賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

カレーの温め方、電子レンジで加熱ムラを防ぐ方法は?ラップは必要?

自炊・料理
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

カレーは一度にたくさん作って、保存する人も多いですよね。
冷蔵・冷凍保存が基本が基本のカレー、どのように温め直していますか?

こんにちは!カーサミアライターのあんどうです。

カレーは保存容器のまま適当にレンチンすると、ぬるくて美味しくない上に、食中毒の原因になる恐れも…。

今回は、カレーのおすすめの温め方と、電子レンジでもしっかり加熱するポイントをご紹介します。

カレー好きのみなさん、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

保存していたカレーのおすすめの温め方と注意点

カレーのような煮込み料理を鍋のまま常温で放置すると、食中毒の原因となるウェルシュ菌が発生しやすくなります。

カレーは冷蔵・冷凍保存が基本です。
正しいカレーの保存方法は、こちらの記事を参考にしてください。

カレーの正しい保存方法は?常温は危険!正しい冷蔵・冷凍保存方法
ご飯にかけるだけでご馳走になるカレーは、一人暮らしの強い味方!でもたくさん作って、鍋のまま常温で放置するのはNGです。今回はカレーの常温保存が危険な理由と、正しい保存方法を解説します。「一晩寝かせたカレーは美味しい」とよく言いますが、鍋に入れたまま放置するのが危険な理由は、ウェルシュ菌による食中毒に注意が必要だから。ウェルシュ菌は、土や水、人間や動物の腸内など自然界に幅広く生息し、食中毒を引き起こす細菌です。食肉、魚介類、野菜類を使った、カレーや煮物、シチューなど、一度にたくさん作る「煮込み料理」を、加熱調理後に鍋のまま放置することで増殖します。ウェルシュ菌には、酸素がある環境では増殖しないという特性がありますが、とろみが強いカレーのような料理を底が深い鍋で作ると、鍋底の酸素濃度が低くなり、増殖しやすくなるのです。加熱調理後、カレーが冷めて55℃以下になると、ウェルシュ菌が増殖をはじめます。早めに食べ切るか、すぐに粗熱をとって冷蔵庫または冷凍庫で保存しましょう。ウェルシュ菌が一度「芽胞」を作ると、通常の加熱では死滅させることができなくなります。調理中は鍋底にも空気を送るよう意識して、底から大きくかき混ぜながら加熱しましょう(参考:食品安全委員会 ファクトシート ウエルシュ菌食中毒)。最後に、カレーの正しい保存方法と、日持ちする期間について解説します。カレーを保存する場合は、調理後すぐに粗熱をとる必要があります。鍋のまま冷ますなら、カレーを酸素に触れさせるために、鍋底からしっかりかき混ぜましょう。できるだけ早く温度を下げたいので、氷を入れたボウルに鍋ごと浸すのもいいですね。かき混ぜながら冷ますのが面倒な場合は、平たいバットなどの容器にカレーを広げて冷まします。粗熱が取れたら、保存容器やジップ付き保存袋に小分けにします。保存容器は、1食分ずつ入れられる小ぶりなものがおすすめ。ジップ付き保存袋を使う場合は、カレーを入れた後、できるだけ平たくするのがポイント。空気はしっかり抜いて密封してくださいね。冷蔵保存できる期間は最長3日です。カレーを長期保存するなら、冷凍保存一択。冷蔵よりも菌が繁殖しにくく、比較的安心です。保存できる期間は約1ヶ月。ですが風味は落ちていくので、早めに食べてくださいね。じゃがいもや人参などの根菜は、冷凍すると水分が抜けて食感が悪くなってしまいます。根菜類を使用している場合は、取り除いてから保存容器に入れるのが、カレーを美味しく冷凍保存するコツです。

ここでは、冷蔵・冷凍で保存していたカレーの、おすすめの温め方をご紹介します。

カレーの温め直しは「鍋」がおすすめ

カレーの温め直しは「鍋」がおすすめ|イメージ画像:写真AC

カレーの温め方で、一番のおすすめは鍋です。

冷蔵保存していた場合はそのまま、冷凍保存していた場合は冷蔵庫で自然解凍してから鍋に移し、加熱します。

弱火でゆっくりかき混ぜながら、カレー全体にしっかりと火を通してください。

カレーは粘度が高くて冷めにくいので細菌が発生しやすく、どんなに気をつけて冷蔵・冷凍保存しても、腐ってしまうことがあります。
鍋で温め直しをすれば、見た目やニオイなどでカレーの状態を確認できるので、より安心です。

カレーを焦がさず鍋で温めるコツ

鍋で温め直しをすると焦げついちゃう!

