【アンケート】あなたの「リアル」教えてください >>

年収300万円の手取り額・貯金額ってどのくらい?住宅ローンは組める?

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
かさみやちゃん
かさみやちゃん

年収300万円の人、どんな暮らしをしてるのかな…?
友達には聞きづらいけど、気になっちゃいますよね。
FPさん、教えてください~~!

マイナビウーマンのアンケート調査結果によると、9割の女性が「一人暮らしは楽しい」と回答。調査結果からも、一人暮らしを楽しんでいる女性は多いことが分かります。

こんにちは。カーサミアライターの芦原です。

一人暮らしを楽しんでいる女性も、お金の不安は抱えるものです。年収300万円の場合は、どれぐらいの貯金をすれば良いのでしょうか?

「年収300万円の一人暮らしの生活水準ってどうなのかな?」

「毎月、どれぐらいの貯金をすれば良いのかな?」

「人に聞くことができないけど、貯金はいくらあれば良いのかな?」

今回は、他の人には聞けない年収300万円の女性のお金や暮らしぶりをファイナンシャルプランナーの資格を持つ私が、カーサミア読者の皆さんの目線で一緒に考えて紐解きたいと思います。

スポンサーリンク

年収300万円の人の手取り額・貯金額

年収300万円って手取りでいくらなのかな?|イメージ画像:ピクスタ

一人暮らしをしている女性は、お金に対する不安を抱えていることも多いです。貯金額は他の人より多いのか気になっている女性もいるでしょう。そこで、年収300万円の手取り額や貯金額についてご紹介します。

年収300万円の手取り年収は「約238万円」

年収300万円でも、税金や社会保険料など差し引かれてしまうため、手取り年収は少なくなります。住民税は各自治体によって異なりますが、一般的な手取り年収は、238.3万円程度と考えておきましょう。

額面年収300万円
税金(所得税・住民税)18万円
厚生年金保険料27.5万円
健康保険料・介護保険料15.5万円
雇用保険料0.7万円
手取り年収238.3万円

年収300万円の貯金額は「190万円」

リクナビNEXTを運営するリクルートが実施した「年収300万円正社員アンケート」によると、平均貯金額は約190万円。この調査結果は、正社員として働く20代~40代の男女575名のアンケートの集計結果なので参考にして貯金に励むのも良いでしょう。

正社員で働く女性の「28.2%」が年収300万円台

また、同調査によると年収400万円以下の正社員の割合は43.7%となっており、女性に絞り込むと65.1%。6割強の働く女性が年収400万円以下なのです。年収300万円台の女性に絞り込むと28.2%となります。そのため、約3人に1人の女性が年収300万円台であることが、同調査から分かります。

スポンサーリンク

貯金できる?年収300万円はどんな暮らし?

年収300万円でも無理なく貯金できる|イメージ画像:ピクスタ

年収300万円の女性は、どのような暮らしをしているのでしょうか?ここでは、年収300万円の一人暮らしの女性の暮らしについてご紹介します。

年収300万円の人の家計簿を公開

カーサミアクラブが提供しているツールを活用すれば、理想の家計簿が簡単に確認できます。今回は、年収300万円の女性の理想の家計簿をツールを活用しながら独自に計算してみました。

この家計簿であれば、被服費や娯楽費など、趣味や交際費にお金をかけながらも、月収の20%を貯金できます。カツカツに節約をしなくても、貯金ができることが、家計簿からも分かりますね。

また、首都圏内に住む場合は家賃が上がってしまいますが、スマホのプランや保険を最小限にすることで、無理なく月収の20%を貯金に回せるので、固定費の見直しなどをしてみてください。

項目一般論首都圏版
手取り月収200,000円200,000円
家賃56,000円76,000円
食費30,000円30,000円
水道光熱費10,000円10,000円
通信費10,000円7,000円
日用品4,000円4,000円
被服費10,000円10,000円
娯楽費30,000円20,000円
保険料10,000円3,000円
貯金40,000円40,000円

年収300万円で住宅ローンは組める?

年収300万円で一人暮らしの女性は、将来的に不動産購入をすべきなのか、賃貸に住み続けるべきなのか悩むことが多いです。実際に、年収300万円で住宅ローンは組めるのでしょうか?このような疑問について紐解いていきたいと思います。

住宅購入者のうち、年収300万円台以下は「20%」

年収300万円でも住宅を購入することができます。住宅金融支援機構が公表している「2019年度フラット35利用者調査」によると、フラット35利用者の2割が年収399万円以下の方です。約5人に1人と考えると少ない割合ではありません。

年収300万円の借入限度額は約「2,500万円」

年収300万円の方の借入限度額は、2,521万円です。住むエリアにもよりますが、コンパクトマンションであれば、新築物件の購入も夢ではありません。

※ローン概要は以下の通りです。
借入額:2,521万円、ボーナス時支払:0円、金利:1.31%(フラット35・融資率9割以下・新機構団信付)、返済期間35年(2021/2/20現在)

しかし、借入限度額いっぱいまで借りることはおすすめしていません。実際に住宅ローンを組む際は、無理なく返せる金額を意識してくださいね。

おすすめの毎月返済額は「6.25万円」以内

カーサミアクラブでは、独身女性のマンション購入の相談をしていますが、年収300万円の女性もいらっしゃいます。年齢や暮らしぶりにもよりますが、年収300万円の女性が「無理なく返済できる毎月返済額」は6.25万円以内(返済比率25%以内)です。

またカーサミアクラブでは、ローン返済額に管理費や修繕積立金を合わせた住居費の目安は7.6万円以内と考えています。
たとえば管理費・修繕積立金などが1.5万円なら、ローン返済額は月6.1万円程度。
管理費・修繕積立金などが2.5万円なら、ローン返済額は月5.1万円程度をおすすめしています。

この金額は、首都圏に住む場合の住居費(家賃+共益費+更新料)として推奨している金額と同等です。住居費をこのくらいに抑えておけば、ムリなく貯金もできますよ。

今回は、年収300万円の女性の暮らしをご紹介しました。年収300万円の女性でも、毎月4万円はムリをせずに貯金ができます。また、年収300万円で住宅ローンが組めると知って驚いた方もいるのではないでしょうか?

かさみやちゃん
かさみやちゃん

勉強になりました!しっかり貯金もできるのですね。

そして2500万円で買えるマンション、思わず検索しちゃいました。意外といろいろありますね…!
「無理なく」を考えて少し予算を下げても、そこそこありそうです。

「毎月、なぜか生活費だけでカツカツ…。」と悩んでいる方は、カーサミアクラブの家計診断を活用して家計簿を見直してみてください。家計を見直してみるだけで、生活を楽しみながら、貯金ができるようになりますよ♪

家賃・生活費・貯金額の目安計算ツール

関連記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました