賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

エアコン以外で涼しくなる方法11選。節電・節約しつつ夏を乗り切ろう

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

毎年続く厳しい暑さ。体を守るためには冷房が必要ですが、電気代や環境を考えるとエアコンを使い続けることに抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。

こんにちは、カーサミアライターのいずみです。暮らしに役立つ情報を発信しています。

今回は、エアコンを使わずに涼しさを感じる方法をご紹介します。上手に取り入れて、暑い夏を賢く乗り切りましょう!

スポンサーリンク

快適空間に!おうちを涼しい場所にする方法

換気をしたり打ち水をしたりすると涼しくなる│イメージ画像:写真AC

まずは家をより涼しい場所にする方法です。すぐに実践できることも多いので、さっそく取り入れてみてください。

カーテンを閉める

日光を遮断することで、室内に熱がこもるのを防げます。遮熱効果があるものだとより効果的ですよ。

陽を避けつつ風を通してくれる「すだれ」もおすすめです。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

カーサミアでも、遮熱効果のあるカーテンをご紹介していますよ。

帰宅後に窓を開ける

閉め切っていた室内は熱がこもっている状態です。帰宅したらまず窓を開け、空気を入れ替えましょう。

対角線上にある2箇所の窓を開けると早く換気できます。窓が1つしかない場合は、換気扇をまわすといいですよ。

湿度を下げる

湿度を下げるだけでも体感温度は変わります。以下の方法で湿度を調節しましょう。

  • 窓を開ける
  • 換気扇を回す
  • 除湿機を使う

打ち水

打ち水には涼しくしたり風を生んだりする効果があります。室内に入る空気の温度を下げる働きもあるんですよ。

集合住宅ならベランダにやってみましょう。気温が上がっていない朝と、下がってきた夕方がおすすめです。

インテリアなどに寒色系を取り入れる

青系の色は、暖色系よりも体感温度を下げる効果があると言われています。

インテリアやファブリックに青色を取り入れると、涼しげな部屋になるでしょう。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

夏らしく涼し気なインテリアもよいですね

100均で作る、涼しげ貝殻インテリア。真似したくなるアイデアを紹介
汗ばむ季節に気になる、涼しげなインテリア。大掛かりな模様替えは難しい方は、貝殻を使った小物や雑貨を飾ってみてはいかがでしょうか?お部屋にプラスするだけで、海辺にいるような爽やかな雰囲気を演出できますよ。この記事では100均の貝殻で作れるインテリアのアイデアをご紹介します。暑い季節に向けて、お部屋を爽やかに仕上げたい人は、ぜひチェックしてくださいね。最初に、100均で人気のある、おしゃれな貝殻をご紹介します。100均のアイテムは毎年入れ替わりますので、お気に入りを選ぶときの参考にしてくださいね。・ダイソー:アレンジしやすいシェルミックス。・セリア:そのまま飾れるシェルバスケット。・キャンドゥ:個性をアピールするウニ殻。それではここからは、100均の貝殻で作れる、インテリアのアイデアをご紹介します。・リース:木製のリースの土台に、好きな貝殻をグルーガンで貼り付けるだけなので、DIY初心者さんにも、おすすめです。・ウォールデコ:貝殻やウニ殻、ヒトデ、流木などを組み合わせた、壁に掛ける飾りです。それぞれの素材がもつ質感の違いを活かすのがポイント。・ガーランド:紐に貝殻やヒトデを吊るせば、あっという間にガーランドが完成します。海をイメージさせる、ブルー系の小物と合わせて。・フォトフレーム:フォトフレームの枠に、グルーガンやボンド・接着剤でくっつけていきます。ゴールドの花のパーツや、小さなパールなど、貝殻以外のものを組み合わせると、メリハリが出ますよ。・ジェルキャンドル:ジェルの透明感と、貝殻の組み合わせが涼しげです。・シェルツリー:紙粘土に貝殻を貼り付ければ、簡単におしゃれなシェルツリーが完成します。最後に、貝殻と相性の良い、おすすめアイテムをご紹介します。・ガラス瓶:透明感のあるガラスと、貝殻は相性ばっちり。麻紐や砂を合わせれば、より夏らしい雰囲気を演出できます。・エアプランツ:貝殻とエアプランツの組み合わせも、おすすめです。・電球:ガラス瓶でも十分おしゃれですが、電球を使用することで、さりげなく個性を演出できます。・空き箱:使う予定はないけれど、何となく取っておいている箱…お気に入りの貝殻を入れるだけで、おしゃれなインテリアアイテムが完成しますよ。・砂:砂の上に貝殻を載せれば、よりナチュラルな雰囲気に。カラーサンドを使ってカラフルにするのも素敵ですね。

風鈴

風鈴を取り入れると自然と風を感じられます。

また風鈴の音にはリラックス効果があることがわかっているので、清涼感がアップするはずです!

スポンサーリンク

エコな清涼感!ひと手間プラスで涼しくなる方法

扇風機やうちわにひと手間加えると涼しさがアップする│イメージ画像:写真AC

エアコン以外にも涼しさを感じられる方法はあります。扇風機やうちわにひと手間加えると、簡単に涼をとれますよ。

扇風機

扇風機はエアコンよりも電気代が安いと言われています。風に当たればすぐに涼しくなるのもメリットです。

さらに濡れタオルを併用すると涼しさがアップ! 濡らしたタオルをかたく絞り、ファンの後ろ側にかけましょう。水分が蒸発して風に冷気が乗るので、より涼しくなりますよ。

また扇風機は、室内の熱気を外に逃がすのにも役立ちます。扇風機の正面が外を向くようにして窓辺に置き、稼働させてみてくださいね。

うちわ・扇子

必要な分だけ風を起こすことができ、電気代がかからないうちわ・扇子も夏の強い味方です。しかしあまりにも暑い日は風もぬるくなってしまい、涼しさを感じにくいことがありますよね。

そんなときは、霧吹きをプラスしてみましょう。霧吹きに水を入れ、体の冷やしたい部分に吹きかけます。そのあとうちわであおぐと、気化熱の影響で涼しさを感じられますよ。

保冷剤や濡れタオルで体を冷やす

首や脇の下、膝の裏などを冷やしてみましょう。太い血管が通っていたり、脈拍が取れるくらい皮膚が薄かったりするところが効果的ですよ。

保冷剤を使うときは、必ずタオルに包んでくださいね。

リネンやコットン、レーヨンの服を着る

汗は体温調節をするために大切なものです。きちんと発汗できるよう、通気性と吸湿性がよい素材の服を着ましょう。

おすすめの素材は以下の3つです。

  • リネン(麻)
  • コットン(綿)
  • レーヨン

エアコン以外にも涼しさを感じられる方法はたくさんあります。上手に取り入れて、節電・節約につなげましょう!

タイトルとURLをコピーしました