そんな時は、事前に鍋で水や牛乳などを温めておいて、そこにカレーを入れ、溶かすように加熱してみてください。

冷えて固まっているカレーの油分がなめらかになり、かき混ぜやすくなります。

鍋をかき混ぜるのが面倒な人は…

かき混ぜ機能のついた電気調理鍋で温める方法もあります。

電気調理鍋は「朝セットして、夜にできたてが食べられる」と魅力が語られることが多いですが、大鍋で作る派にとっても、温め直しに活用できます。

「温めている間に、ちょっとお風呂へ」といった使い方ができるのは便利ですよ。

一番簡単なのは「湯煎」

カレーを「湯煎もできる保存袋」に入れて冷蔵・冷凍していた場合は、そのまま湯煎にかけて温めることができます。

中が熱々になるまで、しっかり加熱しましょう。
うっかり袋を焦がさないよう、注意してくださいね。

鍋や保存用器を洗う必要がなく、片付けが圧倒的に楽なので、ズボラさんにもってこいの保存方法&温め方は、湯煎かもしれません。

「電子レンジ」での加熱はダメ?

1食分だけカレーを鍋で温め直すのはめんどくさい!
そんな時は電子レンジを使うのが一番楽でいいですよね。

でも、電子レンジには加熱ムラが起こりやすいという弱点があります。

食中毒の原因となるウェルシュ菌には、約55℃で繁殖するという性質があるため、中途半端な加熱では増殖を助長してしまうことも…。
そのため、加熱ムラが起こりやすい電子レンジは、カレーの温めに向きません。

では、カレーの温め直しに電子レンジを使ってはいけないのでしょうか?

このあと、電子レンジでも加熱ムラを極力防いで、カレーを温める方法を模索していきます!

スポンサーリンク

電子レンジでも加熱ムラを極力防ぐ、カレーの温め方

電子レンジで加熱ムラなくカレーを温めるポイントとは|イメージ画像:イラストAC

電子レンジはカレーの温め直しに向かないとはいえ、しっかり加熱する手立てはあります。

そこで、食品安全委員会の発表している「電子レンジによる加熱の特性(カレー)」についての実験の結果を元に、電子レンジでも加熱ムラを極力防ぐ、カレーの温め方を解説します。

カレーを電子レンジで温めるとき、容器の形や、ごはんとの盛り付け方で温まりやすさが変わるのか? など、加熱ムラを改善する具体的な方法もご紹介します。

実験は常温のレトルトカレーで行われているので、冷蔵・冷凍していたカレーだと、さらに加熱に時間がかかることが予想されますが、参考にしてくださいね。

実験の条件

  • レトルトカレー(咖喱屋カレー中辛、ハウス食品)を使用。1人前は200gで、製品に記載されている加熱目安時間は500Wで2分間だった
  • 電子レンジ及び加熱条件は500W、加熱時間は3分間
  • 表面温度の測定は30秒間〜2分間
  • 内部温度の測定は3分間で、温度測定位置は以下の画像の通り
カレーを小分けして再加熱した際のカレー内部の温度測定位置|出典:電子レンジによる加熱(カレー)(内閣省)

容器の形やラップの有無で、温まり方はほぼ変わらない

カレーを容器に入れた様子|出典:電子レンジによる加熱(カレー)(内閣府)

ラップ(蓋)をせず、カレーを電子レンジで温める実験では、角形と丸型の2種類の保存容器を使用。

結果、どちらの形でも、容器の端の部分から温まり始めることがわかりました。

容器の形状及びラップの有無の違いがカレーの表面温度の変化に及ぼす影響|出典:電子レンジによる加熱(カレー)(内閣府)
かさみやちゃん
かさみやちゃん

電子レンジだと、カレーの中心部がなかなか温まらないのは、実感としてわかります…!

