賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

おでんの変わり種がおいしすぎる!節約しつつ満足感が高い具材は?

自炊・料理
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

冬といえばおでん!あったかくてお腹いっぱい、具材を上手に選べば節約もできちゃうコスパ◎の料理です。

地域によって入れる具材にも差があるので、出身地の違う人と話していると「え、そんなものまで入れちゃうの…!?」と盛り上がることもしばしば。この記事ではそんなおでんの変わり種について紹介します。


こんにちは、食物検定1級所持、自炊歴20年のカーサミアライターの山本です。おでんの具にマンネリを感じている人は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

山本 まゆな
山本 まゆな
教えてくれたのは…

新しいもの・家事楽アイテムが好きなフリーランスライター。
高校から家政科で専門的に料理を学び、自炊歴は20年以上。節約食材やいつもの食材を、ちょっとの手間で「おいしい料理」にするのが得意です。

多趣味で思い立ったらすぐ行動する性格。食物検定1級・美容師免許・ヘアケアマイスター・洋裁和裁資格有り。

山本 まゆなさんをフォローする
スポンサーリンク

おでんの具の変わり種の選び方

家によっても入れる具材は様々なおでん│写真AC

煮こんでも崩れない食材

おでんの大前提として、スープに入れて崩れやすいものはむいていません。ですが、崩れやすい具材は巾着に入れるなど工夫するとおいしく食べられます♪

かさみやちゃん
かさみやちゃん

巾着に入れられないものは、食べる直前に煮込むといいですよ。

うまみの出る食材

煮こんで出汁のでる練り物は大定番!練り物なら意外となんでもおでんに合うかもしれません。スープに旨味が溶け出しておでん全体がおいしくなります!

スポンサーリンク

節約におすすめ、おでんの具。地域差もある変わり種!

安い食材でもおでんをおいしく仕上げます│筆者撮影

地域によっては当たり前でも実は変わり種だった、ということも。おでんの具には地域差があっておもしろいです。

ここからは「安くて節約になる!」おでんの具をご紹介していきます♪

かまぼこ

筆者の住む九州地方ではよく目にしますが、地域によっては変わり種のところも。弾力があるので食べ応えも◎。

焼き豆腐・厚揚げ

厚みとジューシーさが病みつきになります│筆者撮影

弱火でじっくり煮込むと味が染みておいしいです。噛むとジュワっとしみ込んだおでんの出汁がでてきてどんどん食べれちゃいます♪

鶏肉(手羽先・手羽元・鶏もも等)

どの部位を入れてもおいしい鶏肉│筆者撮影

鶏肉はどの部位を入れても◎。我が家ではよく手羽元を入れています。柔らかく煮こむとお肉がトロトロ、鶏出汁も出ておいしいですよ。

骨がない鶏肉は食べやすく、骨のある部位はしっかりと出汁がでるのでおすすめです。

じゃがいも・さといも

大き目にカットしたじゃがいもがおでんに合います│筆者撮影

芋系はお腹もいっぱいになるし、出汁も吸っておいしく食べられます。特にじゃがいもは九州では定番。スッと箸で割れるくらいの柔らかさになるまで煮込めば食べごろです。

 

白菜

お鍋感覚で白菜が食べられます│筆者撮影

リーズナブルな野菜なので使いやすいですよね。冬のお鍋の残りの白菜を入れても◎。いろいろな具材から溶け出した出汁が白菜にしみ込んでおいしくいただけます。

もやし

シャキシャキ食感がおでんのアクセントに│筆者撮影

かさましにはもちろん、もやしはおでんのスープともよく合います。シャキシャキ食感が好きなら食べる少し前に入れるといいですよ!

えのき、しめじ、しいたけ

えのき・シイタケなんでも合います│筆者撮影

キノコ類は出汁もでるのでおすすめです。冷凍しておくと使いたいときに入れられるので、お得に販売しているときに購入しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

少量でも食べ応えたっぷり!おでんの具の変わり種

量は少なくても食べ応えばっちり│筆者撮影

チルド食品

安いチルドの餃子や焼売も実はおでんにぴったりです。もともと味がついているので少し温めるだけでもおいしいです。逆に煮込みすぎると崩れてしまうので食べる前に入れて食べごろを見計らいましょう。

ロールキャベツもおすすめです。

にんにく

丸ごとにんにくはホクホクして意外においしいです。小さくてバラバラになるなら、クシに刺して煮こむと食べやすくなりますよ。

チーズ(ライスペーパー巻き)

ライスペーパーに巻くひと手間はかかりますが、トッポギのようでおいしいです!

そのままチーズを入れると溶け出して食べられませんが、ライスペーパーでくるむと、つるんとした食感と濃厚チーズが病みつきの具に変身♪

Q
節約もできるおでんの変わり種は?
A

特定の地域では定番の具ですが、他の地域では変わり種になる「かまぼこ、豆腐や厚揚げ、鶏肉など」はリーズナブルでおすすめ。旬の野菜やイモ類、価格の安定しているもやし、キノコ類も味が染みておいしいですよ。

筆者のおすすめはチルド食品です。餃子や焼売、ロールキャベツなどを煮こむことで中の旨味も出るだけでなく、ほどよくジューシーになっておいしく食べられます。また、ライスペーパーにチーズを包んだものはトッポギのようでおいしいです。食べ応えがあるのでぜひ試してみてくださいね。

おでんが余ったらどうする?目から鱗のアレンジで、最後まで美味しく!
冬になると食べたくなるおでん。ですが1人暮らしだとどうしても余って、食べ飽きてしまいますよね。この記事では、食物検定1級保持、自炊歴20年の筆者が、おでんのを飽きずに食べ切るアレンジについて解説します。おでんを出汁までおいしく食べ尽くしましょう!