賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

芽が出た玉ねぎ、食べられる?芽の取り方や発芽を防ぐ保存方法を解説

自炊・料理
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

この記事では、芽が出た玉ねぎは食べても大丈夫?という疑問にお答えし、発芽した芽の取り方や、玉ねぎの正しい保存方法を解説します。

こんにちは、カーサミアライターのあんどうです。

野菜によっては芽に毒性があります。じゃがいもの芽を食べてはいけないことは有名ですが、玉ねぎも危ないのかな…?と不安になりますよね。

常備野菜としても優秀な玉ねぎの芽について理解して、フードロスを防ぎたい方は最後までチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

【結論】芽が出た玉ねぎは、食べても大丈夫!

玉ねぎの芽は、正常な発育によるものなので食べても大丈夫です。|イメージ画像:写真AC

玉ねぎの中心部分にある芯が伸びると、芽になります。

正常な発育によるもので毒性はないため、玉ねぎ自体も、「芽」も食べて大丈夫です!

ただし、発芽してすぐなら風味は変わりませんが、伸びすぎると栄養が芽に取られてしまい、風味が落ちてしまうので注意が必要です。

かなり芽が伸びてしまった玉ねぎは、甘みが抜けて渋みや苦味を感じることがあるため、生食は避けた方が無難です。

また、玉ねぎから汁が出ていたり、異臭がしたりしている場合は腐敗しています。
食べずに廃棄してください。

スポンサーリンク

玉ねぎの芽の取り方

芽を取る時は、赤く囲んだ部分の芯と芽ごとくり抜きます。

玉ねぎの芽は食べられますが、放置して伸ばし放題にしていると風味が落ちていくので、気づいた時に芽をとっておきましょう。

取り方は、まず玉ねぎを縦半分にカットしてから、中心部分の芯の部分を芽ごとくり抜きます。

取り除いた玉ねぎの芽と芯は、スープや味噌汁などの薬味にしたり、炒め物などに使用して美味しく食べられます。

スポンサーリンク

玉ねぎの芽を出にくくする保存方法

玉ねぎの保存に適した温度は、1〜15℃とされています。

風通しがよく湿気の少ない冷暗所や、冷蔵庫の野菜室が理想的です。

ここでは、常温保存の場合と冷蔵保存の場合、そしてカットした玉ねぎの保存方法について解説します。

常温保存の場合

常温の場合、密閉された袋や容器は湿気を溜めやすく、傷みを早める可能性があるため、通気性のある袋(ネットなど)やバスケットなどに入れて保存します。

約2ヶ月程度保存可能です。

冷蔵保存の場合

冷蔵庫の場合、キッチンペーパーなどに包んでから野菜室で保存します。

約1ヶ月程度保存可能です。

ただし、りんごなどエチレンガスを発するものと一緒に保管すると、玉ねぎの芽の発芽を促進してしまうため、一緒にしないように注意してください。

カットした玉ねぎの保存方法

芽をとるためにカットしたもののすぐには使わない時は、切り口の部分にしっかりとラップをしてから冷蔵庫の野菜室へ入れます。

丸ごと保存する時と比べて保存できる期間は約2週間と短いので、早めに使い切ってください。

Q
芽が出た玉ねぎは食べても大丈夫?
A

玉ねぎの中心部分である芯が伸びると、芽になります。毒性はないため、玉ねぎ本体も芽も食べて問題ありません。

ただし、芽が少し出始めたくらいなら気になりませんが、伸びすぎると栄養が芽に取られて風味が落ちてしまいます。

芽が出始めたら取り除いて、正しい保存方法で保管してください。

玉ねぎが一枚だけ茶色に...。変色した部分、避けて食べても大丈夫?
包丁で玉ねぎを切ったら、真ん中が一枚茶色くなっていた!なんて、びっくりしますよね。でも他の部分は白いまま。全部捨ててしまうのはもったいない気がします。茶色く変色した部分を取り除けば食べても大丈夫なのでしょうか。茶色く変色した玉ねぎは、ずばり、食べない方がいいです。茶色く変色した部分が少量なら、取り除いて食べられなくもありませんが、味が落ちていておいしくありません。一部分だけ腐っている状態なので、とっても残念ですが涙を飲んで捨てた方がよいでしょう。そうとわかっていても使いたいんだ!という場合は、変色した部分を取り除いた上で必ず加熱調理してください。ただし、腐敗臭がしたり、汁が出たりしているものは絶対にダメです。お腹を壊すと大変なので、食べないようにしてくださいね。玉ねぎが茶色く変色するのは、何が原因なのでしょうか。買った時から不良の場合と、通常の痛みが進行した場合とがあるようです。それぞれを詳しくみていきましょう。【買った時から不良があった場合】玉ねぎは生育期間や収穫後に雨風にさらされることで、傷がついたり皮の内側(葉)の部分に雨水が入ってしまったりして、そこから腐敗病や芯腐病といった原因菌に侵されてしまいます。スーパーで買ってすぐの玉ねぎなのに、カットすると茶色く変色してしまっていた!という場合は、この原因菌の仕業であることが多いです。お店によって対応は異なりますが、買ってすぐであれば交換してくれることもありますので、相談してみるとよいでしょう。また、買う時に新鮮な玉ねぎを選ぶようにするとハズレを引く可能性を下げられます。【自宅での保存状態がよくなかった場合】玉ねぎは高温多湿に弱い野菜なので、自宅での保存状態も注意が必要です。買ってきた袋のまま冷蔵庫に入れて保管している方が多いかもしれませんが、本来は風通しが良く直射日光の当たらない場所で常温保存がベストです。また、まとめて保管していた場合、茶色く変色した玉ねぎがあると他の玉ねぎにも傷みが拡がってしまいます。傷んでいる玉ねぎを発見したら、すぐに処分しましょう。保存方法に気をつければ、通常の傷みの進行は遅らせることができます。日持ちする玉ねぎは一人暮らしの強い味方です。この記事の玉ねぎを選ぶポイントと保存方法を活用して、新鮮で美味しい玉ねぎをいろんな料理で楽しんでくださいね!

タマネギに黒い粉が…カビ?洗って食べても大丈夫?
タマネギの皮や表面にススのような黒い粉が付いていて、食べれるかどうか迷った経験はありませんか?この記事では、黒い粉が付いたタマネギは食べても大丈夫なのか、食べられないタマネギの見分け方やタマネギを長持ちさせる保存方法を紹介していきます。タマネギの黒い粉の正体は、カビの一種で黒カビ病の黒い胞子です。カビ自体は表皮に発生し、内側の白い部分(食べる部分)まで黒くなることはほとんどありません。表皮の内側に発生したものが白い部分に付着することはあっても、食べる部分まで侵食することはほぼないようです。カビが付着していると腐っているのではないか、身体に悪いのではないかと心配になりますよね。黒カビは表皮に付着するのが一般的なので、皮を剥いて調理する分には問題ありません。皮の中、白い部分の表面にまで黒カビが付着していたとしても部分的に取り除いて使うことは出来ます。タマネギには殺菌作用の強い硫化アリルが含まれているので、傷が付いていない限りタマネギの実の部分まで浸透することはないと言われています。表面に黒カビが付着したタマネギを見つけたら、早めに隔離し、中まで広がっていないか確認し、早めに使い切るようにしましょう!ただし、内部まで黒く変色している場合は、腐敗している可能性が高く食べない方が良いでしょう。全体的に水っぽくヌルヌルしている、触ると崩れる、茶色に変色している、芯の部分が黒く変色している、異臭がするなど、タマネギを腐らせてしまった場合は、速やかに処分し、保存していた場所や容器をアルコールで除菌するようにしましょう。続いて、タマネギの黒カビ発生を予防する保存方法を紹介していきます。タマネギは高温多湿の状態で保存すると、黒カビが発生しやすくなります。風通しが良く、直射日光が当たらない乾燥した場所で保存すると良いでしょう。風通しの良い冷暗所で保存するのにオススメなのが、ネットやストッキングで吊るす方法です。私はダイソーでネットバッグを購入して、キッチンラックにS字フックを引っ掛けて吊るして保存するようにしています!ネットで吊るす丁度良い場所がない場合、新聞紙で包んでおくと湿気を吸い取ってくれて長持ちします。新聞紙がない場合はキッチンペーパーで代用も可能ですよ。タマネギは冷蔵庫に入れず、基本的には常温保存でOKです。ただし蒸し暑い夏場は、湿度の低い冷蔵室へ保存した方が良いでしょう。また、使いかけのタマネギは傷みやすいため、切り口が空気に触れないようにぴったりとラップをして冷蔵室に入れて早めに使い切るようにしましょう。