賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

独身一人暮らし女性がマンションを買うなら…後悔しない買い方・選び方

おうち
この記事は約33分で読めます。
スポンサーリンク

いま、一人暮らしの家賃をいくら払っていますか?

住まいはないと困るし、気に入っている部屋なら仕方ないけれど、

払ったきり戻ってこない毎月の家賃、もったいないな…

と思ったこと、だれでも一度はあると思います。

でももし、毎月同じくらいの支払いで自分のマンションを買ったとしたら、それは自分の所有物になりますね。

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

考え方は人それぞれですが、同じくらいの金額を払うなら、購入するという選択も、検討だけはしてみてもいいのではないでしょうか。

この記事はマンションの売り込みでも勧誘でもありません。

宅建士の資格を持ったカーサミアの編集部員が、もしあなたがマンションを買おうと思ったら、本当に買えるのか、買って損をしないのか、購入資金はどうすればいいのか、どんなことに気をつければいいのかといったことをアドバイスしていきます。

いっしょに考えながら、自分のマンションを持つことを想像しつつ、読んでみるだけでもおもしろいかもしれませんよ。

宅建士とは…
「宅地建物取引士」の略称。マンションなど不動産の公正な取引を行うため、宅地建物取引業法により定められた国家資格です。不動産取引における重要事項の説明や、重要事項説明書への記名・押印、契約書への記名・押印ができるのは宅建士だけ。いわば国が認めた不動産取引のプロということになります。

スポンサーリンク

家賃をいくら払っている一人暮らし(独身)女性なら、マンションが買えるの?

さて、現在どのくらいの家賃を払っている人ならマンションが買えるのか、まず疑問に思いますよね。

結論から言うと、東京で月々7万5000円くらいの家賃を払っているなら、総額1800万~2000万円程度の分譲マンションを買える可能性が十分にあります。

いま賃貸マンションに月々7万5000円払っているとしたら、10年で900万円、20年払うと1800万円!にもなります。

これは住居費(家賃+管理費・共益費など)だけにかかる費用です。賃貸の更新料や火災保険料、引っ越し費用は見込んでいません。

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

こうやって上記のようにあらためて計算してみると……もったいない、ですよね。

2000万円くらいだと東京のどこにどんな間取りのマンションが買えるのかというと――――――――。

実際は個別の物件によって価格は変わりますが、大まかな平均的な相場として、ワンルームから1DKで

  • 東京都大田区や墨田区だと約2000万円
  • 中野区と武蔵野市が約1900万円
  • 杉並区は約1800万円
  • 練馬区は約1400万円

といったところが目安となります。(2022年12月現在)

※参考サイト:東京都の中古マンションの価格相場
上記以外の地域についても、こちらのサイトで確認できます。

意外と都心への通勤圏内で、手が届きそうな分譲マンションがあるんです。

マンションを買うのは、賃貸と比べてどういうメリットがある?

次に、同じくらいの月々の支払いをするとして、マンションを購入することのメリットはあるのか、あるとしたらどんなことがメリットと考えられるかについて解説したいと思います。

メリット1 「自分の家」がある満足感

最初のメリットは、持ち家(マンション)があるということ。

価値観は人それぞれですが、借りものじゃない自分の家」だという所有欲を満たしてくれるということが大きいと思います。

賃貸だと「毎月の家賃、捨てているみたいでもったいない」となりがちですが、同じくらいの月額なのに購入するとそのマンションの部屋は自分の所有。

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

「よし、じゃあがんばって払っていこう」というやる気も出てくるのではないでしょうか。

こういう気持ちの違いって実は大きいと思います。

メリット2 DIY・リフォームの自由度が高い

自分の所有物(家)なので、好みの壁紙で模様替えしたり、キッチンやお風呂を入れ替えたり、DIYやリフォームができて気兼ねなく住めます。

賃貸だとなかなかこうはいきません。入居時の状態に戻す「原状回復」を求められることが多いです。

リフォーム時の注意点

自分で購入したマンションは、基本的にリフォームできますが、管理規約によって、DIYやリフォームできる範囲や、使用する材質に定めがあります。

おおまかに言うと、共用部(ドアや窓、コンクリートの構造壁など)に手を加えることはできません。

また、フローリングは一定以上の遮音性能があるものを使わなくてはいけない、壁紙は一定の防火性能があるものを使わなくてはいけないなど、使用する部材に制限のある場合もあります。

