賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

同じ物件が違う不動産会社から出ているとき、選び方は?【宅建士解説】

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

質問:SUUMOなどで同じ物件が違う不動産会社から出ているとき、どの会社に問い合わせるのがいいですか?

同じ物件を複数の会社で取り扱っている場合…どの会社がよいのでしょうか?|引用元:SUUMO(スクリーンショットを編集部で加工)

SUUMOなどを見ると、同じ物件の情報が何件も載っていますよね。

掲載している写真や間取り図が微妙に異なっているので、最初は違う部屋かなぁと思っていたのですが、詳細情報や写真の細部を確認すると同じ部屋でした。
同じアパートの別の部屋というわけでもなく、完全に同じ部屋で、問い合わせ先の会社が違うようです。

こんなとき、どの会社を選ぶのがいいとか、ありますか?

編集部・イイダ
編集部・イイダ

同じ物件の情報が何件も出てくることってありますよね。写真や間取り図が違っていても、よく見ると同じ物件だったり。物件名が違っていても、アルファベット・カタカナの違いだったり…。

こんな場合、どの会社を選ぶのがいいんでしょうか?

編集部・イイダ
編集部・イイダ

このコーナーでは、カーサミア編集部が、みなさんの疑問・質問に答えていきます~。

実は、カーサミア編集部は全員が宅建士(おうちに関するプロ)です。

お部屋・住まい・不動産に関する一人暮らし女性の疑問に、宅建士としての立場から回答します。

スポンサーリンク

回答:掲載の仕方などから、いい会社を見抜きましょう

いい会社を見極める基準
〇 情報量が多い
〇 物件写真を自分で撮影している
〇 会社情報・担当者情報がきちんと掲載されている
〇 企業サイト(公式サイト) がちゃんとしている
〇 問い合わせへのレスポンスが早い

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

今回は私が回答します。

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

掲載の仕方などから、いい会社を見抜いて問い合わせしましょう。

不動産の検索サイト(SUUMO、HOME’S、アットホーム等の不動産ポータルサイト)では、ひとつの物件を複数の会社が掲載していることがあります。

これは、ひとつの物件(=お部屋)について、複数の会社で仲介して(=入居者募集を行って)いるためです。

※複数の業者で入居者募集ができるのは「一般媒介契約」と言います。1社のみで入居者募集をする「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」という形式もありますが、賃貸ではごくまれです。

さて、条件的にいいなと思った物件を、複数の会社で入居者募集をしていた場合。
どこの会社に問い合わせをすればいいのでしょうか?
担当者との相性があるから、実際に問い合わせて会ってみるまで分からないのでしょうか?

もちろん、最終的な相性は会うまで分からない部分もありますが、ネット上の情報だけでもある程度は「いい会社」を見極めることができます。

「いい会社」には、こんな特徴があります。

・内覧時、デメリットまできちんと説明してくれる
・ほかの物件も見たいと思ったとき、こちらの希望に沿った物件を紹介してくれる
・営業の押しが強すぎない

編集部・イイダ
編集部・イイダ

せっかく問い合わせるなら、「いい会社」にしたいですね~

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

お問い合わせをする前に「いい会社」を見分けるコツをお伝えします。

問い合わせ前にわかる!いい不動産会社はコレ

情報量が多い

詳しい情報までたくさん掲載している会社は、物件のことをよく調べているということです。

いろいろな情報が未記入だったり、「お問い合わせください」となっている会社は、情報の更新や管理が追い付いてないと考えられます。

物件写真を自分で撮影している

室内の写真まできちんと撮影されている場合は、不動産会社が自分で物件を訪れていると考えられます。

中にはオーナー(大家さん)が写真を提供しているケースもあります。複数の会社で同じ室内写真を使っている場合はこちらのケースでしょう。それでも本気で取り組んでいる会社は、撮影許可をもらって自分で撮りに行っていると思います。

一方で、外観写真だけの場合は、写真を使い回している可能性が高くなります。
(マンション名・アパート名で検索できる、外観写真専門の素材サイトもあるんですよ…)

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

画像が「間取り・外観・周辺のお店」だけの会社は、忙しすぎてひとつの物件に手をかけられない状態だと思います。

会社情報・担当者情報がきちんと掲載されている

隅々まで情報をきちんと掲載している会社は、対応も丁寧です。

企業サイトがきちんと運用されている

不動産検索サイトの中で見比べるだけではなく、不動産会社の企業サイト(公式サイト)も見てみましょう。

企業サイトがあって、きちんと更新されているところは、信頼度があがります。

問い合わせ後はここに注目

問い合わせのレスポンスの速さ・方法

レスポンスが速い会社なら、その後の相談もスムーズに進みます。

また、レスポンス方法にも注目です。メールでの返答を希望しているのにすぐに電話をかけてくるところは、営業が強めな可能性があるので、気をつけたほうがよいかと思います。

紹介できない物件だったら要注意

問い合わせた物件について
「そちらは申込が入っているので、近い物件を紹介しますね」
と言う会社は要注意です。

不動産検索サイトでは、紹介できない物件を掲載してはいけないルールになっています(いわゆる「おとり物件」です)。掲載してはいけない物件を載せている会社は、故意であってもミスであっても、いろいろな問題があると思います。

しかし、人気の高い物件や、2~3月の繁忙期などは、本当に僅差で申込が入ってしまうこともあります。判断が難しいのですが、注意して見極めてくださいね。

参考:ネットで見たのと違う物件を紹介された…これって「おとり物件」?

「いい会社」が、気になる物件を掲載していなかったら…?

余談ですが…もしも不動産検索サイトで探しているときに、

・「物件A」と「物件B」が気になって、内覧したい
・X社がよさそうだけど、「物件A」のみの掲載で、「物件B」を掲載していない

という状態になった場合は、思い切ってA社に「物件Aと物件Bを内覧したいです」と問い合わせしてみましょう。
不動産検索サイトに掲載していないだけで、X社でも案内できる場合がほとんどです。

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

不動産検索サイトへの掲載は広告料金がかかるため、紹介できるすべての物件を掲載しているわけではないんですよ。

同じ物件が違う不動産会社から出ているとき、どの不動産会社が「いい会社」か、見極める基準をご紹介しました。

ポータルサイト上の情報を見るだけでも分かることがたくさんありますよ。この記事の内容を参考に、お問い合わせをする前・お店に行く前にも、「いい会社」かどうか注目してみてください。

また、少しシチュエーションは変わりますが、不動産会社の選び方に迷ったときはこちらの記事も参考になると思います。

大手or地域密着、どの不動産会社の空室情報が早い?
「気に入った賃貸物件が見つかったのですが、現在空室がなく、空室が出た時には申込みしたい、ということを複数の不動産会社へ掛け持ちしてもいいものでしょうか?また、空室が出た時の情報入手のスピードは、大手と地域密着の不動産会社などによって違いがあるのでしょうか?」という質問に宅建士が回答します。回答:希望の物件が決まっているなら「賃貸管理会社」に連絡するのがベストです。・賃貸管理会社とは?:賃貸でお世話になる不動産会社には、大きく分けて「仲介会社」と「管理会社」の2種類の役割があります。「仲介会社」は、入居者を募集したり(広告を出したり)、賃貸借契約を締結したりが主な業務。一般の方が「不動産やさん」「不動産会社」と言って思い浮かべるのは、こちらのタイプだと思います。「管理会社」は、所有者(オーナー、大家さん)に代わって、入居者管理や建物管理を行います。現代では所有者が直接管理している物件は少数派で、ほとんどの物件では管理会社が管理を代行しています。具体的には、入居者管理としては、入居審査をしたり家賃の回収を代行したり。入居中の「水漏れが起きた」「お湯が出なくなった」「隣人の生活音がうるさい」などのトラブル・クレームへの対応も行います。また、建物管理としては、建物そのものの定期的なメンテナンス(エレベーター・浄化槽など設備の定期メンテナンス、消防設備・防犯設備の点検など)や、共有部分(駐輪場、ゴミ置き場など)の清掃、そのほか外壁や屋上の修繕や洗浄なども行っています。・空室情報が早いのは?:「管理会社」は、入居者からの、退去の申し入れも受けることになります。管理会社が退去の申し入れを受けたあと、管理会社から仲介会社に連絡して、広告掲載などの入居者募集を開始します。仲介会社は、あくまで管理会社が募集情報を出した後に知るので、最新情報といっても一歩遅れます。空室情報の入手スピードは、会社の規模によって左右されるわけではなく、「管理会社か・それ以外か」で異なるのです。・管理会社の調べ方:「○○不動産の管理物件です」のような看板が物件に設置されているケースも多いので、ぜひ現地で探してみてください。現地で管理会社が判明しない場合は、その物件の地域の不動産業者に聞けば教えてもらえますよ。ご質問いただいたように複数の不動産会社に掛け持ちで依頼することも可能ですが、他の物件を紹介されたり別の連絡が入ったりと、ご自身の負担が増えてしまうと思います。管理会社1社に絞って依頼するほうが、ご自身のストレスが少なくなると思いますよ。

みなさんも納得のいく物件探し・お部屋選びをしてくださいね。

この記事はあなたのお役に立ちましたか?    

カーサミアでは電子書籍『一人暮らしをのびのび満喫できるお部屋と出会うための、 賃貸マンション・アパートの選び方 ~賃貸の不動産会社が教えてくれない26のこと~』を販売中です。
ご購入はAmazonにて ≫

お部屋選びで失敗したくない方、ぜひご覧くださいね。



また、カーサミアでは、カーサミアクラブ会員を募集しています。

【会員特典】

(1)「内見時チェックリスト」プレゼント
宅建士女子がリアル目線で作成。一人暮らし女性のお部屋探しに役立つチェックリストです。
(2) 回答者全員にAmazonギフト券300円のアンケート実施中
役立つ記事を作るため、みなさんの「リアルな声」をうかがっています。

会員特典を詳しく知る ≫

あなたの一人暮らしが、もっとのびのび、もっとHAPPYになりますように♪

スポンサーリンク

質問募集中

かさみやちゃん
かさみやちゃん

カーサミア編集部では、おうちに関する疑問・質問を募集しています。

回答は、カーサミア編集部の宅建士(おうちに関するプロ)が行います。

不動産屋さんのお店に行くほどでもないけど気になること、お部屋探し(賃貸)に関することや、マンション購入に関すること、そのほかおうち・不動産に関して聞いてみたいこと、なんでもお送りください。

※回答は、一般論として、カーサミアの記事上でお答えします。なるべく早めに回答しますが、お時間をいただく場合もございます。お急ぎのご相談・個人の事情に応じたご相談は、カーサミア会員の個別相談をご利用ください。

カーサミアの運営元(株式会社トラスト・ファイブ)が不動産会社なので、カーサミア編集部も宅建士なんですよ!

ちなみに私たちカーサミア編集部の自己紹介はこちらです。

私たちは、一人暮らし女性が安心して暮らせるお手伝いをしたいと考えています。そのためのQ&Aなので、会員登録不要にしています。ぜひ、お気軽にご質問くださいね。

タイトルとURLをコピーしました