賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

1杯数十円のハーブティーは、余計な出費じゃない。人生の楽しみです【一人暮らしエッセイvol.10】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「一人暮らし女性のおうちライフを快適に!」がテーマのライフスタイルマガジン「カーサミア」では、一人暮らしに関するエッセイを募集しています。

カーサミアに寄せられた投稿を公開します。

スポンサーリンク

一杯のお茶でリラックス。毎日の楽しみにしている私の大切な時間

毎日仕事で忙しく、自分だけの時間を作るのはなかなか難しいです。そんな毎日を過ごしていても、私にはほっとできる時間があります。
それは、ハーブティーを飲むときです。

私は植物が大好きです。
ランチは職場の近くの公園で食べることが多いですし、週末に時間があるときには公園や植物園などに出かけるのも好きです。自宅では小さな観葉植物を育てています。

そんな植物好きが高じて、ハーブティーが大好きになりました。
ハーブティーをいれる時間は、私にとってほっとできる毎日の楽しみです。

ハーブティーといっても、ミント、カモミール、ローズヒップ、レモングラスなど、さまざまな種類があります。毎日同じものでは飽きてしまうので、ハーブ専門店でいろいろな種類を購入して、その日の気分にあわせて飲んでいます。

たとえば、緊張しているときにはカモミールティーです。
カップにティーパックをいれて、その上からお湯を注ぐと、カモミールの甘い香りが漂います。

香りをかぐだけでもリラックスできますが、お茶を飲むと温かさとカモミールの甘さでさらにリラックスします。
私はいつでも飲むのですが、特に就寝前におすすめです。

リフレッシュしたいときにはミントです。
お湯を注ぐ前からミントのスーッとする爽やかな香りがします。お湯を注ぐとさらに香りが広がって、香りだけで気分がすっきりします。
味もスーッとした感じで、たまっていた疲れが抜けていくようです。パックを捨てた後にも少し香りが残っていて、残った香りも楽しんでいます。

一人暮らしをしていると、あれやこれやと自分一人でやらなければならないことがたくさんあります。
あれをやらなきゃ、これもやらなきゃと、やることがいっぱいで頭がパンクしそうになったり、イライラしたりしてしまいます。そんなとき、ミントティーを飲むとイライラが治まり、気持ちの整理がつきます。

ほかにもローズヒップやレモングラスなど、体調に合わせて、ハーブを選んで楽しんでいます。

お茶の種類だけでなく、カップにもこだわっています。
ハーブティーには、お湯を注ぐときれいな色になるものがあります。見た目も楽しめるのです。透明なガラスのカップを使うと色を目で楽しむことができます。

専門店に行くと、いろいろな柄や大きさのカップがあって、それを見ているのも楽しいです。カップをいくつか揃えて、どれにしようかなと選ぶのも、ハーブティーを飲むときの楽しみの一つです。

もちろん、お茶がなくても人間は生きていくことはできます。
でも、それでは人生は楽しくないです。

1杯数十円ほどで飲むことができて、人生に楽しみを与えてくれるお茶。
人によっては余計な出費と思うかもしれませんが、私にとっては大切なものです。

1杯のお茶を丁寧にいれて、ゆっくりと飲む。そのたった1杯が、心にゆとりを与えてくれるのです。

(エッセイ投稿者:ちはる)

第1回読者投稿エッセイ企画は終了しました
次回の開催は、秋頃を予定しています。お楽しみに!

第1回開催概要はこちら。

一人暮らしエッセイ、新着記事はこちら

憧れのロフトつき物件。なのに、住み始めてから後悔した理由【一人暮らしエッセイvol.29】
赤いソファのある、デザイナーズマンションに憧れていた。でも現実は…【一人暮らしエッセイvol.28】
隣人と緩やかにつながり、安心して眠くなる場所、それが私の部屋【一人暮らしエッセイvol.27】
生きるための部屋から、過ごすための部屋へ。ワンルーム大改造【一人暮らしエッセイvol.26】
一人暮らし歴20年。丁寧な暮らしの楽しさに目覚めました【一人暮らしエッセイvol.25】

一人暮らしエッセイをもっと見る ≫

タイトルとURLをコピーしました