賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

食器棚は、使いやすさ重視。お皿・レンジ・炊飯器…新発想で最適に収納

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

食器棚って、毎日使うものですが、なかなか買い換えないですよね。私も、昔の家で買ったものを引っ越し後もずっと使い続けていました。でも、引き出しのレールなどにガタがきているし、家電置場が使いづらいことも不満。

そろそろ使い勝手のいいものに買い替えたいなぁ…と思っていたところ、すてきな食器棚を見つけました。

こんにちは、カーサミア編集部です。一人暮らし女性の暮らしに役立つ情報を発信しています。

今日ご紹介する食器棚は、既存のスタイルにとらわれない、本当に使いやすい食器棚、MEIJI(メイジ)どんなふうに新しいのか、じっくりご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

今のダイニングシーンにフィットする食器棚。既存のサイズ感にとらわれない、使いやすい組み合わせに。

株式会社関家具のオリジナル家具ブランド「NIPPONAIRE(ニッポネア)」から発売された、既存のスタイルにとらわれない、本当に使いやすい食器棚「MEIJI(メイジ)」。

NIPPONAIREは、日本全国の家具メーカーをつなぎ、商品を企画することで、国産家具を日本中にとどけることを目的としたオリジナルプロダクトなんですって。

メイジは、使う場所、収めるものに想像力を膨らませ、現代のダイニングシーンにフィットすることにこだわって作られています。

その使いやすさをご紹介しますね。

スポンサーリンク

既存の食器棚と「メイジ」の違い

よくある既存の食器棚

定番の食器棚のイメージ|イメージ画像:イラストACをベースに編集部でアレンジ

いまある定番の食器棚は、上台と下台で「上下」に分かれています。

上台の扉は横につながり、その下のオープンスペースに家電などを置ける設計となっています。下台は、炊飯器を置くスペースを備えているモデルがスタンダードな設計です。

オープンスペースに様々なキッチン家電を置くことができ、作業スペースとして使うことができます。カウンタートップの高さは、85~90センチくらいが定番。

メインの収納は、上台の扉内部と、下台の引き出しです。

収納の位置が新しい「メイジ」

上下に分かれていた既存の食器棚に対して、メイジは「左右」で分けて考えなおすことで、理想の使いやすさを実現しました。

上部収納はコンパクト

上部収納はとってもコンパクト。

その理由は単純に「高いところにある収納は取り辛いから」だそうです。

上部収納は、普段使いしないけど必要な、ちょっとしたものを置くのには十分なサイズです。

見やすい高さの収納が充実

上部収納を減らした分は、見やすく使いやすい高さの、サイドの収納スペースに集約しています。

収めた食器が一望できるため、既存のモデルに比べて、とっても使いやすいそう。30センチを超える大皿も収納可能で、スペース以上に高い収納力をもっているそうです。

ちなみにこちらの画像は、下部にダストボックスを配置するスペースを設けたタイプです。最初に紹介したような、サイドの下部まで収納になっているタイプと2種類から選べるんですよ。

家電置き場は、既存のものより少し高め

電子レンジ置き場

電子レンジなどを置くスペースは、既存モデルが85~90センチに対して、117センチという高さで設計されています。

これは開発者が「電子レンジを最も使っている場所=コンビニエンスストア」で使われている位置から着想を得たものなんですって。上部収納を削ることで、より使いやすい高さにセッティングできています。

炊飯器置き場

さらに、レンジ位置が高くなることで、スライドカウンター部分の高さもあがりました。炊飯器からご飯をよそうときも、腰をまげずに使えるんです。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

既存の食器棚のスライドカウンターは、炊飯器しか置けないサイズだったので、ここに複数の家電を置けるのも魅力的です!

下部の引き出しは重いものもOK

下部の引出には、ヘティヒ社のソフトクローズレールを使用しているため、重たい鍋などをいれても、スムーズに開閉が可能だそうです。

スポンサーリンク

商品詳細

サイズは2サイズ

  • 幅1260 × 奥行452 × 高さ1800mm、
  • 幅1470 × 奥行452 × 高さ1800mm

カラーは2色

  • ウォールナット
  • ホワイトオーク

それぞれ、サイドが下まで収納のタイプと、ダストスペースありのタイプがありますよ。

価格は公式サイトの商品ページをご覧ください。

▶商品ページ https://tabroom.jp/storage/kitchen-board/itm0058867/

スポンサーリンク

NIPPONAIRE【ニッポネア】について

家具産地・福岡県大川市を拠点にする関家具が展開する、日本製にこだわったオリジナル家具のブランド。『家具卸売業日本一』として培ったノウハウから、日本全国の家具産地を結び、各メーカーの得意分野の商品を企画しています。

高いクオリティと、ユーザーにも伝わるデザインでオールジャンルの国産家具を販売しています。

BRAND CONCEPT

⽇本の「モノづくり」は、世界から高い評価を得ています。
海外にも認められる「モノ」を作り出しているのは、⼩さな⼯場や、⼀⼈の職⼈であることが多いです。

その中には、⽬を⾒張るような意匠、品質、機能を持ちながら、まだ世の中には気付かれていないものも、多くあります。

今⽇、誇るべき「⽇本のモノづくり」は国内に散開しています。
多様な「モノづくり」をつなぎ、全国に、そして世界に届けることがニッポネアの使命です。

◇公式HP及びSNS

収納の位置や家電置き場にこだわって設計された、とっても使いやすそうな食器棚「メイジ」。

公式HPを見たところ、国産家具だけあってそれなりのお値段です。でも毎日使うものですし、いいものを長く使うスタイルなら「アリ」だと思いました。

食器棚の買い替えを検討するときは、ぜひ「メイジ」も選択肢に入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました