食費節約に白菜を!まるごと使い切りレシピ~洋風レシピ3選

食費節約に白菜を!まるごと使い切りレシピ~洋風レシピ3選

冬の時期、白菜は安くなりますが、鍋以外の使い道って意外に難しいですよね。

こんにちは。nobi-nonです^^

今回は白菜を使った節約レシピを3つご紹介します。レシピを増やして、どんどん白菜を食べちゃいましょう♪

分量は、女性1人で飽きる前に食べきりやすい量です。いずれも保存のきくメニューなので、当日に食べるだけでなく、翌日以降の夕飯にしたり、お弁当に持って行ったりしてくださいね。

【食費節約】白菜の洋風レシピ①白菜のクリーム煮

白菜のクリーム煮。寒い時期にほっと温まる一品

材料(作りやすい分量)

白菜 1/8個

ハム 4~5枚

水 100cc

コンソメ 小さじ1

牛乳 200cc

塩こしょう お好みで

作り方(所要時間10分)

①白菜は1cm幅の短冊切り、ハムは半分に切ってから1cm幅の短冊切りにします。

②鍋に水とコンソメを加え、強火で煮立たせます。

③鍋が煮立ったら、白菜とハムを加えて中火で5分ほど煮ます。

④白菜がやわらかくなったら牛乳と塩コショウを加えます。

ポイント

寒い冬にぴったりのクリーム煮。

牛乳を低脂肪乳や豆乳に変えるとヘルシーに仕上がります♪

そのままスープとして食べてももちろんおいしいですが、最後に水溶き片栗粉(水大さじ2に片栗粉大さじ1)をゆっくり加えてとろみをつけると、食べ応えUP!

賞味期限は3日くらいです。

【食費節約】白菜の洋風レシピ ②白菜コールスロー

白菜のコールスローは食感強め!

材料(作りやすい分量)

白菜 1/8個

ハム 2~3枚

コーンの缶詰 1/2個

塩 適量

酢 小さじ1

マヨネーズ 大さじ1.5

こしょう 適量

作り方(所要時間15分)

①白菜を1cm幅の短冊切りにし、塩適量(小さじ1程度)を振って10分おきます。

②白菜から水分が出たら、水気をよく絞って別な容器に白菜を移します。

③②にハム、コーン、酢、マヨネーズ、塩こしょうを加えます。

ポイント

キャベツが定番のコールスローですが、白菜で作るとしっかりした食感になって、少量でもお腹がいっぱいになりますよ♪

白菜の水分が残ると後で味がぼやけるので、①と②でしっかり白菜の水分を出し切るのがコツ。

白菜自体に塩味がついているので、最後の塩は控えめに。少量の酢が全体の味を引き締めてくれます。

賞味期限は2~3日。白菜に火を通していないので、早めに食べ切りましょう。

【食費節約】白菜の洋風レシピ③白菜のカレー炒め

ちょっとカレーを食べたいときにも嬉しい、白菜カレー炒め

材料(作りやすい分量)

白菜 1/8個

サラダ油 大さじ1

カレー粉 小さじ1/2

塩こしょう 少々

作り方(所要時間5分)

①白菜を1cm幅の短冊切りにします。

②サラダ油を熱したフライパンで白菜を炒めます。

③白菜がしんなりしたら、カレー粉と塩こしょうを加えて味を調えます。

ポイント

お弁当のちょっとしたスキマにも嬉しいこちらのレシピ。

カレー粉はカレールーでも代用できますが、その場合はカレールーを刻んでから使いましょう。

カレー粉は元々塩が入っているものと入っていないものがあります。これから購入するなら、塩が入っていないものの方が味の調節をしやすいのでおすすめです。

賞味期限は3~4日。炒めるときに白菜の水分をしっかり飛ばすのが長持ちのポイントです。

白菜は様々な味と好相性!

白菜そのものにはあまり強い味がないため、クリーム煮のような優しい味の料理でも、カレー炒めのようなスパイシーな料理でもおいしく食べることができます☆

「鍋に飽きたなぁ…」と思ったら、ぜひ参考にしてくださいね♪

まるごと買った白菜の保存法はこちら

まるごと買ったら冷蔵庫に入らない? いえいえ、無理に入れなくても大丈夫です。
そして白菜は冷凍保存もOKなんですよ!

白菜保存法はこちら。

白菜料理のレシピをもっと読む

※記事の内容は執筆時点のものになります

料理カテゴリの最新記事