります。

金額は物件により異なりますが、マンションを適切に維持・管理・修繕していくために必要なお金です。

修繕積立基金は修繕積立金の前払い分のようなもので、毎月の修繕積立金と合わせてマンション共用部の大規模修繕に充てられます。

管理準備金は、備品(清掃用具など)の購入費用、管理人件費、小修繕の費用、共用部の火災保険の契約費用などとして使われます。

修繕積立基金数十万円程度
※物件により異なります
管理準備金数万円程度
※物件により異なります

登記関係

新築マンション購入時には「所有権保存登記」が必要になります。部屋の所有権保存登記をすることで所有者になれるのです。

またローンを利用して購入する場合は、借入金額分の抵当権も設定しなくてはいけません。これはローン返済が滞った場合に、借入先の金融機関が該当不動産を売却したりできるようにするためのものです。抵当権の設定には「抵当権設定登記」が必要です。これらの登記関係手続きは司法書士に依頼するため、司法書士報酬も用意しなければいけません。

所有権保存登記費用不動産の価額×1.5%
抵当権設定登記費用不動産の価額×1.0%
司法書士費用約5万円

ローン関係

まず、融資をしてくれる金融機関に手数料や保証料を支払う必要があります。金融機関に対して支払う手数料や保証料は、一括払いやローンに組み込む型など、さまざまな支払い方法が用意されているので、よく検討してみましょう。

それから、住宅ローンを借りる場合は、不動産会社に手続きをサポートしてもらうケースが多いです。そのため、不動産会社にローン事務代行手数料を支払わなければいけません。

また、住宅ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)には、物件購入金額に見合った印紙を貼り付けなければいけません。

手数料・
保証料など
金融機関に支払うもの
※金融機関や住宅ローンの種類によって、
名目や金額は異なる

※フラット35の場合、融資手数料として
借入金額の1%~2%程度
ローン事務
代行手数料
不動産会社に支払うもの(~10万円程度)
※不動産会社によって異なる
印紙代購入物件が1000万円~5000万円以下の場合、
2万円

税金関係

不動産購入時は、固定資産税・都市計画税や、不動産取得税も支払わなければいけません。固定資産税評価額から税額を算出し、売主が前払いしている税金分を日割りして支払います。

不動産取得税は、購入から約半年後の支払いになりますので、忘れずにお金を残しておきましょう。

固定資産税・
都市計画税
固定資産税評価額から算出して、
売主が前払いしている税金分を日割りして支払い。
不動産取得税 固定資産税評価額×4%
(2021年3月31日まで特別税率で3%)

保険関係

火災保険の加入は必須ですが、地震保険の加入は任意です。しかし、日本は震災大国のため、保険に加入しておきましょう。保険金額は、補償内容や補償期間、保険会社によって保険金額は異なります。そのため、保険会社に試算してもらってください。

火災保険保険会社・補償内容・補償期間によって異なります。
建物の時価から算出されます。
※火災保険のオプションとして水災保険に入ることもできます。
地震保険保険会社・補償内容・補償期間によって異なります。
建物の時価から算出されます。

新生活費用

まず、新居への引っ越し費用がかかります。多くの人が引っ越す3月・4月の引っ越し費用は高額です。費用を抑えたい場合は、5月~2月の時期を狙いましょう。

家具・家電では、多くの場合、カーテン代とエアコン代が必要になります。

新築マンションの場合は窓のサイズが大きく、既成サイズのカーテンが買えないことがあります。オーダーカーテンになる場合は、1窓2万~6万円ほどをみておきましょう。

エアコンは賃貸だと最初からついていることも多いのですが、新築マンション購入時には自己負担で設置する必要があります。本体代+設置工事費用で、6万円~15万円(1台)ほどになります。

引っ越し費用・カーテン費用・エアコン費用として、合計で20~30万円程度を用意しておくと安心です。

新生活を始めるにあたって、家具や家電を買い替える人もいるでしょう。買い替えたいものがある場合は、その購入費の用意も忘れずに行ってください。

スポンサーリンク

購入後にもお金がかかる

素敵な住まいにはお金がかかります|イメージ画像:ピクスタ

新築マンション購入したら「物件購入金額分のローンを払っていくだけ」と安心してはいけません。住宅ローンには金利が上乗せされています。また、マンション管理費や修繕積立金を支払いなくてはいけません。将来に備えて部屋のリフォーム代金の積立てもしておきたいですね。

 今回は、新築マンション購入時の諸費用について解説しました。「頭金0円で新築マンションが購入できる」とチラシに書かれていても、貯金が0円で買えるわけではありません。諸費用と新生活費用を忘れてしまうと、大変なことになります。

物件購入時に必要な諸費用も含めて、自分に見合った物件であるかを検討していくことが大切です。ぜひ、マンション購入を検討している方は、これを機会に諸費用を計算してみてください。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

2000万円の新築マンションを買うなら、諸費用と新生活費用をあわせて120万~170万円程度が必要なんですね!

いま貯金ゼロなら、1~2年後に買うつもりで、年100万円ずつ貯金しつつ情報を集めておくのがよさそうです。

スポンサーリンク

マンション購入に興味がある人へ、おすすめ記事一覧

独身一人暮らし女性がマンションを買うなら…後悔しない買い方・選び方
この記事はマンションの売り込みでも勧誘でもありません。【宅建士】の資格を持ったカーサミアの編集部員が、中立な立場から、もし独身・一人暮らし女性がマンションを買おうと思ったとき、本当に買えるのか、買って損をしない物件の選び方、購入資金の資金計画の立て方、住宅ローン・諸費用・頭金の違い、等を詳しく説明します。さて、現在どのくらいの家賃を払っている人ならマンションが買えるのか、まず疑問に思いますよね。結論から言うと、東京で月々7万5000円くらいの家賃を払っているなら、総額1800万~2000万円程度の分譲マンションを買える可能性が十分にあります。同じくらいの月々の支払いをするとして、マンションを購入することのメリットについて解説したいと思います。メリットとしては、「自分の家」がある満足感、DIY・リフォームの自由度が高いこと、経済的なメリットがあること、 等が挙げられます。一人暮らし女性が購入して、後悔しないマンションの基準とは、「価値がある物件」。言い換えると「売却時に高く売れる物件」です。ずっと自分が住むのなら自分だけが気に入ればよいのですが、将来的に売却する可能性があるなら、需要の高い=多くの人が欲しいと思う物件を選ぶことが何より大事です。具体的なチェックポイントとしては、駅からの距離・主要駅へのアクセスの良さ・物件そのもの・街の住みやすさ・建っている土地・災害への強さ等が重要になります。カーサミア編集部が作った『物件おすすめ度採点』ツールでは、必要事項を入力するだけで、購入候補のマンションについてのメリット・デメリットがわかり、100点満点で何点か採点できますよ。続いて、具体的な購入候補物件の探し方について解説したいと思います。具体的に購入候補の物件を決めるまでには事前準備・物件の検討・物件の検証という段階を踏みます。特に「事前準備」と「物件の検証」は、不動産会社の話を単に鵜吞みにするのでなく、自分でもよく調べて考えることが大切です。「自分は素人だし、無理のない予算(資金計画)かどうか、判断できる自信がない」という方は、独立系のファイナンシャルプランナーに相談することがおすすめです。また、不動産購入に関するセカンドオピニオン「住まいサーフィン」というサイトも活用できます。欲しいと思うマンションが見つかったら、次は実際に見て確かめる段階です。街の様子、マンションそのもの、お部屋・間取りをチェックしましょう。入居後のリフォームやリノベーションで変えられるものは妥協もありです。また、「建物自体の管理が行き届いていない物件」は絶対に避けたほうがいいです。購入したい気に入った物件が見つかったら、いよいよクライマックスと言ってもいい「購入資金」をどうするかを考える段階です。結論から言えば、正社員じゃなくて、契約社員・派遣社員やフリーランスでも、勤続年数が短くても、健康状態に多少不安があっても、年収が320万円程度以上あり、諸費用分の自己資金100万円~200万円程度を用意できれば、2000万円程度のマンションを購入するための住宅ローンが組める可能性があります。加えて、200万円程度の頭金を用意できれば、さらに住宅ローン審査は有利になります。とはいえ実際は、ローン審査に通らなければならないので、人によってはNGの場合もあります。購入時には頭金とは別に諸費用が必要になります。具体的には、マンション管理費・登記費・ローンの手数料・税金・保険などがあります。諸費用は新築コンパクトマンションの場合、物件価格の約5~7%。中古マンションの場合は約5~10%が目安。仮に2000万円のマンションを購入する場合は、約100万円から200万円の諸費用が、頭金とは別に必要だと考えてください。カーサミア編集部では、一人暮らしの女性が住宅を購入するなら「フラット35」が適していると考えています。金利が一定なので将来までの返済計画を立てやすいです。また、「フラット35」は審査金利(いくらまで融資できるか審査するための利率)が、実際の金利とあまり変わらないので、審査が通りやすいです。正社員だけでなく、契約社員、派遣社員やフリーランスも可、健康状態も指定なしなど、住宅購入を考える人に広く扉を開いている住宅ローンといえます。最後に、購入までの手続きについてご紹介します。まずは購入(買付)申込書を提出。住宅ローンを活用するなら、並行して住宅ローンの事前審査に申し込みます。次に住宅ローンの正式申込(本申込)。並行して物件の契約も行います。住宅ローン手続きの最後は「金銭消費貸借契約」。金消契約から最短1週間~10日後に物件の引き渡しが行われ、晴れて、世界に一つしかないあなたのマンションとなります。
