賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

台風・豪雨が来たら~避難所に行く?家にいる?判断基準と注意点【一人暮らし女性の風水害対策③】

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

台風や豪雨の風水害に襲われたとき、一人暮らし女性のみなさんが気になるのは「避難するかどうか」ですよね。避難指示が出てからでは遅い場合もあるので、情報を集めて自分で判断することが大切です。
この記事では情報の集め方をはじめ、避難するしないに関わらず、当日の過ごし方で注意することをまとめています。

みなさんこんにちは、カーサミアライターのえなです。防災士という防災系の資格保有者である私が、防災に関する疑問を解決していきます!

今回は、台風などの風水害に関する知識や対策に関して、3記事に渡り紹介していきます。連載3回目となるこの記事では、風水害の正しい知識や事前の対策とともに大切な、風水害当日の過ごし方や避難について紹介します。

いざという時に安全に行動が取れるよう、当日の過ごし方や避難について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

風水害当日の過ごし方

風水害当日の外出は危険がともなう|イメージ画像:イラストAC
かさみやちゃん
かさみやちゃん

台風・大雨・ゲリラ豪雨などの風水害にあってしまった際、一人暮らし女性はどう対処したらいいのでしょうか?

かさみやちゃん
かさみやちゃん

ここでは、当日の過ごし方について紹介していきます。

災害の情報を確認する

当日絶対に行ってもらいたいのが、災害情報の確認です。災害情報では、被害状況や避難状況を確認できるため、今後どのように行動すればよいのかがわかります。事前に、自分に降りかかる危険を察知することもできますね。

災害情報は、TVインターネットラジオなどで確認が可能です。

▼活用できるサイトの一例

【正確な災害情報】
気象庁HP
国土交通省防災情報提供センター ※携帯用
NHKニュース
気象会社の情報提供サービス
都道府県や市町村の情報提供サービス

【リアルタイムの災害情報】
・TwitterなどのSNS
(「地域名・災害種別」などで検索)

※SNSで情報を入手する際には、真実でない情報が紛れている可能性があるため、よく注意してください

外出は控える

風水害の際には、河川の氾濫など大雨や暴風により事故に巻き込まれる可能性があるため、一人で外出するのは危険です。不用意な用事や、コンビニなどの買い物での外出も控えるようにしましょう。

どうしても外出しなければいけない際は、道路が冠水した場合、マンホールや側溝の蓋が外れて下へ落下する危険性があることを覚えておいてください。

室内でも窓の周辺に近づかない

万が一、窓が割れるかもしれないということを想定して、当日は部屋の窓の近くでは過ごさないようにしてください。暴風により何らかのものが飛ばされてきて、勢いよく窓にぶつかるという可能性も考えられます。

エレベーターは使わない

停電が起こってしまった場合、エレベーターが動かなくなり、閉じ込められる可能性があります。そのため、マンションなどの建物内を移動する際には、階段を使用するようにしてください。

地下や地面より低い場所には行かない

地下などの地面より低い場所は、大雨やゲリラ豪雨により冠水する可能性があります。また地下室などは、水圧で扉が開かなくなる危険性も。そのため、2階以上の安全な建物に避難することが望ましいです。

浸水した場合、水がひざ下に届くまでに避難する

浸水してしまった際に歩行可能なのはひざ下までの水位と言われています。

ですが女性の場合は、水がひざ下よりも低かったとしても強い流れだと歩行できない可能性があり危険です。少しの浸水なら大丈夫と思わずに、速やかに高台や安全な建物へ避難が必要です。

スポンサーリンク

風水害とともに気をつけるべき災害

風水害とともに雷などの災害にも気をつける必要がある|イメージ画像:イラストAC

大雨や暴風などの風水害とあわせて、気をつけてほしい災害も紹介します。このような災害が同時に起こる可能性があることも覚えておきましょう。

落雷

大雨や暴風とともに、落雷が発生する可能性があります。以下のような場所や物に、落雷が発生しやすいため注意してください。

・木・電柱など高く突き出たもの
・傘や釣り竿などの身体より高く持っているもの
・山頂などの高い場所
・プール・ゴルフ場・海・広っぱなど開けた場所

オフィス街や街中の場合は、安全な建物の中へ避難してください。近くに建物がない場合は、車の中に避難しましょう。

土砂災害

大雨により地盤が緩むと、土砂災害が発生する危険性があります。崖にヒビが入っていたり小岩が落ちてきたり山鳴りがしている場合、土砂災害の前触れの可能性があるため避難が必要です。

土砂災害の危険性があるのは山林などがある田舎のイメージがありますが、都会であっても危険性があります。例えば東京都23区であっても、土砂災害警戒区域に指定されている場所がいくつもあるのです。

都会の場合は、土砂崩れよりもがけ崩れに注意が必要。ちょっとした斜面や、擁壁などにも中止してください。

竜巻

竜巻は季節を問わず発生しますが、7月から10月の台風シーズンの中でも特に9~10月の台風シーズンに発生しやすいです。がれきや看板など、周辺のさまざまなものが空中に巻き上げられて危険なため、安全な建物の中へ避難してください。

竜巻発生時に危険な場所・注意すべき飛散物

竜巻発生時には、以下のような場所や飛散物に気をつけてください。倒壊したり、飛んでくる可能性があります…!

