賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

ニットが伸びない干し方は?狭いスペースできれいに干せるアイデア5選

掃除・洗濯・お手入れ
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

今回は、狭いスペースでもできるニットの伸びない干し方をご紹介します。

こんにちは。カーサミアライターのあんどうです。

お気に入りのニットを洗った後、干し方に困ったことはありませんか?
ハンガーに干すと伸びたり、肩に跡がついたり…。それに、特別な道具を用意するとなると場所も取ってしまいます。

省スペースでニットを型崩れさせずに干す方法を調べてみました!

大切なニットをきれいな状態で長持ちさせたい方、必見です。

スポンサーリンク

ニットが伸びない干し方の正解は?

ニットの干し方は平干しが理想的。|イメージ画像:イラストAC

ニットの洗濯後に形が崩れたり伸びたりしてしまうのは、水分の重みが原因です。
そのため、普通にハンガーにかけて干すとニットの肩の部分や丈が伸びてしまいます。

ニットが伸びるのを防ぐには、肩と胴回りの部分に重みが集中しないようにすることが大切です。

つまり、ニットのベストな干し方は“平干し”ということになります!

ですが、専用の平干しネットって結構嵩張るんですよね。
一人暮らしの狭い部屋では、ちょっと購入をためらってしまいます。

しかし、実は別のアイテムを組み合わせるなどして、平らなスペースと通気性を確保できれば“平干し”は可能です。

今回は、「平干しネットがなくてもできる平干しの方法」を調べてみました。

スポンサーリンク

省スペースでできる!ニットが伸びない干し方5選

平干しネットを使わずに、ちょっとの工夫でできるニットが伸びない干し方を5つご紹介します。

竿に干す

編集部の評価
ニットの伸びなさ:★★★★☆/手軽さ:★☆☆☆☆

竿を使ってニットを二つ折りにした状態で干せば、伸びや型崩れを防げます。|イメージ画像:写真AC

ニットを上下に二つ折りにした状態で竿にかければ、ニットが伸びたり型崩れしたりするのを防げます。

袖は垂らすのではなく、身頃(胴体部分)と一緒に竿にかけるのがポイントです。

ただし、しっかり乾かすために重ならないようにしてください。

滑り落ちないように洗濯バサミを使いたいときは、脇の辺りなど跡が目立ちにくい場所を止めると良いですよ。

しかし、重ならないような大きさのある、「ちょうどいい竿」を見つけるのが難しいかもしれません。写真のような室内干し用のアイテムも、広げるにはスペースが必要です。

ピンチハンガーの上面を活用する

編集部の評価
ニットの伸びなさ:★★★★☆/手軽さ:★★★★☆

ピンチハンガーの上面(画像の赤く囲った部分)にニットを平置きします。|筆者撮影

ピンチハンガーのピンチでニットを挟んで干すと、伸びる上に跡が付く恐れがありますが、ピンチハンガーの吊るす部分の上面を使えば、平干しが可能です。

うまく乗っかるサイズのピンチハンガーがあるなら、かなりお手軽にできる方法です。

下のピンチハンガーで別の洗濯物も乾かすことができます。(とはいえ、ニットの下のピンチハンガーに干した洗濯物は、何も置いていないときに比べれば乾きにくいですが…)

ピンチ付きハンガーとネットで即席平干しネットを作る

編集部の評価
ニットの伸びなさ:★★★★★/手軽さ:★★★☆☆

大きな洗濯ネットで即席平置きネットのでき上り|編集部撮影

ピンチが付いているハンガーと、布団などを洗うための大きな洗濯ネットがあれば、ピンチでネットを止めて、即席平干しネットの出来上がり!

ネットがなければバスタオルでも代用可能です。

平干しの形に近いものを実現できるのですが、大きさ的に、袖の部分はどうしても重なりがちなので、ときどき重なり方を変えつつ時間をかけて干す必要があります。

また、この干し方をしている間はピンチハンガーに他の洗濯物を干せなくなってしまうのがマイナスポイントです。

洗濯かごを逆さままたは横にする

編集部の評価
ニットの伸びなさ:★★★★★/手軽さ:★★★☆☆

洗濯かごを逆さままたは横にすればニットを平置きできます。

四角いメッシュ型の洗濯かごがあれば、逆さまにしたり横にしたりして、その上に洗濯物を広げれば平干しできます。

ちょうどいい大きさ・形の洗濯かごを持っているのが大前提ですが、屋内で簡単に平干しができます。

ただし、洗濯かごの素材によっては、金属パーツ部分が錆びてしまうこともあるので、濡れたものを置いて大丈夫かどうかの確認が必要です。

また、乾かしている間は洗濯かごを使えなくなってしまうので、その点ではやはり「手軽さ」の面でマイナスだと感じます。

ハンガーを2本使う

編集部の評価
ニットの伸びなさ:★☆☆☆☆/手軽さ:★★★★★

代用できるアイテムがない場合、ハンガーを2本使って干すことも可能|編集部撮影

ハンガー以外のアイテムを持っていない場合でもできる、一番簡単な方法です。

まず、普通にニットを1本のハンガーにかけます。

次にニットの両袖を抱き合わせるように肩にクロスしてかけたら、2本目のハンガーにニットの裾をかけてください。
ハンガーを2本使うことで、ニットの胴部分にかかる重みを分散させることができます。

ただし、これで対応できるのは薄手のニットまででしょう
実際に干してみましたが、水を吸って重くなった厚手のニットでは、重さを分散させるにも限度があり、あまり向かないと思われました。

※また、「洗ったあとの平干し」ではなく、「乾いたままのニットを干す(一度着たあとに風を通す)」というシチュエーションなら便利に使えそうです。

ニットをきちんと干すなら、やはり専用の平干しネットがベストだと思います。「使わないときは折りたたんで省スペース」にできる平干しネットもあります。

しかしこちらの商品も、レビューを見ていると「硬くて折りたたみにくい」という声が多数…。

編集部・アサノ
編集部・アサノ

実は私も、いろいろな干し方を試した結果、最終的にこのタイプの平干しネットを買いました。しかし多くのレビュー投稿者と同様、硬くて折りたためず…
保管場所には若干困りつつ、どうにか洗濯機まわりに置いて使っています。

ご自身の持っている「代用品にできそうな物」とライフスタイルを勘案して、ピッタリの干し方を工夫してみてくださいね!

Q
狭いスペースでできる、ニットが伸びない干し方は?
A

ニットの洗濯後、形が崩れたり伸びたりしてしまうのは水分の重みが原因です。

肩や胴回りに思いが集中しないようにするには、平干しがベスト。

専用のアイテムがなくてもピンチハンガーの上面や逆さまにした洗濯カゴなどで代用できます。他にも、竿に干したり、ハンガーを2本使用したりして、重みが分散されるように工夫してください。