賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

1K+ロフト。天井の低さを活かして、おこもり感あるレイアウトに【一人暮らしエッセイvol.91】

一人暮らしエッセイ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「一人暮らし女性のおうちライフを快適に!」がテーマのライフスタイルマガジン「カーサミア」では、現在、一人暮らしに関するエッセイを募集しています。詳細は記事末尾をご覧ください。

スポンサーリンク

おこもり感があり、エキゾチック。私のお気に入りの部屋

都内の職場へアクセスしやすいベッドタウンに、1Kのお部屋を借りています。
部屋の間取りはロフトとエアコン付き、ただし収納がありません。ロフトは部屋のキッチン側に設置されていて、玄関を入ってキッチンとユニットバスを抜けてメインの部屋に入ると、ロフトの分が1段低い構造となっています。

その低さを活かして、おこもり感のあるレイアウトにしました。

ロフトの真下にパソコンデスクを置き、横を向くとテレビが見られる配置にしました。
テレビは、パソコンを操作しながらでも、こたつに入りながらでも見られる位置にあります。

ちなみにソファとローテーブルを友人から譲り受けて置いていたこともあったのですが、狭い部屋でじゃまになってしまうのと、食事がしづらかったため処分してしまいました。
その代わりにこたつを置いています。

パソコンデスクは、デスクトップのパソコンとプリンターを置きたかったので設置しました。以前はローテーブルのうえにノートパソコンを置き、プリンター複合機を床に直置きしていました。けれどもプリンターの直置きを解消したかったのと、オンラインゲームで遊びたかったのでノートパソコンを撤去し、デスクトップのパソコンを置きました。

スペックなどにこだわり、オーダーメイドで安くパソコン屋さんに組んでもらいました。それをロフトの真下の天井が低い部分に設置して、まるで隠れ家のようなスペースでゲームやインターネットを楽しめます。

スポンサーリンク

また最初にも書いたように、この部屋には収納がないのがネックです。
そこで、スチールのラックを購入して使用しました。部屋に入って右手に設置したため、帰ってきてからすぐにアウターやかばんを片付けられる動線にしています。
これは意外と便利で、床にアウターやかばんが散らばってしまうこともなくなりました。

また、下着や衣類などは安い衣装ケースを購入し、これをテレビ台を兼用しています。衣装ケースの上にテレビを設置したおかげで、ずいぶんとスペースを省略できました。

ロフト部分は最初、ベッド代わりに使用していたのですが、布団がかびる、毎日上がり下がりをするのが面倒、ということで物置として使用しています。趣味で集めたものや仕事で使用する書籍類、ゲームなどをまとめてロフトに収納しています。

寝るのはベッドではなく、メインの部屋に布団を敷いています。もちろん万年床にならないよう、毎日布団は畳んでいます。

最後に、メインの部屋とキッチンを隔てるために暖簾を掛けました。私の好きなアジアン雑貨店で買った、エキゾチックな模様の暖簾です。そこに触れると鳴る鈴をひっかけて、暖簾を通過すると鳴るようにしました。

まるでインドカレー屋さんのような、私のお気に入りのインテリアです。

(エッセイ投稿者:ナツメグ/女性)

カーサミアでは、一人暮らしエッセイを募集中です。
現在募集中のテーマは「一人暮らしの《こだわり》インテリア」。
投稿掲載者にはAmazonギフト券600円を進呈。
ご応募お待ちしております!