賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

災害時も日常にも使える、軽量ポータブルバッテリー。すごく便利そう!

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

もうすぐ梅雨入りですね。大雨による災害も起きやすくなる時期です。防災グッズとしてポータブルバッテリーを備えておきたいと思いつつ、普段使いできないのは…と躊躇していましたが、これぞと思えるものを見つけました!

こんにちは、カーサミア編集部です。一人暮らし女性の暮らしに役立つ情報を発信しています。

今日ご紹介するのは、ランタン付きポータブルバッテリー。日常でも非日常でにも役立つ「フェーズフリー」の発想で作られているんですって。約1.7kgと比較的軽いので、電源と照明をどこにでも自由に持ち運びできますよ。

災害時はもちろん、テレワークやキャンプにも役に立ちます。その魅力をあますところなくお伝えしますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

電源と照明を自由に持ち運べる!フェーズフリー発想のポータブルバッテリー

従来、ポータブルバッテリーといえば、高容量・高出力・高重量で見た目も黒くゴツゴツしたデザインが多く、日常使いしにくいものでした。また、いざというときモバイルバッテリーの電池がなくなっていて、すぐに使用できなかった経験談も目にします。

その点、こちらのポータブルバッテリーは「電源」と「照明」の機能がコンパクトに凝縮され、日常・非日常問わず誰もが気軽に使えるように仕上げられています…!

スポンサーリンク

ランタン付きポータブルバッテリー、こんなに便利

ランタンの明かりは4段階

上部のつまみを引き上げると蛇腹ランタンに。ボタンをONにすると柔らかい明かり(電球色)に。

シーンに合わせて4段階の明かりに調整することができるそうです。

一番弱い明かりなら、なんと連続100時間点灯!

コンセントをなくして軽量化!でも高出力

一般的なポータブルバッテリーに搭載されているコンセント機能を排除することで、女性でも持ち運びやすい重量(約1.7Kg)とサイズ感になっています。

災害時に停電しても、これ1台であちこち移動させて使えるのは便利そうです。いざというときも、この重さなら、避難所に持って行けそう。

コンセントはありませんが、スマホを充電し、USB給電の扇風機を回すことができるのは役立つシーンが多いはず。

テレワークにも活用

パソコンが充電できる高出力ポート搭載しているため、テレワークにも活用できます。

販売元によると、「USB Power Delivery65W出力対応のUSB Type-C(TM)(USB-C(TM))ポートを1ポート搭載しており、USB Type-C給電対応パソコン(65W入力以下)を充電することができる」とのこと。

これでコンセントの位置から開放されるので、どこでも好きな場所でパソコンなどを使用することができますね!

自宅近くのお気に入りのカフェはコンセントを使える席がない…なんてときも、このバッテリーを持ち運べば解決。実家でテレワークしたいときにも活躍しそうです。

お部屋に馴染む色とカタチ

生活空間に違和感なく馴染む、丸みのあるデザインです。本体の表面には傷が付きにくい塗装、つまみには高級感のある半光沢のメッキ加工になっています。

少し青みのある色は、どんな空間でも重い印象を与えずインテリアと調和します。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

普段使いできるから、いざというときに充電切れしているリスクも減らせますね。

スポンサーリンク

災害時にも、アウトドアにも役立つ機能たち

ちょっとした雨にも耐えられる、IP44等級取得

蓋やキャップを閉めた状態なら、ちょっとした雨にも耐えられる「IP44等級」なんですって。朝露があったり、土埃の多い土の上に置いても問題ありません。持ち運び時に雨が降ってきた際にも安心です。

警報級の豪雨だと、防水リュックに入れていても塗れてしまう可能性もありますし、ちょっとした防水機能がついているのは魅力的だと思いました。

この機能はキャンプ時にもぴったりです。販売元は「キャンプで差がつく超軽量ランタン付ポータブルバッテリー」として売り出しています。

私はアウトドアに詳しくないのですが「テントへ持ち込めば、灯りも、充電も確保できるため配線の煩わしさから開放され、理想のテント空間を作りだすことができる」とか…。なんだかワクワクしちゃいます。

充電ポートは5ポート搭載。最大合計出力85Wまでという上限はあるものの、複数人が一緒に充電できますよ。避難所で友人と電源を分け合ったり、キャンプ仲間と一緒に充電したり、使い道が広がります。

ソーラー充電器から給電も可能

ここまでで十分にすごいのですが、さらになんと、ソーラー充電器でも充電できるんです…!晴れた日には電気を「現地調達」することができるんですよ。

セット品の105Wソーラー充電器を使うと(設置方法や季節・天候・時刻・気温によって充電時間は異なりますが)、バッテリーが空の状態から約7時間で満充電にすることが可能です。

地震などの急な災害時に、バッテリー切れで使えない…という可能性を少しでも減らせるのが魅力的。災害による停電が長期化したときにも活躍しそうです。

もちろんキャンプで連泊するときにも大活躍ですね!

スポンサーリンク

安心のエレコム。安全性の高い円筒管セルを採用

こちらのポータブルバッテリーは、IT周辺関連製品の開発、製造、販売を行っている「エレコム」から発売されています。

エレコム指定工場の安全性の高い円筒管セルを採用しているそうですよ。

6つの保護機能搭載(過充電保護、過放電保護、短絡保護、過電圧保護、過電流保護、温度検知保護)で安全性を追求した回路設計のため、安心して使用できますね。

スポンサーリンク

製品情報

〈ランタン付きポータブルバッテリー〉
一般販売予定価格:29,800円(税込)

Makuakeでの先行販売では、少しお得な早割もあるそうです。

「ランタン付きポータブルバッテリー」プロジェクトページ
URL:https://www.makuake.com/project/lantern-battery/

お届けは8月以降になるので、残念ながら今年の梅雨には間に合いません。でも台風や来年の梅雨、そしていつ来るかわからない地震への備えに…検討してみてくださいね。

この記事では、軽量なポータブルバッテリーをご紹介しました。ひとつあると、災害時にも、普段使いにも、アウトドアにも大活躍しそうです。

軽量とはいえ1.7kgあるので、私は1次避難用の非常用持ち出し袋に入れるのではなく、2次避難用にしたいと思います。でも防災リュックにしまいこむのではなく、日常使いしたい…!

日常でも非日常でにも役立つ「フェーズフリー」の発想で作られたランタン付きポータブルバッテリー、活用してくださいね。

※USB Type-C(TM) and USB-C(TM) are trademarks of USB Implementers Forum.

かさみやちゃん
かさみやちゃん

梅雨に備えて非常用持ち出し袋を見直す方は、ぜひカーサミアの防災記事もご覧くださいね。

「防災グッズ、これは買わなくてOK」防災士がいらないと思うもの9選
防災グッズはたくさんありすぎて、どれが本当に必要なものかわかりにくいですよね。高い防災グッズを買ったのに、実際には使わなかったとはなりたくないものです。今回は、防災士という防災系の資格保有者である私が、「買わなくてOKな防災グッズ」に関して紹介します。無駄な防災グッズを購入せずに、本当に必要なものだけを揃えられるよう、ぜひ防災グッズ選びの参考にしてみてください。今回、必要性が低いとご紹介するのは実際に使う機会が少なかったり、他により良いアイテムがあったり、一人暮らしの女性には不向きなグッズが多いです。「必要性が低いもの」ではありますが、すべての人にとって必要ないわけではありません。人によって異なることがあるということを前提に、防災グッズ選びの参考にしていただければと思います。・買わなくてOKな防災グッズ1 テント:避難所に行けば基本的に野外で寝泊まりすることはほとんどないため、テントの必要性は低いです。また、避難所内では広げるスペースがなかったり、避難所によってはテントの設置が禁止されていたりすることもあります。テントを用意するよりも、寝袋・エアーマットを優先して用意するのがおすすめです。・買わなくてOKな防災グッズ2 手回し系のグッズ:ラジオ、懐中電灯、充電器を用意するなら手回しよりも、通常の電池式のものや充電式のものを用意するほうがおすすめです。また、電池式を用意する際には十分な量の電池も併せて用意しましょう。・買わなくてOKな防災グッズ3 大容量ポータブル電源:高価で大容量のポータブル電源を用意するよりも、停電時でも情報収集などに欠かせないスマホだけでも利用できるように、持ち運びやすい小型のポータブル電源やモバイルバッテリーを優先して用意するのがおすすめです。・買わなくてOKな防災グッズ4 ナイフ:もし用意するのであれば、ナイフのみの機能だけではなく多機能な防災用の万能ナイフを用意するのがおすすめです。・買わなくてOKな防災グッズ5 ロープ:ロープを正しく取り扱うためには専門知識と訓練が必要です。何かを縛る目的であれば、ガムテープを優先して用意するのがおすすめです。・買わなくてOKな防災グッズ6 大容量の水:運びやすく使い切りやすい500ミリリットルを3日〜1週間程度分、優先してたくさん用意するのがおすすめです。・買わなくてOKな防災グッズ7 ローソク・マッチ/ライター:室内を明るくできるアイテムを揃えたいのであれば、電池式や充電式の懐中電灯やランタンを優先して用意するのがおすすめです。・買わなくてOKな防災グッズ8 コンパス:オフラインでも利用できる地図アプリを事前にスマホにダウンロードしておいたり、災害時に被災地で無料で利用できる「00000JAPAN」などを活用したりしましょう。東京都であれば「東京都防災アプリ」がおすすめです。・買わなくてOKな防災グッズ9 携帯用浄水器:断水に備えて十分に500ミリリットルの飲料水を用意しておくほうがいいでしょう。
タイトルとURLをコピーしました