賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

災害時の熱中症対策に…準備しておきたい防災グッズ7選【防災士解説】

防災
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

災害の影響により、時には電気やガスなどのライフラインが断絶してしまうこともあります。特に、気温や湿度が高くなる夏場にライフラインが断絶してしまった場合、エアコンや扇風機などが利用できなくなり、熱中症のリスクが高まりますよね。

こんにちは、カーサミアライターのえなです。防災士という防災系の資格保有者である私が、防災に関する疑問を解決していきます。

今回は、「災害時の熱中症対策」に関して紹介します。夏場に備えた防災グッズがまだ用意できていないという方は、ぜひ今回紹介する熱中症対策におすすめの防災グッズを参考にしてみてください。また、万が一熱中症になってしまった場合の対処法もあわせて紹介していきます。

スポンサーリンク

質問:災害時の熱中症対策に必要な防災グッズは?

夏(最高気温35℃)に災害があって停電し、エアコンが使えなくなったらどうすればいいのでしょうか。

冬はカイロや防寒着で暖かくできますが、夏の停電時に涼しくするのは難しいですよね。暑い中で部屋の片づけをするのはとても大変だと思います。準備しておくべき防災グッズを教えてください。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

熱中症はときには死に至ってしまう恐ろしい病気です。夏場の災害時に熱中症にならないためにも、必要な防災グッズを伺ってみましょう!

スポンサーリンク

回答:災害時の熱中症対策におすすめの防災グッズ7選

災害時の熱中症対策として、飲料水・塩分補給・小型扇風機・うちわ・扇子・冷却グッズ・遮熱シート・ポータブル冷蔵庫・ポータブル充電器などの防災グッズを用意しよう|イメージ画像:イラストAC

災害時の熱中症対策におすすめの防災グッズを7選紹介していきます。

普段から自宅にあるようなアイテムも含まれていますので、特別な防災グッズを購入せずとも自然と自宅に準備できているという人もいるでしょう。一度ご自身で用意している防災グッズの見直しを行ってみてください。

おすすめ防災グッズ1 飲料水

熱中症対策にはこまめな水分補給が必要なため、「水・麦茶・スポーツ飲料・経口補水液」などの飲料水を用意しておきましょう。用意する際には、500mlほどの飲み切れるサイズがおすすめです。

水は1人1日3リットル×3日分を目安に用意しておく必要があります。水は、「食材を買って、それを食べて、食べた分だけまた買い足す」というローリングストック法という備蓄方法を用いて備えるといいでしょう。

災害時に断水や停電が起きた場合、コンビニやスーパーに人が殺到し水などの飲料水が売り切れるなどして品薄になる可能性が考えられます。そのため、災害時にライフラインが断絶してから、飲料水を買いに行けばいいやとは思わずに、普段から備えておくことが大切です。

水以外にも、脱水症のための食事療法である経口補水液も用意しておきましょう。経口補水液は普通のペットボトルタイプ以外にも、ゼリータイプやパウダータイプもあるので使いやすいものを用意してください。経口補水液はあくまでも脱水症のための食事療法であるため、普通の水分補給として飲用しないように注意しましょう。

水ばかり飲んでいても塩分が補給できないため、水分・塩分・エネルギーを補給できるスポーツ飲料を用意しておくのもおすすめです。ただし、こちらも過剰な摂取は控えたほうがいいため注意しましょう。スポーツ飲料も経口補水液同様に、ゼリーや粉末タイプがあります。

水やスポーツ飲料以外の飲料水も用意したいという場合には、カフェインが含まれていない麦茶がおすすめです。紅茶や緑茶など、カフェインが含まれている飲み物には利尿作用があるため、せっかく水分補給しても体の外に出てしまいます。そのため、カフェインが含まれているものは非常時の水分補給としてはあまり適していません。

おすすめ商品

AQUARIUS(アクエリアス) コカ・コーラエアーボトル 500mlPET×24本
AQUARIUS(アクエリアス)
¥2,631 (¥110 / 本)(2024/02/29 17:06時点)

おすすめ防災グッズ2 塩分補給

熱中症対策のためには、水分だけでなく塩分も補給する必要があります。塩分補給のために、スポーツ飲料がおすすめと上記で説明しましたが、それ以外にも「塩分タブレット・塩あめ・塩分入りビスケット・塩キャラメル・塩こんぶ・梅干し・漬物」などの塩分補給ができる食べ物やお菓子を用意しておくのもおすすめです。

ただし、塩分を摂取しすぎると、かえって体調不良を招いてしまう可能性もあります。塩分摂取量は、女性の場合1日6.5gが目安と言われているため、食事から摂取する塩分量も考えながら一日の規定量を守って、水分補給とともに適度に塩分補給を行いましょう。

出典:減塩・栄養委員会|日本高血圧学会

おすすめ商品

ギンビス アスパラガス 135g×12個
ギンビス
¥2,990 (¥249 / 個)(2024/02/29 17:06時点)
森永 塩キャラメル袋 92g×6袋
森永乳業
¥2,190 (¥365 / 袋)(2024/02/29 17:06時点)

おすすめ防災グッズ3 小型扇風機・うちわ・扇子

災害の影響によりエアコンなどの冷房器具が使えない場合には、コンセントからの電気を必要としないUSB充電や電池で稼働する卓上扇風機ハンディ扇風機うちわ・扇子などで体を涼しく保つようにしましょう。

うちわ・扇子は仰ぐのに体力を使うため、特にに卓上扇風機やハンディ扇風機がおすすめです。

USB充電の場合には充電ができるようモバイルバッテリーまたはポータブル電源とUSBケーブル、電池式の場合は予備の電池をあわせて用意するようにしましょう。

また、両手を使った作業をする場合には、首に取り付けられる首掛けタイプの扇風機もおすすめです。

おすすめ商品