賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

白菜に黒い斑点が!正体は?食べて大丈夫?原因と正しい保存方法を解説

自炊・料理
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

白菜の芯(茎)に発生する、黒いゴマのような斑点。
これはカビ? 食べても大丈夫なの? と、心配になりますよね。

こんにちは!カーサミアライターのあんどうです。

今回は、黒い斑点が発生した白菜は食べても大丈夫なのか。そして、黒い斑点が発生する原因について解説します。

白菜の正しい保存方法と、白菜の大量消費におすすめのレシピもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

黒い斑点がある白菜、食べても大丈夫?

芯(茎)に黒い斑点が発生し始めている白菜|イメージ画像:写真AC

黒い斑点がある白菜は、食べても大丈夫なのでしょうか?
詳しく解説しますね。

【結論】黒い斑点の正体はポリフェノールなので、食べられます!

白菜に発生する黒い斑点の正体はポリフェノール|イメージ画像:写真AC

白菜にあらわれる黒い斑点の正体は、ポリフェノールです。

黒い斑点がゴマのように見えることから、「ゴマ症」と呼ばれています。
光合成が行われる時に発生するもので、病気や虫ではないのでご安心を。

ポリフェノールは植物特有の成分で、身体にいいとされる栄養素ですが、苦味や渋味の素でもあります。
そのため黒い斑点が発生すると、白菜の味は落ちると言われています。

また、ゴマ症が発生した白菜は水分も増えていて、日持ちしません。
食べても問題ありませんが、できるだけ早く食べ切るようにしましょう。

黒い斑点が発生する原因

黒い斑点は、与えられる栄養の量や気温など、白菜にストレスがかかると発生する生理現象です。

栽培時の環境に限らず、収穫後の保存環境も関係します。

また、大きく育った白菜ほど、ゴマ症が発生しやすいと言われています。

白菜の選び方

白菜に黒い斑点が発生するのは仕方ないことですが、やはり黒い斑点がない白菜の方が、美味しくて日持ちします。

持つとずっしり重みが感じられて、葉の先まで硬さがあり、巻きがしっかりしているものがおすすめです。
さらに、弾力があって、芯(茎)が白いものだとなお良しです。

古くなると切り口が盛り上がる特性があるので、カットされている白菜は、断面が平らなものを選ぶのがポイントです。

食べてはいけない白菜の見分け方

ゴマ症が発生している白菜は食べられますが、葉の縁や中心部が黒ずんでいたり、芯が茶色く変色している白菜は、腐敗が始まっています。

茶色い汁が出ていたり、酸っぱい臭いがする白菜もNGです。
食中毒になる恐れがあるので、食べずに廃棄してください。

スポンサーリンク

黒い斑点が発生しにくくなる、白菜の正しい保存方法

正しい保存方法を守って、白菜の美味しい状態を保ちましょう|イメージ画像:写真AC

白菜は本来、正しく保存すれば日持ちする野菜です。

ここでは、常温・冷蔵・冷凍、それぞれの保存方法を解説します。

常温保存の場合

白菜の保存に適した温度は0〜5℃ですので、冷蔵または冷凍保存がおすすめです。

ですが丸ごとの白菜は、冷蔵庫に入りきらないですよね。

冬場であれば、玄関やベランダなど日中も温度が上がらない涼しい場所に置いて、常温保存が可能です。

この時、丸ごとの白菜を新聞紙または紙袋で包んで、立てた状態で保存してください。

外側の葉はそのままにしておきましょう。
白菜の内側が乾燥しないよう保護する役割があります。

白菜は水分をたくさん含んでいるので、その水分をできるだけ逃さないようにするのが、美味しい状態を保つコツです。

こちらの方法で、約2〜3週間保存できます。

冷蔵保存の場合

気温が高い時期や、カットされている白菜は、冷蔵庫で保存しましょう。

冷蔵保存する場合も、白菜の切り口の乾燥を防ぐことが、鮮度を保つコツです。
カットされた白菜は、根元の芯を取って、湿らせたキッチンペーパーで覆います。

その上からラップで包むか、ジッパー付きの保存袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で立てた状態で保存してください。

冷蔵で保存できる期間は約1〜2週間です。

白菜の芯を取る理由

白菜はカットされた後も、葉の外側から中心部に栄養を送る性質があります。
そのため、芯が残っていると、外側の葉からうま味が抜けて、風味が落ちてしまいます。

保存する時は白菜の芯を取って、芯から先に使うようにしましょう。

冷凍保存の場合

白菜は、生でも茹でてからでも、約1ヶ月の間、冷凍保存が可能です。

生の場合

生の場合は、水気を拭き取って食べやすい大きさに切ってから、冷凍用保存袋に入れます。
酸化を防ぐために、空気をしっかり抜いてください。

冷凍すれば、凍ったまま料理に使えて便利です。
冷凍することで水分が抜けて火が通りやすくなり、短時間で調理できるようになるのも嬉しいポイントです。

茹でた場合

白菜を茹でるとかさが減るので、大量の白菜を保存したい場合は、茹でて冷凍保存がおすすめです。

茹で加減は、固めにしておくと後々扱いやすいですよ。

水気をしっかり切ってから、1食分ずつ小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。

凍ったまま鍋物や汁物に使えるほか、解凍して水気を絞ればおひたしやあえものにも使えます。

スポンサーリンク

白菜の大量消費におすすめレシピ

黒い斑点がたくさん発生する前に、白菜を大量消費したい!

そんな時におすすめのレシピをご紹介します。

白菜と豚バラのミルフィーユ鍋

白菜と豚バラのミルフィーユはヘルシーでボリューム満点|イメージ画像:写真AC

白菜と豚バラのミルフィーユ鍋は、鍋に白菜と豚肉を交互に重ねて敷き詰めて、水とスープの素を煮込むだけの簡単レシピです。

ヘルシーでボリュームもあって、大満足間違いなし!

白菜の浅漬け

白菜の浅漬けはごはんのお供やおつまみにピッタリ|イメージ画像:写真AC

白菜の浅漬けは、ビニール袋にカットした白菜を入れ、塩、砂糖、だしの素、鷹の爪を加えて揉み込んで、冷蔵庫で馴染ませるだけで完成です!

冷蔵庫で2〜3日保つので、ごはんのお供やおつまみに、作り置きしておくのもいいですね♪

白菜のクリーム煮

白菜のクリームは牛乳とコンソメを入れて煮込むだけと簡単|イメージ画像:写真AC

白菜のクリーム煮は、白菜を大量に消費できるだけではなく、冷蔵庫で眠っている野菜やお肉類など、余り食材のお掃除にもおすすめ。

牛乳とコンソメを入れてコトコト煮込むだけと、作り方もとっても簡単!
寒い時期に、体を温めるのにももってこいのレシピです♪

白菜に発生する黒い斑点(ゴマ症)の正体は、ポリフェノールなので食べても大丈夫です!

でも味は落ちてしまっていますし、水分も増えていて日持ちもしません。
黒い斑点があらわれたら、早めに食べ切るようにしましょう。

正しい保存方法を守れば、白菜は日持ちする野菜です。
この記事を参考に保存方法を見直して、この冬は美味しい白菜をたくさん味わってくださいね♪