◆転倒・倒壊などの危険な場所
・車庫、物置、プレハブ、トタンの建物
・電柱や木の近く(太い木でも倒壊の危険性あり)
・屋内であっても窓や壁の近くは危険
・橋の近く(橋は倒壊する危険性あり)
・河川の近く(飛ばされて流される危険性あり)
・車の中(弱い竜巻でも車が横転、強い竜巻になると空中に舞い上がり地面に叩きつけられる危険性あり)

◆注意すべき主な飛散物
・瓦やがれき
・建物や地面に設置された看板
・窓ガラスなどの破片

スポンサーリンク

避難について

警戒レベル5が発令される前の、警戒レベル3・警戒レベル4で避難が重要|イメージ画像:イラストAC

被害が大きい場合、時には避難しなければいけない場合もあります。身の安全を守りながら素早く行動できるように、風水害による危険が迫ったときどのように避難すればよいか、またいつ避難すればよいかを覚えておきましょう。

避難情報はどのように伝達されるのか

避難情報が発令された場合、市町村や消防により防災行政無線広報車で伝達が行われます。暴風や大雨により、これらの伝達が聞き取りにくい場合があるため、TV・インターネット・ラジオで情報を確認しておくことも大切です。避難情報の指示に沿って行動しましょう。

特におすすめなのがラジオ。TVやインターネットが停電などにより使えない際でも電池・ソーラー・手動で動いてくれる商品があります。「一人で災害に遭遇し、その上情報も確認できない」という不安な状態を避けるためにも、一人暮らしの女性にはラジオを一台持っておいてほしいです!

参照:避難はいつ、どこに? | 首相官邸ホームページ

避難するタイミングは

警戒レベル5が発令される前の、警戒レベル3(高齢者等避難)・警戒レベル4(避難指示)で避難することが重要です。また、これらの警戒レベルは、必ずしも段階を追って発令されるわけではないため、警戒レベル3が発令される時点や、少しでも危険を感じたら、発令を待たずに避難することが大切です。

令和3年5月20日の避難情報に関するガイドラインの改定で、「避難勧告」は廃止されました。
遅くとも「避難指示」で避難してください。

各警戒レベルに関しては、「大雨注意報・洪水警報・早期注意情報などが出たらやること一覧【一人暮らし女性の風水害対策②】」で詳しく解説しています。

参照:避難はいつ、どこに? | 首相官邸ホームページ

どこに避難すればよいのか

避難する場合、まずは市町村が指定している指定緊急避難場所に向かいましょう。指定緊急避難場所の確認は、居住エリアのハザードマップインターネットから行うことができます。

指定場所まで向かえない場合

指定緊急避難場所に向えない場合は、親戚や友人宅など近隣の安全な場所へ避難してください。また、すでに災害が発生していて立退き避難ができない場合は、その建物内で最も安全な場所に避難しましょう。

