賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

Beautiful Iran③~マースレー村とイランのご飯【チャイ処キングのナマステな日々】

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ナマステ~

やっと冬らしく寒くなりましたね
節分も立春も越えてから寒くなるなんて、温暖化すぎるだろ・・と思いますが

これだけ寒くなると、今回書こうとしてた「マースレー村」がピッタリきます

イランの北西に位置するマースレー村に行ったのは2015年の冬でした

マースレー村が見えてきた

めっちゃくちゃ寒くて雪も降ってて・・・

それでも行ってみたかったこの村のおもしろいところは、

歩いてるといつの間にか人の家の屋根の上にいるという!

こんな感じ
屋根に無理して上ったわけではございません

写真のように、

いつの間にか!屋根の上に!

っていう風になっちゃうおもしろい家が連なる町なんです

高台から撮るとこうなる

屋根が道になってて、道が屋根になってる、という摩訶不思議さ

あれ?ここ人の家の屋根だ!

ふと気付くとそうなっているというわけです

段々になっております

そしてマースレー村にはもう一つお目当てがありました!

これ!!

かかかかわわわいいい~~~~!

これです、マースレー村に住むおばちゃんたちが手編みで作っている

通称「マースレー村の靴下

もう、めっちゃくちゃかわいいんです!

どこかお店で買おうと思ってたら、おばちゃんが民家から急に出てきて、

「靴下あるよ!」

って見せてくれました

おばちゃんの足元

そりゃもちろん買いましたよ

因みに赤いの買いました
私は靴下の上から履く靴下として愛用中~!

お散歩中にはイランのおじさまにも出会いました

おじさまは靴下の長いバージョン履いてました

他にも日本語を話すおじさんに出会ったりお土産屋さんに寄ったり、
なんやかんや楽しいマースレー村・・・

ただね・・・それを楽しむ余裕もないくらいこの日は寒くてですね・・・

雪も霧もものすごくて・・・

マースレー村のチャイハネ、食堂

はい、さっくり諦めてチャイハネ(茶屋)に移動です 笑

ストーブを囲んでシーシャ(水たばこ)を吸うイランのおじ様たちに交じって

ストーブで暖を取らせてもらい、心も体も溶けました~

温まったら、さてご飯

こちらイランのご飯です

お肉と焼きトマト、ご飯

前の記事でも書きましたが、イランはあまりレストラン事情がよくありません

気軽な食堂に行くと大体はこんな感じだったような・・・

美味しいんですけどね、なんせ肉と米ですからね・・・

これも肉と米と焼きトマト@テヘラン
これも・・・@エスファハーン
このパターンも・・@エスファハーン
ここでも肉と米と焼きトマト@ラシュト

そしてなぜか付いてくる生タマネギとパン
いつもタマネギ辛くて残してたよ・・申し訳ない


もしくはこんな風なファストフード

ファラフェル~!

そんなこんなで食堂行ったら肉と米
大体そんな感じで過ごしておりました

全然いいんですけどね!
でもなんだかなんとなく・・・ね

もうちょっと「イランらしい」ものが食べたいなぁと

どうやらイラン料理は家庭料理がその神髄らしく、
町中の食堂で食べられるものは、そこまで凝ったものではないんだそう

しっかり煮込んで時間をかけて作る家庭料理!
それこそが美味しいイラン料理・・

ってことで、こちらです

これぞ!煮込み料理のゴルメサブジ

友人が作ってくれたゴルメサブジでございます

こちらは肉と野菜と豆の煮込みで、少し酸味のある味が特徴です

とっても美味しかった~~~!!

因みに少しちゃんとしたレストラン行けば
煮込み料理(ホレシュテ)も食べられます

絨毯の上で食べるのがイラン流
お米の量が多いのもイラン流
フライドポテト入りもございます

煮込み料理はしっかりしたお味で美味しかったなぁ~

ホレシュテというのが煮込み(=シチュー)という意味で、イランには色んなホレシュテがありました


しかし!
そんな中!

私がイランで食べたもので特別に印象に残ってるのはこちらです

コーンとポテト~

町中のスタンドで売ってる「コーンポテトチーズ胡椒」~!!!

これめっちゃ美味しくて、世界のいろんなところでトウモロコシを食べたけど、
1番美味しい食べ方だった気がしております

キューバで食べたトウモロコシマヨネーズライムも美味しかったけどな・・・


そして前にも載せた焼き立てパン

おじさんとパン

みんながパンを小脇に抱えて歩く国、イランです

これを見てから、買い物時には袋をもらわず
エコバッグがなくても手でもって帰ればいい、という考えになりました

今でも牛乳1本くらいならそのまま持って歩きます
本当いい影響与えてくれました~


そうそう
チャイ屋ですからね、イランのチャイ事情も書いとかないと

こちらです

ノンミルクです

イランのチャイには牛乳入りません!

でもたっぷりのお砂糖で甘く致します
そのお砂糖もお店で様々

これはとっても「イランらしい」お砂糖

かわいい!なんとも言えない!

こちらの飴のスティックをチャイにいれて混ぜます

この飴ちゃんスタイルはイランでしか見なかったなぁ~


そしてイランの食べ物事情でよく覚えてるのがこちら

お菓子セット

このお菓子セットは長距離バスに乗った時に配られるセットです

ものすごい充実してんな~!って毎度思っておりました

でも時にはこんなのが配られて笑っちゃうときも・・

りんごとバナナときゅうり・・

りんごとバナナはわかる

その隣に、きゅうり!!笑

これで分かったのは、イランではきゅうりはおやつ扱いということです


以上、3回に渡ってお届けしたイランのなんやかんやでした~!



イランのことをふわふわと書く、知ってもらう

世界の色んなところに行ってみて、
色んなところで食べたものとか見てきたものとか体験したことを
ふわっと共有して、

その中の何かをきっかけに
その国に興味を持ってくれる人がいたらいいなぁ~

そんなことを思いつつ、今回は終わりにしたいと思います
次は何を書こうかな

タイトルとURLをコピーしました