では、ラップをかけた時とかけなかった時で、加熱ムラの起こり方に違いはあるのでしょうか?

「ラップあり」の実験は角型容器で実施。
結果、ラップありの場合も、表面は端の部分から先に温まっています。

また、加熱1分30秒の時点で、ラップをしていない方は中央の温度が最も低くなり、端の部分との温度差が大きくなることがわかりました。

また、角型も丸型も、ラップ有りでも、実験の度に温まり方にばらつきが生じたそうです。

カレーのように食塩を含んでいて、粘度が高い食品の温まり方は毎回異なるので、加熱ムラが起こりやすく、全体を均等に温めるのは難しいということですね。

小分けするとどうなる?

200gのカレーを2つの容器に分けて、加熱するとどうでしょうか。

この場合も角から早く温まり、中はなかなか温まらなかったそうです。
小分けにしても加熱ムラは改善されないということですね。

加熱途中でのかき混ぜは加熱ムラ改善に有効

電子レンジで加熱している途中で取り出して、全体の温度が均一になるまでかき混ぜて、再び加熱して…を繰り返す実験が行われました。

まず500Wで80秒間加熱して温度を測定。
この時点では、角型容器の角の部分の温度が100℃を超えていても、中央部はほとんど温度が上がらない状態です。

かき混ぜると、全体の温度は55℃付近まで下がったそうです。

再加熱すると、角の部分の温度の上昇は相変わらず早いものの、中心部との温度差は初回よりも小さくなり、全体的に温まったという結果に。

Q
電子レンジでカレーを温めるコツは?
A

食品安全委員会の実験によると「500wで80秒→全体をかき混ぜて再加熱」を繰り返すことが、加熱ムラ改善に有効です!

ラップ(蓋)の有無については、あった方が少しだけ中心部が温まりやすい傾向がありますが、加熱ムラをなくせるほどではありません。
また容器の形は、丸型でも角形でも大差ありません。

ご飯と一緒に盛り付けての温めは加熱ムラの原因に

冷やご飯とカレーを、一緒に温めちゃえ!…気持ちは分かりますが、加熱ムラの原因に|イメージ画像:写真AC

保存していたご飯もどうせ温めるなら、カレーをかけた状態で一緒に温めちゃえ!

少しでも時短したい気持ちはわかります。
でも加熱ムラは大丈夫なのでしょうか?

ごはんとカレーを、同時に電子レンジで温めた時の加熱ムラを測る実験が行われました。

条件

  • 室温のご飯 150g
  • カレー 200g
  • ラップあり
  • 500Wで5分加熱

まず、カレーライスでお馴染みの半月型盛りは、ご飯全体とカレーの縁の部分は早く温まるのに対して、カレーの中央部分は4分間加熱しても50℃近くにしかならず、低いままだったそうです。

半月型の盛り方のカレーライスの表面温度の変化|出典:電子レンジによる加熱(カレー)(内閣府)

半月型の結果を踏まえ、ご飯の位置を変えて温めてみることに。

なんと、半月型以外にも5種類の盛り付け方が実験されました。

カレーライスの盛り方|出典:電子レンジによる加熱(カレー)(内閣府)

こんなに色々な盛り付け方を試してみたら、ひとつぐらいは満遍なく温まるのでは?と思ったのですが…

しかし、どの盛り付け方の結果も、カレー自体の温度差が小さくなることはありませんでした。

カレーを分割した盛り方のカレーライスの表面温度の変化|出典:電子レンジによる加熱(カレー)(内閣府)
全体まぶしの盛り方のカレーライスの表面温度の変化|出典:電子レンジによる加熱(カレー)(内閣府)

ご飯自体の再加熱後の温度差は非常に小さく、比較的短時間で温まるのに対して、カレーが温まるのは遅く加熱ムラが起こりやすいので、加熱時間を増やしても、ご飯とカレーの温度差は広まるばかりです

Q
電子レンジで、カレーとご飯を一緒に温めてもいい?
A

ご飯とカレーは別々に温めるべし!

長めに加熱しても、カレーの加熱ムラが改善されません。また、ご飯とカレーの盛り付け方を工夫しても、温度差が縮まることはありません。