賃貸の家賃と同等負担で、購入できるマンションは?【比較シミュレーション 使い方】
「買えるなら買いたい」とマンション購入に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。でも、マンション購入したあとの月々の住居費のこと、特に「具体的に毎月いくら支払うことになるの?」という情報は少ないです。住宅ローンの月々返済額と、管理費・修繕積立金などのランニングコストは人それぞれ・物件それぞれなので、目安を示すことが非常に難しいためです。でも、なんの目安もない状態では、そもそもの比較検討ができませんよね。ですから、賃貸と購入の費用をシミュレーションできる「ずっと賃貸・マンション購入比較シミュレーション計算ツール」を公開しました。あくまで概算ですが、費用感の参考にしてくださいね。使い方はとっても簡単。現在の住居費(家賃+管理費・共益費など)を入力するだけ。現在の賃貸が8万円の場合、ずっと住み続けると、60年間で5760万円がかかります。しかしこれは、「5760万円のマンションが買える」という意味ではありません。シミュレーションツールでは、まず、管理費・修繕積立金の合計を月々2.5万円と仮定します。月々の住居費を同程度の8万円とするためには、住居費8万円-ランニングコスト2.5万円=ローン返済額5.5万円となります。月々のローン返済額が5.5万円なら、下記のように、おおよそ1700万~2200万円前後の物件購入を検討可能です(金利1.3%、返済期間35年の場合)。検討が具体的になってきたら、頭金と諸費用について考えましょう。頭金とは別に、各種手数料や税金などの「諸費用」が必要になります。一般的に新築マンション(専有面積50㎡以下のコンパクトマンション)の購入時には、諸費用として5~7%程度用意しておくことが推奨されています。中古マンションで仲介手数料が必要な場合は8~10%程度と考えておくといいでしょう。さらにいざというときのため手元に残すお金のことを考えると、「貯金が300万円あっても、頭金は60万円」というケースもありえます。本格的にマンション購入を検討するときは、まず、頭金と諸費用のための資金をどうするか考えてみましょう。・手持ちの資金でまかなう・これから貯金する・親族から援助(贈与)してもらう・親族から借りる・住宅ローンとは別に、金融機関から借りる…など、さまざまな方法がありますよ。諸費用の目途がつき、資金のうち頭金にできる金額のイメージがついたら、住宅ローンのプラン・金利について、詳細にシミュレーションしてみてください。個人的によく使うシミュレーションサイトは、SUUMOとARUHIです。もし具体的に購入を検討している物件があるなら、その物件を扱っている不動産会社にコンタクトを取ってみましょう。検討中の物件について、購入申込の前に行う「事前審査」ができるよう、金融機関と繋いでくれるはずです。銀行の判断によっては、より金利を下げた住宅ローン(優遇金利)が使えることもあります。最後に、「ずっと賃貸・マンション購入比較シミュレーション計算ツール」における概算の考え方をご紹介します。・ランニングコスト(管理費+修繕積立金):国土交通省の「平成30年度マンション総合調査」から、1戸当たりの平均の月額を参考に「2.5万円」と仮定しています。・住宅ローンの金利と返済額について:全期間固定型のフラット35で、35年返済として計算しています。・ボーナス時返済額:「0円」の設定です。・固定資産税等:含みません。それなりに大きな金額ですが、賃貸でも更新料がかかることを思えば、特段に恐れなくて大丈夫ですよ。賃貸の家賃と比較して、同程度の住居費負担で買えるマンションの金額、イメージできたでしょうか?記事では「家賃8万円」のシミュレーションでご説明しましたが、ツールではあなたの状況に合わせた金額を入力できますよ。

マンション購入体験談