賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

月の手取り20万、年収300万。正社員、昇給なし。【私もマンション買えますか?】

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

月の手取り20万円、ボーナスはほぼなし、年収300万円。こんな私でもマンションを買えるのでしょうか?というご相談です。

この6年間昇給がなく、今後の昇給の見込みもないとのことで、転職を検討中の斎藤さん(仮名)。

カーサミアクラブの宅建士からアドバイスをお送りします。

※プロフィール・設定は、過去のお客様のデータをもとに創作した架空のものです。

スポンサーリンク

相談: 6年間ほぼ昇給なし。転職も考えています。こんな私でもマンション買えますか?

新卒で入社して8年。昇給したのは最初の数年だけで、この6年ほとんどお給料が増えていません。

勤続20年で40代後半の先輩も同じような感じらしく、このまま会社に残っても希望は持てないという気持ちです。最近は転職も考えていますが、家を買ったらもう転職しちゃダメですよね?

プロフィール:30歳、年収300万円、正社員

趣味は読書。堅実派でしっかり貯金をしている相談者です。|イメージ画像:Pixabay
お名前斎藤 梨恵(仮名)
年齢30歳
職業事務職(正社員)
勤続年数8年
収入年収300万円
ボーナス0~5万円
(月の額面25万、手取り20万)
貯金300万円
いまの家 1DKアパート・家賃7.5万円
実家 山梨県
結婚願望 あり(できればしたい)

性格は、自分でも安定志向だと思います。

いまは月2万~3万くらい貯金していています。ボーナスを少しだけもらえるときがあるのですが、これもほとんど貯金しています。本当は投資とか始めたほうがいいのかもしれませんが、損をするかもしれないと思うと信用できなくて。

趣味は読書です。本を買ってしまうと置き場所がなくなるので、なるべく電子書籍か図書館を利用しています。

将来のことを考えると、今の収入では不安です。なので転職を考えています。
本当は30歳までに転職したほうがよかったのでしょうが……。

転職後も、いまのように定時退社の事務をしたいです。残業が続くと、身体もしんどくなってしまうので。仕事をがんばって収入を増やすよりは、自炊して節約するほうが向いています。
そういう意味では、今の会社も嫌いではないですが、でも20年後もこのままだと希望がないと感じています。

結婚は、できればしたいですが、あまりいい出会いもないし、自分が人と暮らしているイメージも想像できないです。このまま一人で生きることも考えて、家を買っておいたほうがいいのかと思い始めています。

スポンサーリンク

宅建士からのアドバイス

こんにちは、カーサミアクラブのヨシムラです。

結論から申し上げますと、もちろん購入可能です!
ご安心くださいね。

ただ、斎藤さんは転職希望とのことですので、転職とローンのタイミングを考えておきたいですね。

転職のタイミングは、家を買ったあとがおすすめ

実は、転職をしてしまうと住宅ローンの条件が厳しくなったり、借りられなくなったり、という可能性があります。

6年間昇給がないということですが、勤続年数8年、さらに減給がないということはプラスです。転職を考えているのであれば、転職前の職務履歴が安定しているうちに購入したほうがいいですね

女性の転職は、33歳にひとつの壁があると言われています。
いまローンを組んでマンションを買って、31歳~32歳で転職するのもいいかもしれません。

逆に、先に転職してから、家を買って住宅ローンを組もうと思うと、勤続年数が短い状態でローンを組むことになります。この場合、銀行に「また転職して安定した収入が得られない可能性がある」と見られ、ローンの審査に悪い影響が出てくる可能性があります。金融機関も、きちんと返済してくれる人にお金を貸したい、と思っているわけですね。一般的には勤続3年が安定のラインと言われています。

ローンを抱えた状態で転職するのは不安かもしれませんが、実際のところ、ローンを組んだ直後に転職する人は意外と多いです。

銀行は 「転職したら安定した収入が得られない可能性がある」 と見るかもしれませんが、賃貸でも家賃を払って生活していかなくてはいけないので、それなりに安定した収入を稼げるところに転職しますよね。

住宅ローンの返済期間も考えておきましょう

住宅ローンは79歳までに完済する条件で、最長35年組むことができます。とはいえ、65歳で定年になる企業がほとんどのことを考えれば、65歳までには完済したいところ。

斎藤さんは今30歳ですから、すぐに家を買っても、35年ローンを組むと65歳で完済となります。定年を考えると、いまから買ってちょうどいいくらいですね。

もし先に転職して、次の職場で3年勤めてから買おうと思うと、33歳。35年ローンを組むと68歳で完済することになってしまいます。

このような事情がありますので、家を購入するのは、早いに越したことがありません。

結婚しても困らない、貸しやすい物件を

将来、結婚するかもしれないなら、賃貸に出すことも考えておきましょう。

人に貸しやすいエリアや物件ということは、自分にとっても住みやすいエリア・物件になります。たとえば今の職場に近いだけではなく、どこに転職しても通いやすい場所にしておけば、転職後も便利ですよね。

もし結婚して住まなくなったときも、人に貸すことができれば、負債にはなりません。むしろ、資産としてみることができますよ。

月の支払いが7.5万円なら、こんなマンションが買えます

家賃7.5万円は、便利な場所で、ゆったりサイズのワンルームが買える予算です。
|イメージ画像:写真AC

月々の家賃も、一年分だと7.5万円×12=90万円。毎年90万円も払い続けるのはもったいないですよね。

月々 7.5万円の家賃を払っているということは、おおむね2000万円~2500万円の住宅ローンの支払いと同等になります。予算のイメージはこのあたりからスタートするといいのではないでしょうか。

ちなみに、比較的便利な場所で2000万円~2500万円で検討できる物件は少し築年数が経っている20㎡台のワンルームタイプがメイン。8畳~8.5畳くらいの、ゆったりサイズのワンルームのイメージです。

もう少し広い部屋を探したい場合は、多少駅から遠い物件を狙っていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

「昇給なし」でも、減給していないのは大きなプラス。有利なローンを組めるチャンスです。購入するなら、転職する前にローンを組むほうが、お得が多いのでおすすめです。年齢的にも、早い方が完済年齢が早くなるので安心ですね。

家賃7.5万円なら、2000万円~2500万円の住宅ローンの支払いと同じくらいです。この予算があれば、便利な場所で20㎡台、8畳~8.5畳くらいのワンルームが買えますよ。

現在も、しっかり貯金できている堅実派の方なので、将来の安心と資産形成のために、購入していいと思いますよ。

スポンサーリンク

マンション購入に興味がある人へ、おすすめ記事一覧

マンション購入体験談

頭金や諸費用のためにお金を貯めたい!と思ったら

東京近郊で地震・洪水に強い街は?

東京近郊で地震・洪水に強い街は?一人暮らし女性におすすめ駅ベスト5
東京都や防災科研が出している震度予測や地震リスク、自治体のハザードマップをもとに、宅建士の私が「地震や水害に強い街のうち、一人暮らし女性におすすめの街」を紹介します。近年は大規模な災害が相次いだため、現在は住まいを契約する際に、不動産業者から入居者に向けて水害リスクや土砂災害リスクなどを「重要事項説明」として説明することが義務付けられています。でもお部屋探しの段階で、ある程度は自分でも把握しておきたいものです。【地震に強い街は?】1.首都直下地震等による震度予測:まずは地震に強い街を探すため、東京都が発表している「首都直下地震等による東京の被害想定」を見てみましょう。(1)首都直下地震(東京湾北部地震 M7.3)江東区・品川区・目黒区・大田区の一部では震度7も予測されています。(2)多摩直下地震(M7.3)八王子市・日野市・昭島市の一部で震度7が予測されています。23区では全体的には震度6弱の場所が多いですが、震度6強のエリアもあります。(3)海溝型地震(元禄型関東地震 M8.2)大田区・品川区・町田市の一部で震度7が予測されています。(4)活断層で発生する地震(立川断層帯地震 M7.4)発生源が地中の浅い部分のため、立川市を中心に震度7が目立ちます。 2.総合的に見て、地震に強い街は?:それでは、「どんな地震にも強いエリア」はあるのでしょうか?国立研究開発法人 防災科学技術研究所の出している「地震ハザードステーション J-SHIS MAP」を見てみましょう。「震度6強」以上の非常に強い地震に絞っても23区内や近郊は、リスクが高いことを示す「赤色~紫色」のエリアがほとんどです。どの街に住む場合でも、高い位置に割れ物を置かない・家具は固定するなど対策を行いましょう。3.地震に関する地域危険度測定調査:地震による危険には、耐震性の低い建物の倒壊リスクや、火災の発生による延焼のリスクもあります。危険地域からの避難や消火・救助活動が困難になるリスクもあります。こうした危険性を総合的に判断し、東京都では「地震に関する地域危険度測定調査」を公開しています。「総合危険度」が高い地域は、荒川・隅田川沿いのいわゆる下町地域一帯に加え、品川区南西部や、大田区、中野区、杉並区東部に広がっています。【水害に強い街は?】複数の自治体を俯瞰して、水害(洪水・高潮)のリスクが低い街を調べることは、実は少し難しいです。国土交通省が作成している「重ねるハザードマップ」は水防法に基づき市町村が作成した水害ハザードマップではなく、すべての水害リスクが載っているわけではありません。必ず自治体のハザードマップも確認しましょう。【一人暮らし女性におすすめの、地震・洪水に強い街ランキング】1位:日吉(神奈川県横浜市港北区/東急東横線など3路線) 2位:三鷹(東京都三鷹市/JR中央線など2路線) 3位:桜新町(東京都世田谷区/東急田園都市線) 4位:成増(東京都板橋区/東武東上線)3位:阿佐ヶ谷(東京都杉並区/JR中央線など2路線) 5位:阿佐ヶ谷(東京都杉並区/JR中央線など2路線) この記事では、東京都、防災科研が出している震度予測や危険度測定、自治体のハザードマップをもとに、「地震や水害に強い街のうち、一人暮らし女性におすすめの街」を紹介しました。お部屋探しの際には、それぞれの街のリスクとともに、自分がどの程度まで許容できるのか、価値観やライフスタイルを考えてみてくださいね。

カーサミアクラブ会員募集中

タイトルとURLをコピーしました