賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

納豆のネバネバをすっきり洗い流す方法!少しの工夫で簡単ツルピカに

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

おいしくて節約の味方の納豆。手軽に食べられるのも嬉しいですよね。でも納豆を盛ったお皿やパックはネバネバ……。スポンジにも糸が引くので、洗い物で悩む人も多いのではないでしょうか。

こんにちは、カーサミアライターのいずみです。暮らしに役立つ情報を発信しています。

今回はお皿やパックに付いた納豆のネバネバを、すっきり洗い流す方法をご紹介します。ちょっとした工夫で解決するので、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

納豆のネバネバの正体

ネバネバの正体は、水溶性の物質である「ポリグルタミン酸」│イメージ画像:写真AC

納豆のネバネバの正体はポリグルタミン酸といいます。アミノ酸の一つであるグルタミン酸が結合した、水溶性の物質です。

「たくさんかき混ぜるとおいしくなる」と聞いたことはありませんか?

実はかき混ぜることでポリグルタミン酸がちぎられ、旨味成分であるグルタミン酸が一部離れて旨味を増すからなんですよ。食べるときは、しっかり混ぜてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンジをネバネバさせない!納豆が付いたお皿やパックの洗い方

ネバネバをとるには、水やお湯、お酢などで浸け置きするのが効果的│イメージ画像:写真AC

先ほどお伝えした通り、納豆のネバネバは水溶性です。水に溶けるので、洗う前に浸け置きしておくと落ちやすくなりますよ。

ちなみに、最初から洗剤を付けて洗うのは避けた方がいいでしょう。粘りが水に溶けづらくなり、ネバネバが落ちにくくなる可能性があるので注意してください。

水に浸け置く

ネバネバが付いた状態のままスポンジで洗うのはNGです。スポンジにも糸が付いてしまいます。

まず水に30分~1時間浸け、流水で流してからスポンジと洗剤を使って洗いましょう。するとお皿にネバネバが残らずつるんと洗えますよ。

お湯に浸け置く

水ではなく、お湯もおすすめです。お湯を使うと浸け置き時間を短縮できますよ。

洗い方は水の場合と同じです。試してみてくださいね。

お酢やクエン酸を使う

納豆はアルカリ性なので、お酢やクエン酸も効果的です。納豆のネバネバが付いた器に水かお湯を入れ、お酢またはクエン酸を少し加えて混ぜましょう。他のお皿を洗っている間放置し、流水で流してからスポンジで洗ってください。

お酢やクエン酸は納豆をこぼしてしまったときにも役立ちます。水に少量加えて混ぜ、スプレーボトルに入れます。そして吹きかけて拭き取れば、ヌルヌルを残さず片づけられますよ。

ラップやビニール袋でこする

浸け置き後にスポンジを使いたくないときは、流水で流しながらくしゃくしゃにしたラップやビニール袋でこするのもいいでしょう。

ビニールがネバネバを絡み取ってくれるので、簡単にツルツルになりますよ。使ったあとはそのまま捨てられるので、片付けも楽チンです。仕上げにスポンジを使って洗ってくださいね。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

納豆以外の「めんどくさくない食器の洗い方」は、こちらもご覧くださいね。

洗い物がめんどくさい!を解決するアイデア5選。節約もエコも両立♪
料理は嫌いじゃないけど、シンクに溜まった食器や調理器具を見るとゲンナリ。洗い物を後回しにすればするほど、汚れがこびりついて…。そんなめんどくさい「洗い物」が、楽になるアイデアを紹介します。ズボラ女子でも簡単にできて、水道代の節約にもなって、エコですよ。洗い物がめんどくさくなる大きな要因は、時間が経つと共に汚れがこびりついて、落としにくくなること。それを防ぐには、事前準備が大切です。まず、汚れが少ないものや、割れやすいもの、水につけておくと痛みやすい木製の食器などから、先に洗えるように仕分けします。その際は、汚れた食器を重ねて置かないようにしましょう。汚れた食器を重ねると、汚れていなかった食器の裏面にまで汚れが付着してしまい、洗う部分が増えてしまうので避けましょう。また、汚れがひどいものは、ゴムベラなどで汚れをこそげ落として、ゴミとして集めます。ご飯粒など、乾燥すると食器にこびりついて取れにくくなるものは、水につけ置きしておくと後々楽です。しかし、手間を省く以前に洗い物自体がめんどくさいなら、そもそも洗い物が出ないように工夫しましょう。紙コップや紙皿など使い捨て食器を使う方法もありますが、ここでは使い捨て食器以外の方法で、洗い物を減らすアイデアを紹介します。1.ワンプレートに盛り付ける:カフェメニューのように、ワンプレートにご飯もおかずも全部盛れば、洗い物も最小限に! 2.お皿にラップやキッチンペーパーを敷く:唐揚げなど脂っこい食べ物を盛るとき、油汚れの付着を防げます。 3.キッチンハサミを使う:キッチンハサミで食材をカットすれば、そのままフライパンや鍋に投入出来るので、まな板を汚しません。4.牛乳パックをまな板代わりにする:包丁の刃が通りやすい食材なら、牛乳パックを再利用して、まな板代わりにしてみてください。牛乳パックの裏側は撥水加工がされているので、使いやすいです。5.トレイやビニール袋を使って下拵えする:お肉に下味をつける時は、そのままお肉が入っていたトレイの上で。捏ねたり混ぜたりするときは、ビニール袋に材料を全部入れて揉み込みます。洗い物を楽にする方法、ぜひ今日から実践してくださいね!

納豆は手軽に食べられる食材ですが、片付けが面倒ですよね。でも紹介した方法を実践すれば、もうネバネバに悩む必要はありません。さっそく試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました