賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

私の部屋は猫優先。縦スペースを有効活用して、最高の癒し空間に【一人暮らしエッセイvol.90】

一人暮らしエッセイ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「一人暮らし女性のおうちライフを快適に!」がテーマのライフスタイルマガジン「カーサミア」では、現在、一人暮らしに関するエッセイを募集しています。詳細は記事末尾をご覧ください。

スポンサーリンク

猫と一緒に、快適に暮らせる癒し空間

私は小さい頃から、猫を飼っていることが当たり前の生活をしていました。
ですから会社に就職して一人暮らしを始めることになった際も、当然のように猫を飼うことを前提に考えていました。

元々ボランティア活動をすることが好きだったこともあり、里親募集で子猫を引き取るかたちになっていたので、契約する賃貸物件もペット可を条件に探していたくらいです。

無事に、ちょうど良いペット可の賃貸物件が見つかり、引っ越しも済ませて生活に必要な家具など一式を買う準備に取り掛かることになったとき、一番意識したことは、猫を第一優先にした猫部屋のレイアウトです。

借りた物件は1DKと少し狭かったので、限られたスペースをどう活かしていくかを考えることに集中しました。私の場合、友達も少なくて家に人を招待する機会も滅多にないため、猫が暮らしやすいと感じられるようなレイアウトにしていくことを何よりも重視しました。

中でも一番こだわりを持って選び、気に入っている家具は、本棚です。猫が上まで登れるように動線が設けられているのです。
猫は習性的に高い所に登ることが大好きなので、ちゃんと通れるように足場が至るところに設置されていたり、本棚の天井の部分に穴が空いていて一番上まで登れるような構造になっているところが、すごく気に入っています。

スポンサーリンク

私は読書をすることが大好きですし、すぐに買った本が溜まってしまうので十分な置き場所が欲しい気持ちもあって大きな本棚を購入することにしました。

この本棚は、収納力だけではなく、インテリアとしてのデザイン性にも優れていて、おまけに猫も使用していけるので、すごく良い買い物ができたと思っています。

しっかりと固定ができるので倒れる心配がないですし、読書を楽しんでいる時に本棚によじ登って上の段で気持ち良さそうに日向ぼっこしている猫の姿を見るととても穏やかな気持ちになれます。

自分の趣味と猫を第一に考えた部屋のレイアウトを大切に決めていくことは正解だったと思っています。

それと、家の中全体が獣臭で覆われることは避けたかったので、消臭インテリアにもこだわって買うように心掛けました。消臭壁紙や抗菌・消臭効果の高いカーテン、気軽に洗濯できるタイルカーペットなど、ニオイ対策を完璧にしていくことができたことも、すごく満足です。

他の人から見れば独身の女性が猫中心の生活をしていることに疑問を感じたりするかもしれません。
でも私自身はそれ自体を幸せだと思っていますし、毎日仕事で疲れて精神を擦切らせている状態であっても、猫がのびのび暮らしている空間にいることは心の支えになっているのです。

こうした考えのおかげで、仕事を一生懸命頑張ることができたり、生きようとする活力が生み出されているようにも感じます。
これからも更に猫部屋のレイアウトを充実させていきたいですし、狭いスペースを有効活用して居心地の良い部屋にしていきたいと思っています。

(エッセイ投稿者:SAYA/女性/20代)

カーサミアの関連記事紹介

かさみやちゃん
かさみやちゃん

猫ちゃんと素敵に暮らしていらっしゃる様子をお送りいただき、ありがとうございました!

投稿者さまが使っていらっしゃるのも、こんな本棚でしょうか…?
とっても素敵ですね!

また、カーサミアでは、ペット可物件の中でも「猫を飼うのに適したお部屋の選び方」をご紹介しています。

動物のプロ、アニマルトレーナーの高橋ルミさんに教えていただいた記事ですので、これからペットを飼いたい方はぜひご覧くださいね。

カーサミアでは、一人暮らしエッセイを募集中です。
現在募集中のテーマは「一人暮らしの《こだわり》インテリア」。
投稿掲載者にはAmazonギフト券600円を進呈。
ご応募お待ちしております!