【30代】一人暮らしの女性にオススメ!簡単にできる資産運用と始め方<前編>

【30代】一人暮らしの女性にオススメ!簡単にできる資産運用と始め方<前編>

仕事に遊びに毎日忙しい30代。

「もう少しお金が欲しいけど、仕事が忙しくて、これ以上稼ぐのは大変だな」
「収入が増えたけど、ただ貯金しているのもなんだかもったいない・・・」
「いずれマンションを購入したいんだけど、うまくお金を増やす方法はないかな?」

そんな風に考えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?
資産運用をして大事なお金を大切に育てたり、上手にお金を増やしたりしてみませんか?

今回は、30代で始める資産運用のススメについてご紹介します。

こんにちは、カーサミアライターのチエです。
都内のメーカーの海外事業部で営業やマーケティングを経験した後、現在はファイナンシャルプランナーの資格を取得してライターの仕事をしています。

私は30代になってから投資を始めたアラフォーです。
同じ30代として一人暮らしの女性の皆さんに、資産運用に興味を持って頂けるように、この記事を書いています。

30代の資産運用は今が始めどき!

まだ間に合う!30代からの資産運用を始めよう|イメージ画像: Pixabay

「資産運用っていったい、いつから始めればいいんだろう?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

30代で資産運用を始めた理由

私が本格的に資産運用を始めたのは30代になってからですが、それ以前にも資産運用との出会いがありました。

社会人なりたての23歳の時、入社した会社で「企業型確定拠出年金制度」に加入することとなったのです。
資産を運用するための金融商品がいくつかあり、その中から好きなものを選ぶように言われました。

リスクを取って積極的に資産を増やす金融商品もあったのですが、私は「損したら怖いし」と元本保証型でリスクのない、普通預金と大差ないような商品をチョイスしたのでした…。

その後、金融市場は2008年のリーマンショックで株価が暴落したものの、2014年頃のアベノミクス相場で株価は大きく値上がりしました。
積極的に資産を増やす金融商品をチョイスしていれば、大きく資産が増えた可能性もあります。

もしタイムワープできるなら、23歳のあの時の自分に「もっと投資についてちゃんと勉強してみて!」と肩を揺さぶりたい気持ちが正直あります。
でもあの頃はキャリアや遊びのことで頭がいっぱいで、資産運用には全然興味がありませんでした。

30歳を過ぎて仕事にも慣れ、将来に向けてのお金のことも考えるようになったころ、投資の面白さに目覚めました。

資産運用を始めるタイミングは人それぞれ

平日は毎日株式市場をチェックし、頻繁に投資信託や株式を売買するようになった今、「資産運用は、やってみたいと思った時が始めどき!」と思います。

若くして始める人もいれば、シニアになってから始める人もいます。
タイミングは人それぞれ。やってみたいと興味を持った時が一番楽しんで資産運用を始められると思います。

お金を投資することで受け取った利益を、そのまま再び投資して、雪だるまのように加速度的に資産を増やすことを、「複利効果」と言います。
投資を長く続けることで雪だるま式にお金が増えるので、早く始めるほどお金が増えていきます。

資産運用が気になり始めたら、さっそく始めてみましょう!

30代は資産運用の選択肢がたくさん!

自分に合った資産運用の方法を見つけよう!|イメージ画像: Pixabay

資産運用にはさまざまな方法があります。
100円から始められる手軽な投資信託もあれば、数十万円の元手が必要な株式投資もあります。

まだ学生だったり、仕事を始めたばかりの20代には、準備資金が少なく資産運用の選択肢も限られてしまうこともあるでしょう。
しかし30代であれば、ある程度の準備資金を用意できる方もいらっしゃるかと思います。

資金力を武器に、さまざまな選択肢の中から自分に合った資産運用を選べるのは、30代で資産運用を始める大きなメリットです。

次回の記事では、資産運用の方法として具体的にどんなものがあるのか、その中で30代の方におすすめな資産運用は何かを詳しくご説明します!

※記事の内容は執筆時点のものになります

お金カテゴリの最新記事