賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

【徹底検証】一人暮らし女性がいまマンションを買う理由(1)キーワードは「資産性」

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

いま、一人暮らし女性がマンションを買うことが増えています。

もちろん、3LDKや4LDKのような家族で住むことを想定した大きなマンションではなく、1LDKや2LDKのいわゆる【コンパクトマンション】です。

スポンサーリンク

コンパクトマンションとは

一人暮らしやDINKS(子どものいない共働き夫婦)など、少人数で暮らすことを想定したマンションです。

明確な定義があるわけではありませんが、1LDK~2LDKで、おおむね50㎡未満のマンションを指すことが多いです。

コンパクトマンションは、駅前など利便性が高い場所に建てられることが多く、通勤にも便利です。そしてまた、利便性が高い場所にあるということは、資産性という観点でも価値が高いマンションとなります。

スポンサーリンク

一人暮らし女性は資産性の高さでマンションを選ぶ

「資産性が高い」と言っても、プロ投資家さんがやるような、「5年後には今より高く売って売買差額で稼ぐ」ようなことをするわけではありません。

プロ投資家さんのように、売買差額で稼げるほどに高く売れるマンションは少数派ですし、リスクも高いです。

稼げるほどに高く売れなくても、売ったり貸したりがスムーズにできるマンションは十分に「資産性が高い」と言えます。

資産性が高い=将来のことまで考えている、ということ

考えみてください。マンションを購入したからといって、この先までずっと同じ場所に住み続けるわけではありませんよね。

結婚や転職、ライフスタイルや家族構成の変化によって、売却したり、賃貸に出して住み替える、という可能性もあります。売ったり貸したりするときに重要になってくるのが、資産性

たとえば5年住んでから引っ越すときに、「ローン返済・手数料・税金諸々を月割りしたら、賃貸の家賃と同じくらいの出費で、賃貸よりもいい部屋に住めた」となれば、私たち一般人には十分です。

逆に「資産性が低い」マンションは、売ろうと思っても大幅に値下げしないといけない、貸そうとしても入居者が見つかりにくい…という状態になります。これでは困ってしまいますよね。

一人暮らし女性がマンションを購入するときには、将来のことについて考えた結果、資産性の高い駅近コンパクトマンションという選択になることが多いようです。

スポンサーリンク

女性にとってのコンパクトマンションの魅力

ライフステージに合わせた住み方ができる

ライフステージに合わせて柔軟に住み方を変えられるのが、コンパクトマンションの魅力です。具体的にはどのように暮らしているのか、例をあげて見てみましょう。

購入時

img1-1.png

購入時は独身の一人暮らし。

日々の疲れを癒してくれるお部屋…という視点で、少し広めの2LDKのマンションを購入。

寝室とは別に、趣味の部屋も持てますね。

最新の仕様設備は、賃貸とは比べものにならないくらい快適。セキュリティ面でも安心ですし、角部屋なのでプライバシーも守られます。
お風呂やキッチン、洗面所などの水回り設備も充実。収納がしっかりそろっているのも嬉しいです。

そして気になる住宅ローンの支払いも、月々の家賃並みでした。

結婚・同棲で二人暮らしに

img1-2.png

一人で快適に暮らしていた数年後、結婚することになりました。
2LDKなので、二人で十分暮らしていける広さがあります。

寝室はウォークインクロークなどの収納が豊富なので、ダブルベッドを置いてもまだ余裕があります。
お風呂やキッチンの水回りも広めに作られているので、二人で使っても問題ありません。

趣味の部屋にしていた一部屋は、子どもが小さいうちなら子ども部屋にもできますね。

住宅ローンの支払いはパートナーと分割。家計に余裕ができた分は貯金して、住み替え資金・子どもの教育資金に。

子どもが大きくなったら

img1-3.png

子どもが大きくなったら、大きな戸建てや広いマンションに住み替えることに。
新しい家はご主人名義で購入するので、ローンが残っていても大丈夫です。

独身時代に買ったマンションは、駅から近く便利な場所ということで人気があるので、賃貸に出すことができます。
賃貸収入をローンの返済に充てられるので、返済にも困りません。

お子様がひとり立ちしてからの住まいとしてもいいですし、老後の年金対策になるのも魅力です。

このように、資産性の高いマンションであればライフステージに合わせて住み替えられます。

女性は結婚や子どものことなど、未来の不確定要素が多いもの。将来、住み替える可能性を考えるなら、「資産性」まで意識したマンション選びは欠かせません。

賃貸と比べて、圧倒的に充実している設備・仕様

次に、賃貸と比べて充実しているといわれる設備・仕様も魅力です。

もちろん詳細はマンションによって違いますが、賃貸とは違ってリフォームやリノベーションも自由なので、こだわりの設備を追加できるのも、自分のマンションを手に入れる魅力ですね。

設備の一例として、女性向けコンパクトプランがあり大人気だった「レリア朝霞本町」(2016年竣工)の設備・仕様を見てみましょう。

リビング・ダイニング

Asaka-1.jpg

ピクチャーウィンドウを採用した、独立性の高いリビング・ダイニング。身体に優しい床暖房も標準装備。

キッチン

Asaka-2.jpg

使い勝手のいいシステムキッチン。
ワイドシンク、三ツ口コンロを採用。キッチンが使いやすいと自炊するのが楽しくなりますね。

パウダールーム

Asaka-3.jpg

収納の多い洗面化粧台、明るく清潔なパウダールーム。
三面鏡の裏も収納になっているので、生活感を隠せるのが便利です。

バスルーム

Asaka-4.jpg

ゆったりしたバスルーム。エコでお財布にも優しい保温浴槽です。
浴槽はファミリー向けにも使われる1416サイズなので、ゆったりお湯につかれます。
そして浴室暖房乾燥機付き。

駅から近くて通勤も便利。なおかつ、広くて設備も充実した分譲マンション。

日々の快適さも、将来まで考えた資産性でも、駅近コンパクトマンションは魅力的です。

しかし、こうしたマンションを買っている女性たちは、自分一人で住宅ローンを払っていくことに対してどのように考えているのでしょうか。

次回は「家賃と住宅ローン」や「設備・仕様」の面から、賃貸と分譲を比較し、検証します。

次の記事

【徹底検証】一人暮らし女性がいまマンションを買う理由(2)「買う」と「借りる」の比較
この記事では「家賃と住宅ローン」や「設備・仕様」の面から、賃貸と分譲の違いを比較し、「買う」と「借りる」のメリット・デメリットを検証します。
スポンサーリンク

マンション購入に興味がある人へ、おすすめ記事一覧

マンション購入体験談

頭金や諸費用のためにお金を貯めたい!と思ったら

東京近郊で地震・洪水に強い街は?

東京近郊で地震・洪水に強い街は?一人暮らし女性におすすめ駅ベスト5
東京都や防災科研が出している震度予測や地震リスク、自治体のハザードマップをもとに、宅建士の私が「地震や水害に強い街のうち、一人暮らし女性におすすめの街」を紹介します。近年は大規模な災害が相次いだため、現在は住まいを契約する際に、不動産業者から入居者に向けて水害リスクや土砂災害リスクなどを「重要事項説明」として説明することが義務付けられています。でもお部屋探しの段階で、ある程度は自分でも把握しておきたいものです。【地震に強い街は?】1.首都直下地震等による震度予測:まずは地震に強い街を探すため、東京都が発表している「首都直下地震等による東京の被害想定」を見てみましょう。(1)首都直下地震(東京湾北部地震 M7.3)江東区・品川区・目黒区・大田区の一部では震度7も予測されています。(2)多摩直下地震(M7.3)八王子市・日野市・昭島市の一部で震度7が予測されています。23区では全体的には震度6弱の場所が多いですが、震度6強のエリアもあります。(3)海溝型地震(元禄型関東地震 M8.2)大田区・品川区・町田市の一部で震度7が予測されています。(4)活断層で発生する地震(立川断層帯地震 M7.4)発生源が地中の浅い部分のため、立川市を中心に震度7が目立ちます。 2.総合的に見て、地震に強い街は?:それでは、「どんな地震にも強いエリア」はあるのでしょうか?国立研究開発法人 防災科学技術研究所の出している「地震ハザードステーション J-SHIS MAP」を見てみましょう。「震度6強」以上の非常に強い地震に絞っても23区内や近郊は、リスクが高いことを示す「赤色~紫色」のエリアがほとんどです。どの街に住む場合でも、高い位置に割れ物を置かない・家具は固定するなど対策を行いましょう。3.地震に関する地域危険度測定調査:地震による危険には、耐震性の低い建物の倒壊リスクや、火災の発生による延焼のリスクもあります。危険地域からの避難や消火・救助活動が困難になるリスクもあります。こうした危険性を総合的に判断し、東京都では「地震に関する地域危険度測定調査」を公開しています。「総合危険度」が高い地域は、荒川・隅田川沿いのいわゆる下町地域一帯に加え、品川区南西部や、大田区、中野区、杉並区東部に広がっています。【水害に強い街は?】複数の自治体を俯瞰して、水害(洪水・高潮)のリスクが低い街を調べることは、実は少し難しいです。国土交通省が作成している「重ねるハザードマップ」は水防法に基づき市町村が作成した水害ハザードマップではなく、すべての水害リスクが載っているわけではありません。必ず自治体のハザードマップも確認しましょう。【一人暮らし女性におすすめの、地震・洪水に強い街ランキング】1位:日吉(神奈川県横浜市港北区/東急東横線など3路線) 2位:三鷹(東京都三鷹市/JR中央線など2路線) 3位:桜新町(東京都世田谷区/東急田園都市線) 4位:成増(東京都板橋区/東武東上線)3位:阿佐ヶ谷(東京都杉並区/JR中央線など2路線) 5位:阿佐ヶ谷(東京都杉並区/JR中央線など2路線) この記事では、東京都、防災科研が出している震度予測や危険度測定、自治体のハザードマップをもとに、「地震や水害に強い街のうち、一人暮らし女性におすすめの街」を紹介しました。お部屋探しの際には、それぞれの街のリスクとともに、自分がどの程度まで許容できるのか、価値観やライフスタイルを考えてみてくださいね。

カーサミアクラブ会員募集中

タイトルとURLをコピーしました