賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

引っ越し期日が迫り、内見ナシで築1年の1LDKを選んだ結果…大後悔【一人暮らしエッセイvol.57】

一人暮らしエッセイ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「一人暮らし女性のおうちライフを快適に!」がテーマのライフスタイルマガジン「カーサミア」では、現在、一人暮らしに関するエッセイを募集しています。詳細は記事末尾をご覧ください。

スポンサーリンク

「住めば都」にはなりませんでした…

大学生進学時に上京して以来、何度か引っ越しをしてきました。その中でも特に、社会人になってから、6月に千葉から東京へ引っ越したときが一番大変だった記憶があります。

仕事の都合で必ず6月中旬までには引っ越しすることを命じられたものの、これだ!という物件がなく悩んでいました。

当時担当してくれた不動産屋の方によると、「7月は社会人の異動の節目」であること。また、「ジューンブライドで結婚した人が7月に多く引っ越しをする」ため物件が出るものの、直前の6月はあまり動きがないとのことでした。

期日も迫り、入居前に内見ができない物件ではありましたが、条件に合う物件がでてきました。似た物件として間取りの近しい別の物件を見せていただき、これならと妥協して物件を決めました。

決めた物件としては1LDKの単身用マンションで築1年ほどの新しい物件でした。浴室乾燥もついており、個人的には譲れないポイントであったことから住み心地も問題ないと思っていました。

引っ越しが完了し、いざ入居してみると、まずは収納の少なさが気になりました。

スポンサーリンク

東京の新居は、千葉に住んでいた時の部屋の半分くらいの広さになったものの、フローリングや壁といった内装が全体的に白いためか、最初は想像より広さを感じました。

ですが、クローゼットが少なく、棚や物を置くと結果的に狭くなってしまいます。徐々に生活スペースに物があふれるようになっていきました。

次に、エレベーターの故障の多さに辟易します。
その年は台風やゲリラ豪雨が重なり、大雨のたびに外付けのエレベーターが故障してしまうのです。

3階に住んでいましたが、エレベーターの修理が完了するまでの約一週間、慣れない仕事で疲労した身体には、3階までの階段の昇り降りは強く負担でした。

他にも部屋のドアノブが異常にとがっていてよく腕をケガする、台所の流し台が狭すぎて料理が難しい、など一度気になり出すとキリがありません。

ほどなくしてこの物件から一駅の別の部屋に引っ越し、現在は快適に過ごしております。

なかなか仕事の都合で難しい場面もありますが、「6月の引っ越しは避ける」のが、ベターだと感じています。6月に物件が少ないということをこれまで知らなかったので、もしプライベートな理由で引っ越すことがあれば物件の多く出る時期に探そうと思います。

また、内見できない物件は可能な限り避け、「実際に物件を見る」ことは必要です。「収納の数や位置は自身にとって問題ないか」「内装で気になるところはないか(個人的にドアノブでけがをすることがあるのは盲点でした)」を、内見した上で確認するのが良いと思います。

それから、部屋そのものへの不満も多かったのですが、周辺の環境も私自身は住みづらく感じました。

治安が良いエリアとされていましたが、細い道が多く、電灯も少なく、夜遅くなる時は少し怖かったです。可能であれば、内見時に建物周辺を見てみるのも良いのではないでしょうか。

「住めば都」とは言いますが、まずは自身の生活スタイルにあった物件選びが大切だと痛感した体験でした。

(エッセイ投稿者:アキラ/20代・女性)

カーサミア編集部の宅建士からアドバイス

編集部・アサノ
編集部・アサノ

アキラさまは、「6月の引っ越しは避けたい」とおっしゃっていますが、宅建士としては、引越し時期よりも、実際に物件を見る「内見」を大切にしてほしいと思います。

ちなみに最も物件が多く出るのは1~3月です。ただし、この時期は探している人も多く、すぐに物件が埋まってしまうため、じっくり検討する時間が取れず、内見できない可能性も高くなります。

今回は、お仕事の事情で「必ず6月中旬までに」と期日が決められていたので、厳しかったことと思います。

しかし、引っ越しをする人が少ない「6~8月」は、じっくり時間をかけて検討できる穴場の時期でもあります。時間帯を変えて複数回の内見に行ったり、内見と関係なく自分で周囲を歩いて確認することもできます。

また、実はこの時期は、家賃交渉のしやすい時期でもあるんですよ。詳しくは下記記事をご覧ください。

賃貸のお部屋探しで「掘り出し物件」が見つかるのはいつ?【宅建士が回答】
「家賃が安くなる時期・掘り出し物件が多くなる時期など、賃貸のお部屋探しにおすすめの時期はいつですか?」という質問に宅建士が回答。掘り出し物件の見つけ方も教えます。お部屋探しにおすすめの時期は、6~8月。おすすめな理由は、引越しをする人が少ないから。空室を早く埋めたいと思う大家さん・オーナーには、家賃交渉や初期費用の交渉もしやすくなります。不動産業者も、忙しいときと余裕のあるときの対応は違います。 ではそんな6~8月に掘り出し物件を見つける方法とは…?カーサミアの宅建士が一人暮らし女性の質問にお答えします。
物件の内見におすすめの時間帯は?チェックポイントは?【宅建士解説】
「しっかり内見(内覧)しましょう」とよく聞きますが、内見は何時くらいに行くのがおすすめですか?また、昼と夜で見るべきポイントの違いってありますか?という質問に、カーサミア編集部の宅建士が回答します。物件に対する印象に影響する要素は、①曜日②時間帯③天気です。ですので計画を立てる際には、「①曜日 × ②時間帯」の組み合わせで、何度か物件を見に行けるように調整しましょう。曜日と時間帯の組み合わせは6パターン。といっても、すべてで不動産屋さんと一緒に室内を見る必要はありません。不動産屋さんと一緒に室内を内見するのは、家でゆっくり過ごしたい「週末×朝」と「休日×昼」がおすすめです。【確認ポイント】・周囲の騒音・部屋の外の人通りなど。また「平日×朝」と「平日×夜」に関しては、不動産屋さんの手を借りなくても大丈夫。自分でお部屋と駅の間など、周辺を歩いてみて、行きと帰りの通勤時間帯の状況をチェックしましょう。【確認ポイント】・家から駅までの実際のルートと所要時間・安全に通勤できるか・(特に夜の)通勤経路の明るさや人気(ひとけ)・交通量や街の様子 など。また、曜日・時間帯にかかわらず、ほかの居住者のライフスタイルは要チェックです。【確認ポイント】・上下左右の居住者のライフスタイル。昼夜逆転の人がいると、物音が気になったり、騒音トラブルになるケースがあります。お部屋の外からでも、可能な範囲で注目してみましょう。日常生活で大切にしたい過ごし方を中心に、「自分の大切にしたい過ごし方は、このお部屋で支障がないかな?」という視点で確認してください。また、検討しているときに雨が降ったらチャンスです。ぜひ雨の日の様子(通勤経路や近くの川の様子など)も見に行ってみてくださいね!

カーサミアでは、一人暮らしエッセイを募集中です。
現在募集中のテーマは「一人暮らしの《こだわり》インテリア」。
投稿掲載者にはAmazonギフト券600円を進呈。
ご応募お待ちしております!