メリット3 経済的なメリット

もう一つは経済的なメリット。

賃貸だったら捨てていた「家賃」を安く済ませることができる物件を購入できるとしたらどうでしょう。

例えば、2000万円で購入したマンションを15年後に1000万円で売却する。そうなるとどうなるでしょう。15年間で実質1000万円しか払っていません。

15年で総家賃1000万円。単純計算で月々に割り戻すと、月55000円程度です。

家賃が月55000円。都心の賃貸としてはなかなか見つからないですね。あったとしてもものすごく狭いとか、すごく古いアパートとか。積極的に選ぶことはない物件だと思います。

でも、2000万円で買って、一定期間住んでから1000万円で売る。そんなこと実現できるような住まいを見つけられたら、「買う価値がある」かもしれませんよね。

カーサミア編集部では、長い目で見て、実質的な「住居費」が相対的に抑えられる物件を「買う価値のあるマンション」とみなしています。

もちろん2000万円のマンションならどれでも「買う価値がある」わけではありません。

ではどうやって「買う価値がある」物件を見つけるか。次の章で解説していきます。

賃貸と購入、どっちが得か比較するときのポイント

わかりやすく説明するために、ここまで賃貸については「家賃」、マンション購入の場合は「月々の支払い(ローン返済額+管理費・修繕積立金)」と言ってきましたが、賃貸にしても購入するにしても、家賃や月々の支払い以外にかかる費用はほかにもあります。

賃貸と購入、どっちが得になるかは、かかる費用全体の比較をする必要があります。

まずおなじみの賃貸物件だと、敷金、礼金、不動産仲介手数料、2年ごとの更新料など。

購入する場合は、住宅ローンの融資手数料や保証料・不動産取得税・登録免許税・仲介手数料(中古の場合)・火災保険や地震保険、収入印紙、毎年の固定資産税・都市計画税(固都税)など。

ちなみに購入の際の諸費用は、物件によって異なりますが、新築のコンパクトマンションの場合は物件価格の約5~7%。中古マンションの場合は物件価格の約5~10%が目安が目安と言われています。

スポンサーリンク

一人暮らし女性が購入して、後悔しないマンションの基準とは

購入するマンションは新築だけでなく、もちろん中古もアリです。

中古の場合は「個人売主」ではなく、できれば不動産会社などの「業者売主」からの購入がベターです。

  • 個人が売り主の場合に比べて、購入後に問題や不具合があったときの保証期間(瑕疵担保責任期間)が長い
  • 直接売主になっている場合は、仲介手数料が不要なので初期費用が安く抑えられる

といったメリットがあるからです。

さて、新築・中古いずれにしても、カーサミアが提案する「価値がある物件」とは、言い換えると「売却時に高く売れる物件」。

ずっと自分が住むのなら自分だけが気に入ればよいのですが、将来的に売却する可能性があるなら、需要の高い=多くの人が欲しいと思う物件を選ぶことが何より大事です。

洋服やグッズなどの一般的なネットオークションでも、人気の高いものは入札数が増えて価格がどんどんつり上がりますよね。それと同じです。

もしも「自分だけが気に入る物件」を、

いい物件見つけた! 

ちょっと駅から遠いけど、内装はキレイにリノベーションされているし、これなら予算内におさまる!

築35年だけど部屋は新築みたい!なんかいいかもー!!!

と舞い上がってそのほかのことを考えずに購入してしまうと、売却時に「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。

では、具体的なチェックポイントはどんなものがあるのでしょうか。

ポイント1 駅からの距離

まず、首都圏の場合、電車で移動する人が大半なので、お部屋自体や街の魅力に加えて駅からの距離が重視されます。

私はテレワークがメインだから駅近じゃなくてもいいや、ということでは済みません。

最寄り駅から近ければそれでいいかというと、ここにも注意が必要。繁華街など騒がしすぎる場所に位置する物件では、住みたい人も減ってしまいます。

ポイント2 主要駅へのアクセスの良さ

アクセスの良さも大事ですよね。

東京・神奈川なら、新宿や渋谷、東京、池袋、横浜などの主要駅に直通で行けるのかも考慮しなくてはいけません。

最寄り駅に電車が2路線以上乗り入れていればベターです。

ポイント3