参照:避難はいつ、どこに? | 首相官邸ホームページ

避難所への避難については、下記の記事でも詳しく扱っています。

避難所に行く基準は?防災士が「避難所or家で待機」を決める場合は…
災害時、避難所へ行くよりも、できるだけ慣れ親しんだ自宅で避難生活を送りたいと考える方も多いのではないでしょうか。もちろんいざというときは避難所に行かなくてはなりませんが、慣れない地域住民との共同生活を送ったり、感染症のリスクがあったりとデメリットも想像できますよね。今回は、防災士という防災系の資格保有者である私が、「避難所or在宅避難の見極め方」とそれぞれの「メリット・デメリット」に関して紹介します。また、避難所と在宅避難のどちらの避難方法も選択できる場合、自分がどちらの避難方法を取るのかも事前に決めて準備しておきましょう。質問「避難所へ行った方がいい災害と、家で待機してもいい災害とを教えてほしいです。避難所生活は気を張るものだろうと思いますし、できれば避けたいですが、命には変えられないので…。家で待機するのは危険な場合がわかっていると安心だと思いました。」災害時に、避難所に行くべきかそれとも在宅避難するべきかを見極めるための方法を紹介していきます。■見極め方1 自宅や隣家の危険度を確認:まず、自宅や隣家の危険度を確認しましょう。地震の場合は、自宅の損壊の大きさや倒壊の危険性がないかなど自宅の被害状況を確認しましょう。また、隣家で火事や倒壊の被害がある場合、自宅に影響はないかも確認しましょう。台風・大雨の場合、浸水や土砂災害など自宅に二次災害の危険性はないか確認しましょう。自身が住む地域に「高齢者等避難」「避難指示」などの避難情報が出された場合や、ハザードマップを確認し被害が想定される場合も避難所へ避難しましょう。該当の災害に関連するハザードマップを確認し、自宅周辺で被害に遭いそうな場所がないか調べましょう。避難情報として警戒レベル3「高齢者等避難」や警戒レベル4「避難指示」が出された場合には速やかに避難行動を取りましょう。危険がないと判断できた場合には、次のステップに進んでください。■見極め方2 自宅で生活できるかを確認:自宅で生活するうえで、他人の力を借りずに、最低でも3日から1週間程度、生活できるかどうかを確認しましょう。 「避難所」と「在宅避難」のどちらの避難方法も災害時に取れる場合、自分がどちらの避難方法を選択するのか事前に決めておきましょう。避難所と在宅避難のそれぞれのデメリット・メリットを紹介しますので、自分にどちらがあっているのか判断してみてください。最後に、避難所に行く場合、在宅避難する場合に、それぞれ事前に準備しておくべきものを紹介します。災害時に避難所に行くことを考えているのであれば、飲料水や食料、着替え、貴重品、日用品など避難に必要な物を非常用持ち出し袋に用意しましょう。非常用持ち出し袋は、1日程度過ごせる必要最低限の物(一次避難用)と避難所へ長期避難する場合に必要な物(二次避難用)の2種類に分けて用意するのがおすすめです。在宅避難する場合は、最低でも3日分の食料品・水の準備を必ず行いましょう。また、ライフラインが断絶することを考え、電気・ガス・水道のライフライン代替の準備も必要です。
いざ災害!避難しなきゃ…避難所はどこに行ってもいいの?防災士が解説
外出先で被災した際に、自宅から離れた場所にある避難所を利用していいの?と思う方も多いのではないでしょうか。今回は、防災士という防災系の資格保有者である私が、「避難所はどこでも利用できるのか」に関して紹介します。災害時は、自分が住む市町村にある避難所でないと滞在できないと考える人も多いでしょう。しかし、基本的には住所などは関係なく、どこの避難所でも滞在が可能です。そのため、もし外出先で災害が発生した場合には最も近い避難所へすぐに行きましょう。自宅周辺の避難所を確認しておくことはもちろん、外出先で災害が発生した場合に備え、職場周辺・通勤経路周辺などの避難所もチェックしておいてください。避難所は、ハザードマップや各自治体HP、以下のようなサイトから確認が可能です。また、防災アプリでも避難所の確認が可能です。アプリの中には、外出先でもし現在地がわからないという場合に現在地周辺の避難所や避難場所を自動検索してくれる機能や、オフライン状況下でも地図の利用が可能なものもあります。そのため、事前にどれか一つでもいいのでアプリをダウンロードしておくことをおすすめします。また、「避難所が満員で利用できない」という場合や、「人が密集しているところが苦手」「感染症のリスクを避けたい」など避難所へ行くという選択が取れない場合や避けたい場合など何らかの理由で「避難所へ行くのは避けたい」という場合もあるでしょう。そのため、可能であれば避難所以外の避難場所も念のため検討しておきましょう。たとえば親戚や友人宅、職場、ホテルや旅館などです。また、外出先での災害も想定し、普段から防災ポーチを持ち歩いたり、職場にも防災グッズを備えておいたりすることも大切です。災害時は、自分が住んでいる市町村にある避難所だけしか利用できないわけではなく、基本的にどこの避難所でも利用が可能です。そのため、職場など普段よく外出する場所の周辺にある避難所もチェックしておきましょう。過去の記事では、「外出先で災害に遭遇し帰れなくなった場合どうすればいいのか」「外出先での地震対策」「避難所生活はどう過ごせばいいのか」なども紹介しているのであわせてご覧ください。

3記事に渡り、風水害について紹介しました。一人暮らしの女性の場合、災害時にどこに避難すればよいかを知っている方は少ないのではないでしょうか。また、居住エリアのハザードマップを確認したことがない方も多いかもしれません。

しかし、「知らない」ということが時には、自分の命を危険にさらす可能性もあります。風水害に限らず、自然災害は決して他人事ではなく、いつ自分の身に降り掛かってもおかしくないということを理解しておきましょう。

そして、いざというとき「どうしたらいいかわからない」「行動できない」とならないためにも、災害への正しい知識を持って、災害への備えや対策を行ってくださいね。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

台風・大雨・豪雨の対策、全3回でお届けしました。

連載を最初から読むなら、こちらをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました