お部屋探しに役立つ「内見時チェックリスト」プレゼント >

北向きの部屋、アリですか? 暗い?寒い?洗濯物は乾く?【宅建士が回答】

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

質問:北向きの部屋ってアリですか?

良さそうな物件を見つけましたが、北向きのお部屋です。基本的に、家には寝に帰るだけなので大丈夫かと思っていますが、アリですか?

編集部・イイダ
編集部・イイダ

今回は「北向き」の物件に関するご質問です。
「南向き」に比べて、家賃が安いことも多いですよね。なんとなく「南向き」のほうが良さそうなイメージもありますが…どうなのでしょう?

編集部・イイダ
編集部・イイダ

このコーナーでは、カーサミア編集部が、みなさんの疑問・質問に答えていきます~。

実は、カーサミア編集部は全員が宅建士(おうちに関するプロ)です。

お部屋・住まい・不動産に関する一人暮らし女性の疑問に、宅建士としての立場から回答します。

スポンサーリンク

回答:デメリットもあるが、メリットもあるので、理解して選ぶなら「アリ」

北向きのデメリット
× 直射日光が入らない
× 洗濯物が乾きにくい
× 冬は寒い(※物件による差も大きい)
× よそのバルコニーと「お見合い」になるかも?

北向きのメリット
〇 明るさが安定する
〇 家具等が日焼けしない
〇 夏はクーラーの効きがよい
〇 景色がキレイかも?

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

今回は私が回答します。

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

メリット・デメリットは、物件による部分も大きいですが、一般論をお話しますね。

北向きの部屋:日当たりは?

北向きのお部屋といえば、まず思い付くのが「日当たりが悪そう」ということ。

北向きの場合、直射日光が入りません。ですから「暗い」と感じることもあるでしょう。もちろん南向きと比べると、洗濯物も乾きが悪くなります。

しかし「北向きの部屋は南向きの部屋と比べて暗い」と言い切ることはできません。

たとえば、敷地の南側に背の高い建物がある場合。南向きの部屋は、高い建物の影になってしまいます。一方で同じ建物の北向きの部屋なら、影が落ちてこないので安定した明るさになります。これで家賃も安ければ、お得ですよね。

敷地の南側に高い建物がある場合、南向きの部屋は影になってしまいます

また、北向きの場合は直射日光が当たらないので、家具・本・大切なコレクションなどが日焼けしにくいメリットもあります。洗濯物も陰干しになるので、お洋服も色褪せにくいです。ちなみに北向きの窓から入る安定した自然光は、お料理などの写真もキレイに撮れるんですよ。

「日当たり」に関する北向き物件の特徴
× 直射日光が入らない
× 洗濯物が乾きにくい
〇 明るさが安定する、影にならない
〇 家具・洗濯物等が日焼けしない

北向きの部屋:寒い?

こちらも気にする方が多い項目です。ですが、寒いかどうかは、向きよりも物件による差が大きいです。

部屋が寒いかどうかは、建物の性能(窓ガラスやサッシ、壁の断熱材などの性能)によって異なります。窓が大きい物件だったり、古い物件だったりすると、寒いと感じることが増えるでしょう。

しかし新しくて性能のいい物件の場合は、そこまで気にならないと思います。直射日光が入らないぶん、部屋の中の温度が上がらないので、夏場のクーラーの効きがよいというメリットもあります。最近の夏は猛暑・酷暑なので、クーラーの効きがよいのは嬉しいですよね。

「温度」に関する北向き物件の特徴
× 冬は寒い(※物件による差も大きい)
〇 夏はクーラーの効きがよい

北向きの部屋:内見時にはここをチェック

最後に、間取り図だけでは分からない特徴もお話しします。

ひとつめはデメリット。周辺のほかのおうち(建物)のバルコニーとの位置関係によっては、バルコニーが「お見合い」になってしまうことがあります。
日本の住宅は南向きバルコニーが多いため、北向きバルコニーだと、バルコニー同士でお見合い状態になる可能性も高いです。

ふたつめは逆に、メリット。バルコニーの前が公園などであれば、緑が太陽の光に映えて、景色がよりキレイに見えます。この効果を狙って、あえて北向きに建てられている物件もありますよ。

周辺環境」に関する北向き物件の特徴
× ほかの家のバルコニーと「お見合い」になるかも
〇 公園などの景色がキレイに見えるかも

編集部・イイダ
編集部・イイダ

コレクションを飾っておける、写真がキレイに撮れるなど、北向き物件でもおうち時間を楽しめるんですね。

編集部・イイダ
編集部・イイダ

でもバルコニーの先の「お見合い」は嫌ですね…。
うかつにカーテンを開けてたら、部屋の中も見えちゃいますよね💦

編集長・ヨシムラ
編集長・ヨシムラ

周辺との位置関係は間取り図だけだと分からないので、事前に地図アプリで確認し、最後は内見に行って自分の目で見ることが大切ですよ。

お部屋の陽当たりと明るさにはこだわりたい!という方は、こちらの記事もどうぞ。

宅建士「南向きなだけじゃダメ」明るく陽当たりのいい部屋 5つの条件
明るく陽当たりのいいお部屋、いいですよね!基本的には南向きが一番明るいですが、「南向きだけど、暗くて陽当たりの悪いお部屋」も存在します。内見する前でもある程度は調べて見極めることができますよ。今回はカーサミア編集部の宅建士が、「明るく陽当たりのいいお部屋」を選ぶコツをお伝えします。明るく陽当たりのいいお部屋、5つの条件は以下の通りです。【・窓のある方位・立地条件・窓のサイズ・バルコニー、ベランダの奥行き・バルコニー、ベランダの手すりの材質】それぞれ、詳しくご説明しますね。(1)窓のある方位:基本的には、南向きが一番明るいです。明るい方位は、南>東>西>北 の順になります。(2)立地条件:この場合は、窓の前に建物がないか、周囲に高い建物はないか…などです。周辺の建物の様子は、現地を見に行く前でもGoogleマップである程度は調べられますよ。特に南側に高い建物がある場合、陽射しを遮られ、影になってしまいます。(3)窓のサイズ:横幅と縦幅どちらも明るさに直結します。ざっくり言えば、窓が大きければ大きいほど明るいです。(4)バルコニー・ベランダの奥行き:奥行きのある「ワイドバルコニー」は、バルコニー・ベランダが広い、洗濯物が濡れない等のメリットがあります。しかし一方で、陽当たり・明るさの面ではデメリットになります。上の階のバルコニー・ベランダが庇となってしまい、直射日光が部屋の奥まで入ってこなくなるからです。(5)バルコニー・ベランダの手すりの材質:手すりがガラスや格子など、光を通すものであれば、さらに明るくなります。一方、コンクリートは陽射しを遮ってしまうので、その分暗くなりがちです。【内見時の注意点は?】季節によって、太陽の高さは異なります。ですので、内見時には季節による変化も加味して判断しましょう。夏(6月)は太陽の位置が高く、冬(12月)は低くなりますよね。つまり、「6月に内見したときには陽当たりがよかったけれど、冬は周囲のそんなに高くない建物に遮られて、影になってしまう…」「12月に内見したときは明るかったけれど、夏になると上階のベランダが庇になって暗い…」といったことが起こり得ます。こういった季節による変化を完璧に予測することは難しいですが、意識して想像しておくと、より明るくて陽当たりのいいお部屋を選べると思いますよ!

この記事はあなたのお役に立ちましたか?    

カーサミアでは、カーサミアクラブ会員を募集しています。

【会員特典】

(1)「内見時チェックリスト」プレゼント
宅建士女子がリアル目線で作成。一人暮らし女性のお部屋探しに役立つチェックリストです。
(2) 回答者全員にAmazonギフト券300円のアンケート実施中
役立つ記事を作るため、みなさんの「リアルな声」をうかがっています。

会員特典を詳しく知る ≫

あなたの一人暮らしが、もっとのびのび、もっとHAPPYになりますように♪

スポンサーリンク

質問募集中

かさみやちゃん
かさみやちゃん

カーサミア編集部では、おうちに関する疑問・質問を募集しています。

回答は、カーサミア編集部の宅建士(おうちに関するプロ)が行います。

不動産屋さんのお店に行くほどでもないけど気になること、お部屋探し(賃貸)に関することや、マンション購入に関すること、そのほかおうち・不動産に関して聞いてみたいこと、なんでもお送りください。

※回答は、一般論として、カーサミアの記事上でお答えします。なるべく早めに回答しますが、お時間をいただく場合もございます。お急ぎのご相談・個人の事情に応じたご相談は、カーサミア会員の個別相談をご利用ください。

カーサミアの運営元(株式会社トラスト・ファイブ)が不動産会社なので、カーサミア編集部も宅建士なんですよ!

ちなみに私たちカーサミア編集部の自己紹介はこちらです。

私たちは、一人暮らし女性が安心して暮らせるお手伝いをしたいと考えています。そのためのQ&Aなので、会員登録不要にしています。ぜひ、お気軽にご質問くださいね。

タイトルとURLをコピーしました