鶏胸肉は食費節約の味方!しっとり食べられるレシピ3選

鶏胸肉は食費節約の味方!しっとり食べられるレシピ3選

お肉類で節約の味方と言えば鶏胸肉。しかし、鶏胸肉ってパサつきやすくて、美味しく食べるのが難しい食材でもありますよね。

今回は、鶏胸肉をしっとり柔らかに食べられるレシピをnobi-nonがご紹介します♪

ほったらかし調理ができる鶏ハムも登場するので、ぜひ参考にしてくださいね。

【食費節約】鶏胸肉の水晶鶏(すいしょうどり)

ツルツル食感が楽しい水晶鶏

材料(作りやすい分量)

鶏胸肉 1枚

塩 小さじ1/2

片栗粉 大さじ2~3

お湯 鍋に一杯

氷水 適量

長ネギ 10cm

★醤油 大さじ1

★酢 大さじ1

★しょうが ひとかけら

★にんにく ひとかけら

★砂糖 大さじ1

★ごま油 小さじ1

作り方(所要時間20分)

①鶏胸肉をそぎ切りにします。皮ははいでもはがなくてもOKです。

②ボウルに塩と片栗粉を加え、混ぜます。ここに①を入れて、鶏肉全体にまぶします。

③鍋にお湯を沸かし、沸騰したら弱火にします。水面から常にゆるやかに湯気が上がるくらいの火加減で。

④お湯に②の鶏肉を入れ、ゆでます。中まで火が通るように、10分ほど加熱してください。

⑤長ネギをみじん切りにし、★の調味料と合わせておきます。

⑥鶏肉に火が通ったら、氷水にさらし、冷めたら水気をきります。

⑦⑥をお皿に盛ったら、⑤をかけてできあがり。

ポイント

つるつるとした食感になる水晶鶏。初めて食べるときはその食感にビックリするはず。

たれを作る時間がない時は、焼き肉のたれやポン酢、ドレッシングをかけても美味しく食べられます。

賞味期限は2~3日。水分が多い分、傷みやすいので気を付けて。

【食費節約】鶏胸肉のピカタ

ナゲットのような食感になるピカタ

材料(作りやすい分量)

鶏胸肉 1枚

塩こしょう 適量

小麦粉 適量

卵 1個

粉チーズ 大さじ1

サラダ油 大さじ1

ケチャップ お好みで

作り方(所要時間15分)

①鶏胸肉をそぎ切りにし、塩こしょうで下味をつけます。皮ははいでもはがなくてもOKです。

②卵を割りほぐし、粉チーズを加えて混ぜます。

③①の鶏肉に小麦粉をまぶし、②にくぐらせます。

④サラダ油をひいたフライパンを中火で熱し、③を焼きます。

⑤お皿に盛ったら、ケチャップを添えていただきます。

ポイント

イタリア生まれのピカタ。卵が鶏肉をコーティングしてくれるおかげで、パサパサせずに食べることができます。

卵が余ってしまったら卵焼きにするとGOOD。鶏肉が一度入っているので、半熟ではなくしっかり焼くようにしてください。

賞味期限は3~4日ほどです。

【食費節約】鶏胸肉でつくる鶏ハム

しっとり食感の鶏ハム。時間はかかるけど作業は簡単

材料(作りやすい分量)

鶏胸肉 1枚

砂糖 適量

塩 適量(ハーブ塩もおすすめ)

作り方(作業時間20分、完成まで1日)

①鶏胸肉は皮をはぎ、観音開きにします。

真ん中に切れ込みをいれる。下まで切ってしまわないように!
厚い部分に切れ込みを入れるように薄くそいでいく
左右開くと左の鶏肉のようになります。(右は元々の鶏肉と同じくらいの大きさの鶏肉。)

②全体にまんべんなく砂糖をまぶし、5~10分ほど置きます。

③鶏胸肉の表面に水分が出てきたら水で洗い流し、キッチンペーパーで水気をふき取ります。

④続いて鶏胸肉全体に塩をまぶし、ラップの上でロール状に巻いていきます。

⑤ロール状になった鶏胸肉をラップでぴったりと包み、両端をゴムで止めます。

鶏胸肉を端からくるくると巻いたあと、ラップでぴったりと包んで

⑤密閉袋に入れて、冷蔵庫で1日おきます。

⑥1日経ったら、炊飯器に熱湯と密閉袋に入ったままの状態の鶏肉を入れ、1時間保温します。

⑦1時間経ったら、上下を返してさらに1時間保温します。

⑧炊飯器から取り出し、粗熱が取れたら、食べやすい大きさにカットして完成です。

ポイント

作るのが難しそうなイメージの鶏ハムですが、炊飯器を使えば簡単にできます。時間はかかりますが、作業自体は簡単なので、お休みの日に挑戦してみてはいかがでしょうか♪

サラダやサンドイッチ、チャーハンに入れて食べてもおいしく食べられますよ♪

火を通してからの賞味期限は3日ほど。

加熱後は冷凍での保存も可能です。冷凍の場合は1cm幅にカットしてから、1枚ずつラップでぴったりと包んで冷凍してくださいね。

パサついて食感が悪くなりがちな鶏胸肉ですが、調理法を工夫することで、パサつきをおさえて美味しく食べることができます。

今度のスーパーの安売りの日には、鶏胸肉を買い込んで、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

鶏胸肉のレシピをもっと読む

下味をつけたら冷凍保存で1ヶ月OK。

安いときに大量に買って、休日に仕込んで、平日は焼いて食べるだけ♪ってこともできますよ。

節約レシピをもっと読む

※記事の内容は執筆時点のものになります

料理カテゴリの最新記事